二重整形の術後はよく冷やすと腫れを早く引かせやすくなります


二重整形の術後はどんなに腕の良い医師の手であっても、腫れが出てしまうといいます。

そのため、術後は氷や保冷剤でよく冷やしておくことなどが効果的だと言われているのです。

運動やサウナ、熱いお風呂、飲酒も避けた方が良いでしょう。

また、医師の腕によっても腫れの強さには差があるので、美容外科の経歴が長くカウンセリングがしっかり行われる医師を選ぶこともポイントです。

病院側でも腫れが出にくくなるような対策は取られていますが、手術を受ける前にむくみのない状態にするなどご自分でケアしておくこともおすすめです。

術後はよく冷やし安静にすることを心がけましょう

どんなに腕の良い医師の施術を受けたとしても、二重整形の術後には腫れが起きてしまうといいます。

局所麻酔をした手術の当日に最も強く腫れが出るので、その時からしっかり冷やして安静にしましょう。

最低3日間は冷却と安静を心がける必要があり、患部を心臓より高く上げておくこともポイントです。

そのため寝る時は枕をいつもより少し高めにすると心臓より高い位置を保つことができ、腫れ悪化の予防に役立ちます。

他には、運動やサウナ、熱いお湯での長時間の入浴、大量の飲酒なども避けましょう。

これらは血行を促進させるため、術後の腫れがひどくなる恐れがあるからです。

冷やし方は、タオルで巻いた氷や保冷剤をあてることなどがおすすめです。

直接当ててしまうと冷えすぎて凍傷になる可能性がありますから注意しましょう。

また、貼り付けるタイプの冷却材を使用することも、患部に悪影響になってしまうとされています。

医師の腕によって腫れの度合いにも差が出てきます


ご自分でも腫れの防止に役立つことを心がけることができます。

たとえば、手術前には腫れがひどくならないようにむくんでいない状態を保つことや、施術中に緊張して力を入れすぎないことなどがあります。

しかし、こういった方法をご自分できちんと行って手術に臨んだとしても、医師の技術次第で腫れが強く出てしまうこともあるのです。

実際、医師の施術を受けてみなければわからない部分もありますが、事前に口コミを調べたりカウンセリングを受けたりする中で、頼りになる医師かどうか見極めるポイントを知っておきましょう。

腕の良い医師かを見分けるポイント
美容外科歴が3年以上ある

整形の技術を習得するだけでも、特に埋没法では1~2か月はかかると言われています。

そこからさらに、ひとりひとり違った条件での施術をうまく行えるようになったりトラブル対応もきちんとこなせたりするには、3年以上の経歴が欠かせないと言えるでしょう。

カウンセリングを丁寧に行ってくれる

二重整形をどのような仕上がりにするかは個人の希望によって異なるため、細かく希望を聞いていかなければ満足できる目にはなりません。

そのために丁寧なカウンセリングが必要で、その方の願いを十分くみ取って施術できることも医師の腕に大きく関わってきます。

病院では早く腫れが引くよう対処されています

手術後の腫れをできるだけ少なくするための工夫はクリニックでももちろん行われています。

その方法は、局所麻酔薬の中に血管収縮薬を加えたり非常に細い注射針や縫合糸を使ったりすることです。

ただ、これらのケアを行っても、腫れは次第にひいていくのを待つことになるので、医師から指示された期間はしっかりと冷やしておくことをおすすめします。

初めの3日間はもちろんですが、1週間程度はよく冷やしておいた方が、腫れがきれいに引きやすくなるとされています。

根気よく氷や保冷剤で冷やし続けることが大事でしょう。

その後はいくら冷やし続けてもそれほど回復の早さが変わることはなく、時間を待って傷が癒えていくのを待つことになります。

傷がきれいに治るまでは、たとえ冷やす必要がなくなったあとでも、喫煙などのような血流が悪くなることは避けましょう。

傷の治りが良くなるとされているため、可能であれば6か月まで禁煙することがおすすめです。

(まとめ)二重整形の術後に腫れを早く引かせるには?

1.二重整形の術後はよく冷やすと腫れを早く引かせやすくなります

二重整形は腫れが出ると言われており、氷や保冷剤でよく冷やし、運動や熱いお湯での入浴、飲酒は避けておくことが効果的とされています。

また、腫れの強さは医師の腕にも左右されるので、カウンセリングのある経験豊富な所を選ぶこともポイントです。

2.術後はよく冷やし安静にすることを心がけましょう

二重整形の手術を受けた当日は局所麻酔で最も腫れが出るため、その時からよく冷やすことが大切だといいます。

氷や保冷剤にタオルを巻いて、患部を冷やしましょう。

運動・サウナ・熱いお風呂・飲酒は血行を促進し、腫れが悪化する恐れがあるため避けましょう。

3.医師の腕によって腫れの度合いにも差が出てきます

施術前にご自分でケアをしていっても医師の腕で腫れが強く出ることもあります。

ですから、腕の良い医師のいる所で施術を受けることが大切と言えるでしょう。

美容外科歴が3年以上ある・カウンセリングが丁寧かどうかなどをチェックしてみましょう。

4.病院では早く腫れが引くよう対処されています

術後の腫れが軽くなるように、病院側では局所麻酔する時に血管収縮薬を加える・極細の針や糸を使うといった方法がとられています。

医師から受けた指示をしっかり守ることも早く腫れを引かせるには欠かせないため、よく指示を聞いて取り組むことが大切です。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔