周囲にバレたくないという人であっても二重整形をすることは可能です


事前準備を万端にしたり、施術方法を厳選したりするなどして、周囲にバレることなく二重整形をできる可能性はあります。

二重整形をする人の中には、周囲にバレたくないと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし腫れや内出血などが少なからず生じる二重整形の場合、周囲に知られることなく行うには、施術などについて知っておくことをおすすめします。

事前準備や施術のアフターケアなどをして二重整形に備えることが大切です。

腫れや内出血が起こりにくい施術方法を選ぶことが大切です

腫れや内出血を抑えることで周囲にバレにくくしたいと考えるのであれば、埋没法がおすすめです。

埋没法においても、細くて柔軟性のある糸を選んだり、糸をかける際も、1点に集中するような掛け方ではなく、まぶた全体に力が分散するような掛け方をしたりすることでムダな炎症が起こりにくくすることができると言われています。

さらに糸の結び方でも、適切な強さで結ぶことにより腫れや内出血を抑えられる可能性があります。
ただこのように術式で腫れや内出血を抑えるやり方は、各クリニックによって異なることが多いです。

またまぶたに糸を入れると聞いて、結び目や糸の形がまぶたに現れてしまうのではないのか、と不安になってしまう方もいるでしょう。

しかし心配は要りません。
この場合、糸の結び目をまぶたの裏側に持ってきたり、結び目を減らしたりすることでボコボコした状態を作らないようにすることが施術によって可能だと言われています。

このように周囲にバレないよう気をつけるためには、上記のような細部にまでこだわる必要があると言えます。
そのため信頼の置ける医師や医療機関を見つけることが大切でしょう。

二重整形後のダウンタイムを最小限に抑えるケアを行いましょう


二重整形後は適切なケアを施しながら、安静に過ごすことでダウンタイムを最小限に抑えるよう努めましょう。

なぜならどんなに腫れや内出血の起こりにくい施術方法や術式を選んだとしても、これらの症状を完全に無くすことは不可能だと言われているからです。

そのため周囲にバレないようにするためには、少しでも早く腫れや内出血が治まるように施術後は適切なアフターケアを行うことが大切になります。

そこでまずは、施術後に炎症が起こっている患部をしっかりクールダウンさせましょう。
また施術後の腫れや内出血が悪化することなく早く治まるように促すためには、血流を促す行為や行動を控える必要があると言われています。

たとえば運動や飲酒、入浴時に湯船に浸かる、熱い物や辛い物を食べるといったことは術後1週間~2週間程度は控えた方がよいです。
なお身体のむくみは患部の傷口の治りに影響するため、水分や塩分の摂り過ぎないよう心がけましょう。

ただ安静とは言っても、日常レベルの歩行や家事などは問題ありません。
腫れや内出血の回復を見ながら徐々に普段の生活に戻していきましょう。

周囲に知られないための準備を整えておきましょう

二重整形のことを周囲に知られないようにするためには、術後の変化を上手く誤魔化せるような手はずを整えておくことが大切です。

たとえば二重整形の術前から、二重のりやアイテープなどを使用して自分の望むデザインの二重姿を周囲に印象付けておくというのも1つの方法です。

また普段から濃いめのアイメイクをしておくことで、目元の変化に気づきにくくしておくこともよいでしょう。
術前からしっかりと準備を整えておくことで、術後に周囲の反応に怯えることなく普段通りの生活を送ることができると考えられます。

次に術後の対策について考えてみましょう。
術後は雰囲気の変化に気づかれないように誤魔化すことで気づかれにくくできることが考えられます。

たとえばヘアスタイルやヘアカラーを変えたりしていつもと違う自分を演出してもよいでしょう。
もしくはメガネを付けることで雰囲気を変えるという手もあります。

術後は雰囲気の変化を別の理由にすり替えることで、周囲に気づかれないようにするのがおすすめです。
このように工夫によっては、二重整形のことを周囲に気づかれずに済ますことができる可能性があると言えるでしょう。

(まとめ)周囲にバレたくない人でも二重整形できる?

1.周囲にバレたくないという人であっても二重整形をすることは可能です

基本的に、二重整形後に腫れや内出血などの症状がある程度生じることは避けることはできません。

そこで周囲に二重整形のことがバレたくないと考えるのであれば、事前にしっかりとプランを立てて、二重整形に備えることが大切です。

2.腫れや内出血が起こりにくい施術方法を選ぶことが大切です

二重整形を周囲に知られることなく行うには施術方法だけでなく、細かい術式まで厳選する必要があります。

なおこのような術式は各医療機関で異なり、患部の回復は医師の技術もかかっているため、信頼の置ける医療機関や医師を見つけることが大切です。

3.二重整形後のダウンタイムを最小限に抑えるケアを行いましょう

周囲に二重整形のことを知られないようにするためには、術後のダウンタイムを最小限に抑えることも大切です。

たとえば術後は患部を冷やしたり、運動や飲酒を控えたりして安静に過ごすことで、腫れや内出血が悪化したり、長引いたりするのを予防します。

4.周囲に知られないための準備を整えておきましょう

二重整形のことを周囲に知られず済ますには、術前と術後の対策が必要です。

たとえば術前であれば二重のりなどを使って二重の印象をあらかじめ植えつけておくという方法があります。
このように二重整形は工夫することによって周囲に気づかれない可能性があるのです。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔