二重整形のプチ切開は全切開ではダウンタイムが長すぎるという人におすすめです


二重整形のプチ切開はミニ切開とも呼ばれ、皮膚を切る範囲が狭いため全切開と比べてダウンタイムが短くなります。

ダウンタイムが短くて済むので仕事などが忙しく、時間の調整が難しい患者さんに向いている施術であると言えます。

二重まぶたのラインを作るだけでなく、まぶたの余分な脂肪を取り除くこともできるので、すっきりとしたまぶたを作り上げることができます。

短時間で目元の印象を変えられる手軽さに人気が集まり、プチ切開を希望する女性は増え続けています。

二重整形のプチ切開はダウンタイムが短くて済みます

プチ切開では全切開のように皮膚を大きく切開しないため、まぶたの腫れが治まる時間が短くなります。

全切開のダウンタイムが1~2週間であるのに対し、プチ切開では1週間程度で済むことが多く、およそ半分の時間でダウンタイムが終了します。

腫れや内出血の出方には個人差がありますが軽度で済むことが多く、全切開のように長い時間を要することはほとんどありません。

目立った腫れは1週間ほどで落ち着き、残りの腫れも日が経つにつれて徐々に引いていきます。

内出血は腫れよりも個人差が出やすいですが、濃い色の内出血も1週間ほどで良くなり、メイクでカバーできるくらいまで回復します。

内出血は重力の影響を受けやすいため、日によって場所が移動したり左右の目で差が出てきたりすることがあります。

いずれにしても1週間のうちには目立った症状は消えていきますが、心配な点はクリニックに確認をしてみましょう。

人によってはプチ切開よりも全切開のほうが向いている場合もあります


プチ切開はまぶたのわずかな部分を切開する施術なので、ダウンタイムが短いというメリットがありますが、人によっては全切開での施術のほうが向いている場合があります。

一般的にプチ切開よりも全切開のほうが向いているとされるのは、まぶたの脂肪がかなり厚く、腫れぼったく見えてしまうタイプの方です。

まぶたの皮膚のたるみが気になる人や眼瞼下垂の人の場合、プチ切開ではなく全切開を受けることがあります。

まぶたの状態は人それぞれです。

一重の方もいれば奥二重の方もいますし、まぶたの皮膚や脂肪が厚い人もいれば薄い人もいます。

このように個人差が大きいため、まぶたのタイプによってはプチ切開より全切開のほうが適していると判断されることがあります。

とはいえ、自分のまぶたのタイプに関わらず、全切開よりプチ切開を選びたいという場合もあるでしょう。

二重整形の専門クリニックではどのような相談も受け付けており、患者さんの希望に添った二重整形を行うよう務めています。

信頼できるクリニックを選び、自分に合った施術を受けましょう。

プチ切開は傷跡が目立ちづらく二重整形をしたことが周囲に知られにくいです

プチ切開は全切開に比べて二重の効果が持続しないとも言われていますが、それでもプチ切開を希望する人が多いのには理由があります。

その理由として、プチ切開はまぶたを少しだけ切るという方法なので傷跡が目立ちにくく、二重整形を受けたことを周囲に悟られにくいことが挙げられます。

全切開は二重のラインに沿って大きく切開するので二重が半永久的に持続するとも言われていますが、その分ダウンタイムが長くかかります。

腫れや内出血が治まるのに時間がかかるだけでなく、傷跡が目立つので周囲に二重整形をしたことを気づかれてしまうリスクが生じます。

二重整形を受ける際に大切なことは、自分に合った施術を選択するということです。

どんな施術でも腫れや内出血は起こりますし、程度の差こそあれ皮膚を切る以上、施術直後は多少傷跡も残ります。

ダウンタイムのことや周囲に気づかれるかもしれない可能性も含め、自分がどんな二重整形を受けたいのか考えていきましょう。

プチ切開はその名の通り、少しだけまぶたを切る方法なので傷も小さくて済みます。

周囲に知られたくない、初めて二重整形を受けるという方はぜひ検討してみてください。

(まとめ)二重整形のプチ切開はどんな人に向いているの?

1.二重整形のプチ切開は全切開ではダウンタイムが長すぎるという人におすすめです

プチ切開は皮膚に大きくメスを入れないので全切開ほど腫れずに済み、ダウンタイムが短くなります。

ダウンタイムが短いので、忙しく時間的余裕がない患者さんに好まれる傾向があります。

2.二重整形のプチ切開はダウンタイムが短くて済みます

プチ切開を行った場合も全切開と同じく腫れや内出血が起こりますが、皮膚を切る範囲が短いためダウンタイムは1週間と短いものになります。

腫れや内出血の表れ方には個人差があるので、不安な点があれば随時クリニックに相談するようにしましょう。

3.人によってはプチ切開よりも全切開のほうが向いている場合もあります

プチ切開はダウンタイムが短く手軽に受けられる施術ですが、まぶたのタイプによっては全切開の方が向いていると判断されることがあります。

まぶたの厚みがある人が該当しますが、どうしてもプチ切開で施術を受けたいのであればクリニックに相談しましょう。

4.プチ切開は傷跡が目立ちづらく二重整形をしたことが周囲に知られにくいです

プチ切開は手術の傷跡がとても小さいため、周囲の人に気づかれにくい二重整形だと言えます。

周囲に知られたくない、初めて二重整形を受けるので手軽な方法が良いという方におすすめしたい方法です。