まぶたを引き締めて二重になるにはまぶたのたるみを取ることが大切です


まぶたを引き締めてくっきりとした二重まぶたになるためには、たるみの原因を取り除く必要があります。

まぶたが腫れぼったく見えてしまうのは、まぶたについてしまった脂肪が原因です。

二重まぶたになるためのコスメも数多く販売されていますが、コスメで脂肪が減ることはなく根本的な解決にはなりません。

逆にコスメの使い過ぎによる皮膚トラブルが起きてしまうこともあります。

まぶたを引き締めてきれいな二重を作るには、専門の医師やクリニックに施術をお願いするのが安心で確実です。

まぶたの脂肪を除去することでまぶたが引き締まります

まぶたを腫れぼったく見せてしまう原因は、まぶたについてしまった2種類の脂肪です。

眼窩脂肪(がんかしぼう)とROOF(ルーフ)と呼ばれるものですが、皮膚に近い層にあるのがROOFであり、眼窩脂肪は眼球をガードするような形で奥に存在しています。

これらの脂肪はコスメなどによる表面的なケアでは減らすことが難しく、確実に取り除きたいのであれば脂肪を除去する手術をするより他ありません。

徹底的にダイエットをすることでまぶたの脂肪が燃焼することもありますが、時間がかかる上にどのように効果が出るのかはっきりとしません。

美容クリニックではこうした落としにくいまぶたの脂肪を安全に除去する施術を行っています。

まぶたの脂肪は吸引することができないため、皮膚を切開して余分な脂肪を取り除きます。

眼輪筋(目の上下の筋肉)や瞼板(筋肉の力を伝える膜)、眼窩隔膜(眼窩脂肪を包んでいる膜)などの処理を行い、切開したラインにくっきりとした二重を作ります。

このような施術を行うことで引き締まった二重まぶたになることができ、腫れぼったく見えるというまぶたの悩みを解消することができます。

傷跡は目立たず、周りの人に気づかれる心配もありません。

まぶたを引き締める治療についてクリニックに相談しましょう


すっきりとした二重まぶたにしたいと考えていても、まぶたを引き締めるための施術を受けるべきなのかどうか、悩んでしまう方は少なくありません。

クリニックでは個別に患者さんの相談に乗っており、最も適した治療を提案しています。

次に挙げるような悩みを抱えているのであれば、一度クリニックに相談をしてみましょう。

  • くっきりとした力強い目元になりたい
  • ぱっちりとした二重まぶたになりたい
  • 目を大きく見せたい
  • 切れ長の目元になりたい
  • 腫れぼったいまぶたをすっきりさせたい
  • 二重がたるんできてしまったので引き締めたい

脂肪を取ってまぶたを引き締めるにはメスによる手術をすることになるので、その点で躊躇してしまう方もいるでしょう。

当日は緊張するかもしれませんが、麻酔で眠っている間に施術が完了するので、痛みや恐怖を感じたとしてもほんの一瞬です。

施術直後は腫れや赤みなどが出る場合もありますが、いずれも長く続くものではありません。

ダウンタイムが終われば理想のまぶたになり、日々のメイクがますます楽しいものになるでしょう。

自宅でまぶたのむくみを解消する方法があります

マッサージなどの自己ケアではまぶたの脂肪を取ることはできませんが、むくみを取ることは可能です。

朝は特にまぶたがむくんで腫れているように見えたり、眠たそうに見えてしまったりしがちです。

自宅でできる簡単なケアを実践することでむくみを解消し、すっきりとした目元をキープしましょう。

  • 約40℃のシャワーを5秒ほど当てた後、5秒離すことを毎日10回繰り返す
  • 眉毛の下にある骨が窪んでいるところを約1分間押し続け、血行を改善する
  • 目頭から目尻にかけて指を使い、なぞるようにマッサージをする

これらのケアを毎日続けることで、まぶたをむくみにくくすると言われています。

注意点としては体内の水分を移動させているだけに過ぎないので、脂肪を燃焼させる効果は期待できないことです。

本格的なまぶたの脂肪除去と引き締めを考えているのであれば、専門のクリニックのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

(まとめ)まぶたを引き締めて二重になるにはどうすれば良いの?

1.まぶたを引き締めて二重になるにはまぶたのたるみを取ることが大切です

まぶたを引き締めて二重まぶたを作るには、まぶたの脂肪を除去することが必要です。

市販されている二重まぶたになるためのコスメでは脂肪を減らせず、根本的な解決策とは言えません。

美容クリニックで脂肪を除去し、まぶたを引き締める施術を受けられます。

2.まぶたの脂肪を除去することでまぶたが引き締まります

まぶたの脂肪である眼窩脂肪とROOFは吸引による除去ができないため、皮膚を切開して余分な脂肪を切除します。

この方法で治療をすると確実に不要な脂肪を除去できるので、まぶたの引き締めについて悩む患者さんの多くが施術を受けています。

3.まぶたを引き締める治療についてクリニックに相談しましょう

「まぶたを引き締めたい」「二重になりたい」と思っていても、さまざまな理由から施術を受けることを躊躇してしまうことがあります。

クリニックでは患者さんとのカウンセリングを大切にし、希望に添った施術を行っていますので、是非一度相談してみましょう。

4.自宅でまぶたのむくみを解消する方法があります

自宅でのケアを習慣化することで、まぶたをむくみにくくすることができます。

むくみ予防のケアなので脂肪を削ることはできませんが、寝起きのまぶたをすっきりさせる効果は期待できます。

脂肪除去によるまぶたの引き締めはクリニックに相談してみましょう。


運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔