初めての二重整形が40代でもまったく問題ないです


40代だからといって、二重整形を受けてはいけないということはありません。

30代まではあまり気にならなかったけれど、40代になった途端にまぶたの下がり具合が気になり始めたという方は少なくないです。

そして、理想の目元になりたいという気持ちに年齢の垣根は存在しません。

過去に二重整形を受けたことがあってもなくても、受けたいと思ったときが二重整形を受けるべきタイミングだと言えるでしょう。

40代になると眼瞼下垂で悩む人が増え始めます

40代になると急にまぶたが下がってきた、二重がなくなってきたと感じることがあります。

この下がり具合があまりに極端な場合、それは単なるまぶたのたるみではなく、眼瞼下垂という症状である可能性が高いです。

まぶたを支える挙筋腱膜が弱くなると起こりやすく、高齢になるにつれ発症する確率が上がりますが、40代でも症状が出る場合があります。

下記のような症状がある場合、眼瞼下垂である可能性があると言われています。

  • 上の方を見ると目が疲れることがある
  • まぶたのたるみが増えて、まぶたの形が変わってきた
  • 眉の価値や位置が以前と違うと感じる
  • 頭痛や肩こりなどを感じることが増えた
  • 額のシワが増えた

また日頃から次のようなクセや習慣がある場合、眼瞼下垂になるリスクがあると言われています。

  • 花粉症などのアレルギー持ちで、目をこするクセがある
  • ハードタイプのコンタクトレンズを長年使っている
  • 目を大きく開ける時に額に力が入る

どれか一つでも該当すると、眼瞼下垂の可能性があります。

まぶたの力が弱まってきた、まぶたのたるみが強くなってきたと感じたら、眼瞼下垂を疑ってみるべきでしょう。

眼瞼下垂は二重整形で解決できます


加齢によって発症する眼瞼下垂ですが単なるまぶたのたるみとは異なるため、自己流でのケアでは回復することが非常に難しいです。

眼瞼下垂の治療は美容クリニックで適切な治療を受けることができます。

眼瞼下垂には先天的なものもあれば、後天的なものあり、患者さんによって症状はさまざまです。

クリニックでは患者さんの症状と希望に合わせた施術を提案し、ほとんどの場合で切開法による治療を行っています。

まぶたを切る治療と聞くとハードルが高いと感じるかもしれませんが、余分な皮膚や脂肪を取り去ることですっきりとした印象の二重まぶたに生まれ変わります。

眼瞼下垂の治療は見た目などの美容的な理由だけでなく、健康面においても治療をすべき理由があります。

眼瞼下垂をそのままにしておくと、頭痛、肩こり、不眠などを引き起こす可能性が指摘されているからです。

眼瞼下垂を予防する方法があります

眼瞼下垂になってしまうと自力で治すことは難しいですが、簡単な方法で予防することはできます。

40代は加齢によるさまざまな症状が気になる年代ですが、眼瞼下垂の対策についてもぜひ考えていきましょう。

先天的な眼瞼下垂はクリニックでの治療をすぐに受けるべきですが、後天的な眼瞼下垂は次のような方法で予防することができます。

絶対に目をこすらない

いかなる理由があっても絶対に目をこすってはいけません。

花粉症などのアレルギー症状は辛いものですが、目がかゆい時はアレルギー症状を抑える薬などで治療をしましょう。

ハードタイプのコンタクトレンズの使用をやめる

できればメガネを使用するのが望ましいですが、メガネの使用に抵抗がある場合はコンタクトレンズをハードレンズからソフトレンズに変更しましょう。

わずかではありますが、症状が改善する可能性があります。

目の筋トレをする

目の筋力を鍛えることで、まぶたを持ち上げる力をアップする効果と、二重まぶたを保つ効果が期待できます。

まぶたの筋力アップの方法は次の手順になります。

  1. 眉毛を動かないように指でしっかり押さえてから、一度目を閉じる
  2. 両目を大きく見開いた状態を5秒間キープする
  3. 目を閉じて、心と身体をリラックスさせる

これを1セットとし、1日に何度か繰り返し行ってみましょう。

(まとめ)40代で初めて二重整形をしても問題ないの?

1.初めての二重整形が40代でもまったく問題ないです

初めての二重整形が40代を過ぎた頃でも、まったく問題はありません。

40代はまぶたの下がりを気にされる方も多く、むしろ二重整形に対する40代の方の需要は高まっていると言えます。

2.40代になると眼瞼下垂で悩む人が増え始めます

眼瞼下垂は高齢者に多く見られる症状ですが、40代でも発症することがあります。

主な症状として、まぶたのたるみが強くなる、眉の形や位置が変わるなどがあり、目をこするクセがある、ハードコンタクトレンズの長期使用などで発症リスクが高まります。

3.眼瞼下垂は二重整形で解決できます

眼瞼下垂は単なるまぶたのたるみとは違うため、自分でケアをしても回復しづらいです。

確実な治療をするのであれば、美容クリニックで専門的な治療を受けましょう。

見た目の印象もすっきりとし、頭痛や肩こりを起こすリスクを軽減することができます。

4.眼瞼下垂を予防する方法があります

眼瞼下垂によるまぶたのたるみは簡単なトレーニングを行うことで、予防することができます。

40代は美容や健康についてあらゆる対策を考え始める年齢です。

眼瞼下垂についても知識を深め、予防を心がけていきましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔