二重の整形後、内出血は数週間程度で収まるといわれています


二重整形の施術後の内出血や腫れの症状には、施術の内容や元々の瞼の状態などにより個人差があると考えられます。

一般的には、内出血は早ければ1週間、長くても数週間程度で収まると考えられています。

また、腫れに関しても個人差があり、早ければ数日後に、長くても1か月程度で収まることがほとんどです。

いずれにしても、医師の腕に左右される部分があるため、経験や症例豊富なクリニックで施術を受けるべきでしょう。

二重整形の腫れや内出血の期間は医師の腕に左右されるといえます

二重整形の施術を受けた方の話を聞くと、「術後数日間腫れや内出血を起こした」という方や「1か月以上経つのに腫れや内出血が引かない」という方がいらっしゃいます。

このように、二重整形の施術により起こる腫れや内出血の症状には個人差があり、その期間も断定することができないといえます。

例えば、埋没法で、一点止めではなく、二点止めや三点止めを行った場合、腫れやすくなるといわれています。

また、糸の縛り方がきつすぎても腫れやすくなるといえます。

しかし、通常、腫れや内出血は1か月程度あれば完全に収まるといわれています。

埋没法の施術の場合、早ければ1週間で70%~90%腫れや内出血がなくなることもあるといいます。

それまでは、「片方だけ内出血している」「片方の目だけ腫れている」「瞼に違和感がある」などの症状が現れることがあります。

しかし、1か月以上経過しても症状が治まらなかったり、症状が酷くなってしまったりする場合、アフターケアや別の施術が必要になる可能性があります。

そのため、万が一にも備えて、経験や症例が豊富で信頼できる医師が在籍するクリニックで施術を受けることをおすすめします。

きちんとしたクリニックで施術を受ければ、心配しているような症状がいつまでも続くことはほとんどないと考えられます。

二重整形の内出血はアフターケアにより症状を和らげることが可能です


二重整形は、施術するクリニックや施術内容によって出血の具合や腫れ具合に変化が起こるため、医師の技術が大きく関係してくるといえます。

では、万が一術後に内出血が起こってしまった場合、どのようにケアすればよいのでしょうか?

怪我をしたり捻挫や打撲をしたりした際、患部を冷やすと炎症や腫れが抑えられるといわれています。

しかし、二重整形の施術による内出血は、冷やせば冷やすほど早く収まるわけではないと考えられています。

施術後に施術部位を冷やすことで新たな出血を抑えることが可能ですが、過度に冷やすと逆効果になることがあります。

また、冷やすことは施術直後に効果を示しますが、時間が経つにつれて効果が薄まっていくと考えられます。

術後1週間後くらい経過すると施術部位が紫色に変色するため、それ以降は温めることで内出血の吸収を早めることが可能と言われています。

また、元々瞼が二重用化粧品の乱用で炎症が起こっている場合や、アレルギーにより目を掻く習慣がある場合などは、通常よりも内出血を起こしやすいと考えられます。

術後のケアはもちろん、術前にも瞼を労わるように気を付けておきましょう。

腫れや内出血を隠すための方法はいくつかあります

二重整形後、腫れや内出血が周囲に分かる状態で放置していくと、二重整形を行ったことがバレてしまう恐れがあります。

施術を行う方の大半が「整形を知られたくない」と思うはずです。

そこで、腫れや内出血を隠す方法をいくつか紹介します。

デザイン性の強い眼鏡をかける

これまで裸眼で生活していた人であれば、ただ眼鏡をかけただけでもインパクトを与えることができます。

瞼の腫れや内出血よりも、眼鏡をかけたことに注意を向けることができ、上手く隠すことが可能でしょう。

また、元々眼鏡をかけていた人であれば、デザイン性の強い眼鏡に変えることで同様の効果が期待できます。

縁が太めのものであればより効果的だといえます。

メイクや髪形を工夫する

腫れや内出血で赤みがかった瞼になってしまった場合、寒色系のアイシャドウを使用して色合いを隠すことが可能といえます。

また、髪形を大幅に変えることで周囲の目をそちらに向けることが期待でき、前髪を長めにするなどで全体の印象を変えるのも一つの手です。

施術を受ける数日前からメイクや髪形を変えておくとより自然でしょう。

(まとめ)二重整形の後、どれくらい内出血の状態が続くの?

1.二重の整形後、内出血は数週間程度で収まるといわれています

二重整形後の内出血の症状は早い人で1週間後、長くても数週間後には大体収まるといわれています。

腫れも同様、数日間で引く人もいれば、1か月程度続く方もいらっしゃいます。

症例や医師の腕にもよるといえるでしょう。

2.二重整形の腫れや内出血の期間は医師の腕に左右されるといえます

二重整形の腫れや内出血は、施術内容や個人差がありますが、医師の腕に大きく左右されると考えられています。

通常であれば、腫れや内出血は1か月もあれば完全に収まるといわれています。

信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。

3.二重整形の内出血はアフターケアにより症状を和らげることが可能です

二重整形の施術を受けた後の内出血は、直後に施術部位を冷やすことで抑えることが可能と考えられます。

術後1週間後くらいからは温めることで内出血の吸収を早まる可能性が高いですが、いずれにしても医師の指導のもと行った方がよいです。

4.腫れや内出血を隠すための方法はいくつかあります

腫れや内出血が目立つと、二重整形をしたことが周囲にバレてしまう可能性が高くなります。

眼鏡を活用したりメイクや髪形で印象を変えたりして他の所に意識を向けることで、腫れや内出血を隠すことが期待できます。