二重整形は麻酔をかけるときに瞬間的な痛さを感じることがあります


二重整形の痛みが不安という方もいるかもしれませんが、実際には埋没法の二重整形では、施術中から術後にかけてほとんど痛みを感じないといわれています。

切開法の場合、まぶたを切開する施術になりますが、やはり施術中には麻酔をかけるため痛みは感じにくいといえます。

ただ、麻酔をかけるときに痛さを感じる可能性はあると考えておきましょう。

麻酔をかけるため施術中の痛みはほとんどないと考えられます

二重整形を検討されている方のなかには、施術中にどれくらいの痛さを感じるのか、といった点で恐怖心を抱かれている方もいることでしょう。

実際には、二重整形の埋没法、切開法いずれの施術方法においても、施術中に痛みを感じることはほとんどないと考えられます。

歯医者でも歯を削ったり抜歯をしたりする際には麻酔をかけることでしょう。

それと同様に、二重整形を行う時にも、施術中の痛みを和らげるために麻酔をかけることが多いのです。

そのため、二重整形では施術中の痛みを心配する必要はあまりないといえます。

では、麻酔時にはどんな痛さを感じるのでしょうか?
麻酔注射を例にみてみましょう。

施術の前に点眼薬を注入した後、目元の皮膚に麻酔クリームを塗ります。

この工程には麻酔の痛みを抑える効果があり、効き目によっては麻酔の痛みがほぼなかったという声もあるようです。

施術箇所を消毒した後、注射器で局所麻酔を打ちますが、目の付け根と瞼の裏側の二か所に各2回ずつ行うことが多いです。

信頼できるクリニックで施術を行えば、麻酔自体の痛みを過度に心配することもないでしょう。

二重整形のダウンタイムに腫れや内出血を起こす場合があります


施術中に痛みを感じる心配はさほどないことがお分かりいただけたことでしょう。

では、施術後、ダウンタイムと呼ばれる期間に痛みを感じることはあるのでしょうか?

まず、二重整形のなかでも「プチ整形」と呼ばれる埋没法ですが、瞼を切開せずに糸を使用して施術を行うため、ダウンタイムの期間は1週間前後という方も多いといいます。

ただ、腫れやむくみ、内出血が起こる可能性があり、瞼に違和感を抱く方もいるといえます。

しかし、これは痛みとは異なり、時間の経過とともに消えていく症状だといえます。

一方、二重整形の切開法には、部分切開と全切開の施術があります。

一般的には、埋没法よりも部分切開の方が、部分切開よりも全切開の方が施術後の腫れや内出血などを起こしやすいと考えられています。

施術時間に関しても、腫れや内出血の起こしやすさに比例して長くなる傾向にあります。

ダウンタイムの痛みに関しては、医師の腕によりけりと言った部分があるため、きちんとしたクリニックで施術を受けることで不安要素は取り除かれることでしょう。

二重整形の埋没法と切開法にはそれぞれ異なるメリットがあります

二重整形には、大きく分けて埋没法と切開法の二種類があります。

それぞれ施術方法も異なれば、メリットも異なります。

ここでは、二重整形の施術方法によるメリットをそれぞれ紹介します。

手軽にできる埋没法

埋没法は、糸を用いることで瞼を切ることなく二重のラインを形成する施術になります。

手軽にできるうえ、やり直しができることで人気の施術となっており、費用も低価格のものであれば両目1万円前後が相場となっているようです。

痛みや腫れも少なく、施術を行った当日から洗顔や入浴を行うことも可能です。

半永久的な二重を作る切開法

切開法は、瞼の一部、または広い範囲を切開することで二重を形成する施術になります。

埋没法に比べると、幅が広くはっきりとした二重に仕上げることが可能で、元々脂肪の多い一重まぶたの方でも二重にすることができると考えられます。

埋没法のように糸が緩んだり元に戻ったりすることはあまりなく、半永久的に二重のラインを維持できるのが大きなメリットです。

いずれの施術にも共通しているメリットは、「キレイになれること」「自信を持てるようになること」「前向きになれること」が挙げられるでしょう。

(まとめ)二重整形の痛さってどれくらい?

1.二重整形は麻酔をかけるときに瞬間的な痛さを感じることがあります

二重整形の施術中の痛みが不安という方も多いかもしれませんが、実際には麻酔をかけるため痛さを感じることはあまりないといいます。

麻酔をかける際に痛みを感じることがありますが、瞬間的なものだと考えてよいでしょう。

2.麻酔をかけるため施術中の痛みはほとんどないと考えられます

二重整形を行う際、埋没法であれ切開法であれ注射器による麻酔を打つことがほとんどです。

そのため、麻酔をかける際に瞬間的な痛みを感じる可能性はありますが、施術中に痛みを感じる心配はする必要がないといえます。

3.二重整形のダウンタイムに腫れや内出血を起こす場合があります

施術後のダウンタイムでは、腫れや内出血を起こす可能性があります。

埋没法では痛みを感じることはほとんどなく、切開法でもきちんとしたクリニックで施術を受ければ痛みを過度に心配する必要はないでしょう。

4.二重整形の埋没法と切開法にはそれぞれ異なるメリットがあります

埋没法は手軽に行えることややり直しができること、費用が比較的安い等のメリットがあります。

切開法にははっきりとした二重が形成できること、半永久的に二重を維持できることなどのメリットがあります。