妊婦さんは二重整形は受けられないと考えましょう


妊婦さんは基本的に整形手術全般をおすすめできません。

女性の身体は妊娠出産を通じて大きく変化します。

手術で身体に負担をかけることで、赤ちゃんに影響を与える可能性も完全には否定できないでしょう。

授乳期になれば二重整形も受けられるといわれています。

出産直後は身体の回復を一番に考えて、整形手術を受けるのは身体が安定してからにしましょう。

妊婦さんの整形手術は基本的にはできないと考えましょう

妊娠して産休、育休期間に入ると人に会わない期間に入ります。

この期間に美容整形をしておきたいと考える人もいるかもしれません。

もしくは、メイク時間がとれなくなる産後に備えたいという人もいるでしょう。

しかし、妊婦さんは二重整形を受けることができるのでしょうか?

基本的には妊娠中や授乳中の美容整形は断られることがほとんどです。

メスを使うものから埋没法、ヒアルロン酸注入など全ての施術が受けにくいと考えたほうがいいでしょう。

その理由は麻酔や注射などがお腹の赤ちゃんに負荷をかける可能性があるからです。

埋没法の二重整形は、美容整形のなかでも身体への負担が少ない施術ですが、それでも多少の痛みや腫れはあるといえます。

お母さんの身体にストレスがかかることで、お腹の赤ちゃんの負担になる可能性はゼロとは言い切れないでしょう。

妊娠中や出産後はホルモンバランスも変化して、身体も大きく変わる時期です。

そのため傷の治り方や薬への反応も変わることがあるため、手術は避けたほうが無難といえるでしょう。

ただし、妊婦さんで受けられなくても出産後の授乳中なら手術可能なこともあります。

少しだけ待って落ち着いてから手術を検討するようにおすすめします。

授乳中に二重の整形手術を受けられることもあります


身体が敏感になりやすい出産前、出産直後は、整形手術は基本的には避けることをおすすめします。

ただし、身体が落ち着いた授乳期であれば受けられる整形手術もあります。

例えば二重整形は埋没法でも切開法でも、授乳中に受けることが可能といわれています。

手術に際して麻酔の注射や抗生物質、鎮静剤が必要になりますが、体内に残りにくい薬品を使って極力母乳に影響がないようにすることも可能です。

多くのクリニックでは念のために、当日から翌日は授乳を控えるように指導されるでしょう。

普段は母乳だという人はミルクなどを利用してください。

適切な処方を受けるためにもカウンセリングを受けるときは、出産して授乳中であることを伝えてください。

産後の身体の回復は個人差があります。

身体が戻り切っていない状態だと、突然の体調不良が起きる可能性もあります。

また数日、授乳しないことで体調を崩す人もいます。

全くリスクがないわけではないので、リスクを理解したうえで手術するようにしましょう。

産後のむくみは徐々に解消します

出産後は身体の状態が大きく変化するため、戸惑う人も多いでしょう。

特に悩む人が多いのが妊娠中から産後にかけてのむくみです。

むくみがでると、まぶたも厚くなって二重だったまぶたが一重になってしまうこともあります。

そもそもむくみとは血液やリンパの流れが悪くなることで、身体の水分バランスが崩れて起こる症状です。

妊娠中は赤ちゃんが成長するために身体に水分を溜め込みますが、出産すると今度は身体の外に水分を排出するため、水分バランスが急激に変化します。

その変化に対応しようと体が水分を溜め込むことで、むくみになるのです。

産後は睡眠不足や疲れによって代謝が落ちやすく、運動不足にもなりがちです。

身体の変化に加えて、生活の変化の二つの相乗効果で産後にむくんでしまうのです。

産後は減塩を心がけて、散歩など適度な運動を取り入れましょう。

着圧ソックスや足湯などで血流を良くすることも効果的だと言われています。

多くの場合は身体が回復するにつれて、徐々にむくみも解消していくでしょう。

ただし、あまりに症状が重い時やむくみが治らないときには医師の診察を受けましょう。

(まとめ)妊婦でも二重整形の手術を受けられるの?

1.妊婦さんは二重整形は受けられないと考えましょう

基本的に妊婦さんは整形手術を受けられないと考えられます。

妊娠、出産前後は身体もデリケートな状態です。

痛みや腫れを強く感じることもあるため、しばらくは身体の回復につとめましょう。

2.妊婦さんの整形手術は基本的にはできないと考えましょう

妊娠中の整形手術は避けたほうが無難と考えましょう。

麻酔や注射を受けることでお母さんの身体の負担になり、赤ちゃんに影響を与えないとは言い切れません。

産後の授乳期に受けられる整形手術もあるため、医師に相談しましょう。

3.授乳中に二重の整形手術を受けられることもあります

妊娠中は無理でも、産後身体が落ち着いた授乳期は整形を受けられることがあります。

授乳中は、母乳に影響がでにくい麻酔薬や鎮静剤、抗生物質を使います。

カウンセリング時には授乳中であることを必ず伝えてください。

4.産後のむくみは徐々に解消します

産後はむくみが原因で二重だったのに一重になることがあります。

身体が大きく変化することと、寝不足や運動不足がむくみの原因です。

身体の回復に合わせて徐々に解消すると考えられますが、症状が多い時には医師に相談しましょう。