二重整形で無痛というのは難しいですが、対処法はあります


二重整形の方法には、埋没法と切開法がありますが、どちらも外科的な手術を行います。

そのため、手術前には麻酔をしますし、皮膚を切開したり皮膚の内側に糸を埋め込んだりするので、術後に炎症が起こるのは避けられません。

方法によっては麻酔や術後の炎症で痛みは伴うでしょう。

しかし、麻酔テープを貼ることで注射による痛みを緩和したり、術後の痛みを、手術した部位を冷やす、生活スタイルに気を付けるなどで対処したりすることも可能だと言われています。

二重整形で痛みを感じるのは術前の麻酔と術後の腫れや炎症によるものです

美容外科でまぶたを二重にするには、整形手術を行います。

具体的な方法は後にお話しするとして、多くの方が心配されるのは、痛みに関することではないでしょうか。

二重整形で痛みを感じるのは、術前処置の麻酔の時と、術後に起こる腫れや炎症の時です。

ここでは、術前の麻酔の際の痛みについて、お話します。

麻酔の方法には、二つあります。

一つは、手術をする部位に注射で麻酔をする局所麻酔、もう一つは点滴や笑気ガスを吸入することによる全身麻酔です。

後者の全身麻酔の場合では、点滴の場合は針を刺す腕などに痛みを感じることはありますが、手術中には全く痛みを感じることはありません。

笑気ガスの吸入では、麻酔をする場合にも痛みを感じることはありません。

では、局所麻酔の場合はどうでしょうか?
手術をするまぶたに注射をするのですから、多少の痛みは伴います。

ですが近年、注射針も進化していて、刺しても痛みを感じない程細い針もあります。

また、針を刺す前に皮膚に麻酔テープを貼って表面麻酔を行い、針を刺す時の痛みを緩和する方法もあります。

麻酔薬はやや硬めのため、麻酔を注入する際に違和感を覚えることはあるようですが、強い痛みを感じることは少ないでしょう。

術後の痛みは生活スタイルに気を付けると多少緩和することができます


まぶたという非常に狭い範囲に対して整形をする場合であっても、外科手術であることに変わりありません。

そのため、術後に多少の腫れやむくみ、痛みがでることは避けられないでしょう。

しかし、医師は痛みなどがでることはもちろん承知しているため、術後に痛み止めを処方します。

これによって、痛みは多少緩和することができるのです。

その他にも、普段の生活もちょっとだけ気を付けると、痛みを和らげることができます。

まず、手術した部位は腫れて熱をもつことが痛みの原因になることがほとんどのため、手術した部位を冷やすようにすると良いでしょう。

また、手術したまぶたに血液が流れやすいような姿勢、あるいは生活スタイルをしていると、痛みは強くなります。

たとえば、心臓よりも頭を低くして寝る、サウナや長風呂など血液の循環を促進したり、血圧を上げるような動作をしたりすると、痛みは強くなります。

ですから、寝るときは頭を心臓よりもやや高くして寝る、浴槽に長く浸かったりサウナに入ったり、あるいは激しい運動をすることも避けるようにしましょう。

どちらの場合も、まぶたに血液が多く流れることを避けることで、痛みを和らげる方法です。

手術の方法にもよりますが、短くて1週間程度、長くても2週程度で痛みは治まるとされています。

二重整形には大きく分けて二つの方法があります

まぶたを二重にする整形手術には、大きく分けて二つの方法があります。

一つは埋没法、もう一つは切開法です。

切開法とは、二重のラインにあたる皮膚を持ち上げる部分にメスを入れて皮膚を開き、まつ毛側の皮膚をまぶたの筋肉と糸で結ぶという方法です。

こうすることで、まぶたの筋肉が収縮してまぶたを持ち上げた際、糸で結バレた皮膚が持ち上げられることで二重にするという方法です。

この方法には、まぶたを3cm程度切開する全切開法と、1㎝程度切開する部分切開法とがあります。

もう一つの埋没法とは、皮膚表面の切開は行いませんが、切開法同様、二重にするために持ち上げたい皮膚部分を、まぶたの筋肉と糸で結び、目を開けるときに皮膚を持ち上げて二重にするという方法です。

切開法と比べて施術が小さく、その分かかる費用が安く済むという利点があります。

痛みにつながる術後の腫れで比べると、埋没法では術後1週間弱続くのに対して、全切開法では2週間程度、部分切開法では1週間ほどです。

術後の腫れや痛みが続く期間、あるいは二重の耐久性について医師に十分に相談してから、二重整形を受けることが大切です。

(まとめ)無痛で二重に整形することってできるの?

1.二重整形で無痛というのは難しいですが、対処法はあります

二重整形での痛みは、麻酔と術後の術後の炎症によって起こります。

ですが、まぶたに麻酔薬を注射するときの工夫や、術後の生活スタイルに気を付けると、痛みを少なくすることができると言われています。

2.二重整形で痛みを感じるのは術前の麻酔と術後の腫れや炎症によるものです

二重整形は外科手術にて行うため、局所麻酔の場合は針を刺す際にわずかに痛みを感じます。

近年では非常に細い針が開発されたり、皮膚表面に麻酔テープを貼って麻酔してから注射をしたりなど、痛みを感じにくくする方法もあります。

3.術後の痛みは生活スタイルに気を付けると多少緩和することができます

二重整形でも、術後の痛みは避けられません。

ですが、まぶたに多くの血液が流れないよう普段の生活に気を付けることで、痛みは多少緩和できます。

たとえば、患部を冷やしたり、激しい運動や長風呂・サウナなどを避けたりすることは効果的です。

4.二重整形には大きく分けて二つの方法があります

二重整形の方法には、埋没法と切開法があります。

切開法は強い耐久性や二重長く持続できるというメリットがあり、埋没法には費用の安さや術後の腫れが続く期間が短いというメリットがあるのです。