二重整形で自然に見える二重の幅は人によって異なります


二重の幅は、一人ひとりの顔全体のバランスやまぶたの厚さなどに合っている状態が自然に見える形といえます。

幅が狭い二重は自然な雰囲気で目が大きく見え、幅の広い二重は華やかな雰囲気を出せる形です。

幅が狭い二重と幅が広い二重のどちらにするかは、自分に合う形や希望する形から選びましょう。

それぞれ適した施術方法で形成することが期待できます。

自然な二重を整形する二重整形には埋没法と切開法の2種類の方法があります

二重になりたいときや二重の幅を広げたいというときに、美しい二重のラインを形成することができる施術が二重整形です。

二重整形には埋没法と切開法の二つの種類があり、埋没法はまぶたを糸で固定することで二重のラインを形成する方法、切開法はまぶたのラインを切開し安定した二重ラインを形成する方法になります。

埋没法は末広型の二重など、あまり幅の広くない二重ラインの形成に向いている施術といえます。

施術後の治りが早く、費用もリーズナブルなため、手軽に受けることができる施術です。

切開法の場合はまぶたを切ってから厚い脂肪を取り除くこともできる施術です。

幅の広い二重まぶたの形成に向いており、二重の形が戻りづらいというメリットがあります。

基本的には二重の幅が大きい方が目が大きくみえるのですが、目を大きく見せるためにただ二重の幅を広くすればいいというわけでもありません。

二重の幅が広すぎると眠そうな表情に見える場合もあり、厚ぼったいまぶたでは二重整形によって不自然な目元になる可能性もあります。

自然に見える二重を形成するためには、顔全体のバランスも考えて自分に合った二重の幅にすることが重要です。

二重整形でできる二重は幅や形にいくつかの種類があります


二重の形には末広型、幅の狭い平行型、幅の広い平行型などの種類があります。

末広型は目頭から目尻にかけて二重の幅が広がっている形で、一般的に日本人の顔に似合うといわれる、自然に見える二重の形です。

幅の狭い平行型は二重幅が狭くても目が大きく見える形になり、クールな大人っぽい印象になれる二重の形といえます。

あまり二重の幅を広げずに二重を形成したいという場合には、埋没法で希望する末広型や幅の狭い平行型のラインを形成することで自然な二重の目元への改善が期待できます。

また、埋没法で幅広いラインの二重を形成すると二重のラインが元に戻ってしまいやすいため、埋没法での施術を考えている場合には幅の狭い二重の形が向いているといえます。

幅の広い平行型は、幅の狭い平行型とはまた印象が変わり、ハーフのような華やかさのある大きな目にみえます。

アイメイクがよく映える目元でもあり、はっきりとしたメイクを楽しみたい人に向いている二重の形といえます。

幅の広い平行型は、まぶたの余分な脂肪を除去できる切開法で、華やかなラインを自然に形成するための施術が受けられます。

術後に二重の幅が安定するまでは幅が広く見えることがあります

二重整形の施術後には大きな腫れが出るダウンタイムと呼ばれる期間があります。

糸で留めるだけの埋没法の場合は切開法よりも腫れが少なく、ダウンタイムも数日から1週間程度と短くなっています。

はっきりとした二重のラインを形成するための切開法には部分切開法と全切開法があり、全切開法の方がダウンタイムは長く、1週間以上の期間大きな腫れが続くといわれています。

施術後のダウンタイムが終わってからも、多少のむくみは残ります。

腫れが完全に引くまで、個人差はありますが埋没法で約1ヶ月、切開法では約3月から6ヶ月の時間がかかるのが一般的で、むくみが無くなってからの二重の幅が完成後の二重の幅となります。

施術後からしばらくの間は、希望していた二重の幅よりも大きな幅になっているので不安になりがちですが、完全にむくみが引くまでは気にしすぎないほうがいいでしょう。

ダウンタイムの間に熱いお風呂に入る、アルコールを摂取する、激しい運動をするなど腫れがひどくなる原因を避けることで腫れやむくみを減らすこともできます。

(まとめ)二重整形で自然に見える二重の幅は?

1.二重整形で自然に見える二重の幅は人によって異なります

二重の幅は、一人ひとりの顔全体のバランスに合っている形が自然に見えるといえます。

また、二重の幅や形に適した施術で二重を形成することによって、自然で美しい二重のライン形成が期待できます。

2.自然な二重を整形する二重整形には埋没法と切開法の2種類の方法があります

二重整形にはまぶたを糸で留めて二重のラインを形成する埋没法と、まぶたを切開して長持ちする二重を形成する切開法があります。

自分に似合う二重の幅を形成できるような施術を選ぶことによって、自然な二重への改善が期待できます。

3.二重整形でできる二重は幅や形にいくつかの種類があります

二重の形には、二重の幅があまり広くない形でも目が大きく見える末広型や幅の狭い平行型、華やかなハーフ顔に見える幅の広い平行型などがあります。

あまり幅を広くしない場合には埋没法、幅の広い二重形成には切開法が適しているといえます。

4.術後に二重の幅が安定するまでは幅が広く見えることがあります

二重整形の施術後にはしばらくの間大きな腫れが出るダウンタイムがあり、ダウンタイムが終わってからもむくみが残る期間もあります。

埋没法よりも切開法の方が腫れやむくみの期間が長いですが、しばらく安静に過ごすことで回復を早めるようにできます。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔