埋没法は拘束時間が短く、腫れにくい二重整形術であると言われています


埋没法は手術時間も短く、基本的には抜糸がいらないため手軽に受けることができます。

メスを入れず腫れも少ないので、仕事を長期間休めないという人にも向いているでしょう。

また、切開法などのようなほかの施術に比べて、費用が安いというメリットもあります。

埋没法はまぶたの厚さや目の形は変えられませんが、きれいな二重にすることで見た目の印象を明るくする効果が期待できるでしょう。

埋没法は比較的腫れやダウンタイムが少ない二重整形です

キレイな二重まぶたは欲しいけど、顔にメスを入れるのは怖いと感じる人も多いでしょう。

そんな人に高い人気を誇るのが、埋没法と呼ばれる整形術です。

埋没法はメスを使わない二重整形で、まぶたを糸で留めることによって二重を作ります。

痛みが苦手という人も、手軽に行うことのできる埋没法が向いていると言えるでしょう。

また、使われる糸や麻酔針が細く、結び目も小さいため、腫れが少なくすむという点も埋没法の特徴です。

抜糸が要らないので切る方法と比較して通院が少なくすむのもメリットと言えます。

埋没法は入院などの必要もなく、早い段階でメイクもできるようになるため忙しい学生や社会人にも適しています。

特に周囲に整形がわからないようにしたいという人にとって、比較的ダウンタイムが少なくて腫れにくい埋没法は強い味方になるでしょう。

さらに、埋没法は糸で留めるだけなので、作った二重が気に入らないという場合は、元に戻すということも可能になります。

比較的リーズナブルなことも多く、お試しで二重にしたいという人も埋没法なら安心して施術を受けられるでしょう。

手術が不安で整形に踏み切れないという人も埋没法を検討してみてください。

埋没法には向き不向きもあります


埋没法は時間もかからず痛みも比較的少ない、手軽に受けられる二重整形です。

しかし、向き不向きがないわけではありません。

埋没法が向いているのはまぶたの皮膚があまり余っていなくて、厚みがあまり無い人です。

皮膚の余りが多い場合、糸で持ち上げた部分以外の皮膚が垂れ下がってしまい、二重のキレイなラインが作りにくくなってしまいます。

また、まぶたに脂肪や筋肉の厚みがあると糸が支えきれずに外れやすくなるでしょう。

目をこする癖がある人も、刺激で糸が取れやすくなるため注意が必要です。

加えて、埋没法は目そのものを大きくすることはできません。

例えば平行二重などを希望する場合、埋没法では目の形は変わりません。

末広がり二重を平行にすることは難しいため、目頭切開が必要になることもあります。

まぶたを薄くスッキリさせたい、目の形を変えたいという人は切開法が向いているでしょう。

埋没法と切開法それぞれに向き不向きがあり、仕上がりも違います。

予算や目指す二重の形などカウンセリングでよく相談してから決めると良いでしょう。

埋没法は抜糸もなく、拘束時間を短くしやすい施術です

埋没法を使った二重整形は日帰りで施術が完了し、帰るときにはメイクすることも可能と言われています。

手術時間も15分程度と短時間なので、忙しい人にも向いた施術と言えるでしょう。

しかし、一体どのような手順で施術をするのでしょうか?
以下にまとめました。

  1. カウンセリング
    希望の目元を目指すためには、まずカウンセリングが大切です。
    スティック等で二重を作りながら担当の医師とラインをきめます。
  2. 麻酔
    消毒してから局所麻酔をします。
    クリームや目薬タイプの麻酔を事前に使用することで痛みも少なくすみます。
  3. 糸で二重をつくる
    糸をまぶたに通してから結びます。
    この時も痛みは感じません。
    最後に糸を切ってから結び目をしまって、施術完了です。

切開法の場合は、施術から1週間ほど経過した後に抜糸をする必要があるのですが、埋没法であれば、抜糸の必要もありません。

短時間で終わり、通院も少なくすむので休暇を取りにくいという人でも埋没法であれば手術可能かもしれません。

お試しで二重にしたいという人や費用の捻出が難しいという人も埋没法を検討してみましょう。

(まとめ)二重整形で埋没法を選ぶメリットとは?

1.埋没法は拘束時間が短く、腫れにくい二重整形術であると言われています

埋没法はメスを使わずに糸で留める二重形成術です。

まぶたの厚い人など向いていない人もいますが、手術は短時間で比較的安価と言われているため気軽に手術できます。

手術後元に戻すことも考えたいという人も埋没法を検討してみましょう。

2.埋没法は比較的腫れやダウンタイムが少ない二重整形です

埋没法は、メスで切るのではなく糸で留めて二重を作る方法です。

痛みや腫れが比較的少なく、手術が怖くて整形に踏み切れないという人にもおすすめです。

手軽な施術ですから、お試しで二重にしたいという場合にも埋没法はうってつけでしょう。

3.埋没法には向き不向きもあります

埋没法に向いているのは、まぶたが薄くて、皮膚があまり余っていない人です。

まぶたが厚いと埋没法ではキレイなラインが作れず、糸がすぐに取れてしまうこともあります。

予算や理想の目元などをしっかり考えて、自分に合った方法を選択しましょう。

4.埋没法は抜糸もなく、拘束時間を短くしやすい施術です

埋没法での二重整形はカウンセリングに始まって、麻酔、二重形成と進行します。

切開法の場合は1週間程度で抜糸が必要ですが、それもありません。

時間がとれない人でも簡単に二重を作ることができるため、おすすめです。