二重整形には多くの種類があるのでまぶたがゆるむ確率も人それぞれです


二重整形を受けてから何年か経つと、人によってはまぶたのゆるみが気になり始めることがあります。

二重整形にはさまざまな種類があり、施術の方法によっては効果の持続性が異なることがあります。

例えば全切開の場合、まぶたを大きく切開するので腫れや内出血が出やすかったり、ダウンタイムが長くなったりというデメリットがありますが、二重の効果が半永久的に継続するというメリットもあります。

またいわゆるプチ整形と呼ばれるタイプは施術時間が短く済むため、手軽である一方、全切開に比べて二重の効果が持続しにくいという特徴があります。

二重整形をしたまぶたがゆるむのには原因があります

二重整形を受けたまぶたがゆるむのは必ず原因があり、多くの場合、埋没法での治療がほとんどです。

埋没法とは医療用の細い糸をまぶたに埋め込むことによって、二重まぶたを作る方法です。

固定された糸がまぶたから外れてしまうと、二重まぶたがゆるんでしまうことになります。

何の前触れもなく突然まぶたがゆるむ場合も稀にありますが、原因として考えられる事例は次のようなものです。

  • 投げたボールが当たる、どこかにぶつかるなど、目になんらかの強い衝撃を受ける
  • 糸の結び方がゆるい
  • 糸の質が良くない

日常生活において目に強い衝撃を受けることはあまりないと思われますが、施術そのものが原因となるケースは信頼のできるクリニックを選ぶことで防ぐことができます。

また、体質や習慣によっては、埋没法を受けても元のまぶたに戻りやすい方もいらっしゃいます。

以下のようなことに心当たりのある方は注意が必要でしょう。

  • まぶたが腫れぼったい
  • まぶたの脂肪や皮膚が厚い
  • 目を開ける力がもともと弱い
  • アレルギー症状などで目をこするクセがある

ただ、これらのものに該当する方であっても、二重整形を行うことは可能です。

自分に合う施術を見つけるためにも、クリニックのカウンセリングをきちんと受けることが重要だと言えるでしょう。

二重整形の埋没法にはメリットがあります


埋没法は二重の効果が長く持続しない可能性がありますが、一方で埋没法ならではのメリットが多く挙げられます。

全切開などの効果が継続する施術ではなく、埋没法を選ぶ患者さんが多い理由がそこにあります。

料金が比較的安い

埋没法はメスを使用しない、皮膚を切らない治療法です。

まぶたを切開するため時間がかかる切開法と比べて料金が安く設定されており、その気軽さが人気を集めています。

施術時間が短い

まぶたの皮膚と筋肉を糸で結ぶという簡単な治療法のため、施術時間が非常に短いです。

会社のお昼休みの時間を使って治療を受けられるほど、短時間で治療が完了します。

傷が残りにくく、痛みも少ない

まぶたを切らないので二重整形が終わった後も、傷跡が残りづらく切開法と比べて目立ちません。

クリニックが笑気麻酔を使用して施術を行う場合は、感じる痛みもごくわずかです。

ダウンタイムが短い

腫れがひどくなければ、当日からメイクや洗顔などの顔のお手入れが可能です。

経過に問題がなければ施術後に通院する必要もありません。

埋没法を受けたまぶたがゆるんだ場合の対処法があります

かつて埋没法を受けたまぶたがゆるんできてしまった場合、正しく対処をすることでまぶたのゆるみを改善することができます。

まず挙げられるのが再び埋没法を受けることで、二重まぶたを復活させるというものです。

ただし、いくらメスを使用しない施術だとは言っても手術である以上、何度も繰り返し受けるとまぶたへの負担となることが考えられます。

あまりに繰り返し埋没法を受けると糸がまぶたに埋もれてしまい、三重や四重のまぶたになったり、異物感があったりすることがあります。

これまでの施術回数やまぶたの状態を考慮してクリニックに相談の上、治療の方針を立てましょう。

埋没法から切開法へ切り替えることで、二重まぶたを作るという選択肢もあります。

まぶたにメスを入れることに抵抗があるのであれば、プチ整形などを検討してみましょう。

いずれにしても実績のある美容クリニックと信頼関係を築くことが、理想のまぶたを維持していくことに繋がります。

(まとめ)二重整形を受けてもまぶたがゆるむことはあるの?

1.二重整形には多くの種類があるのでまぶたがゆるむ確率も人それぞれです

二重整形には数多くの種類があるため、施術によっては二重の効果が長く続かないことがあります。

患者さんのまぶたの状態によっても相性の良い施術は異なり、人によって半永久的に効果が持続したり、数年でゆるんでしまったりする場合があります。

2.二重整形をしたまぶたがゆるむのには原因があります

埋没法で二重整形をした場合、まぶたがゆるむことがあります。

原因としてはまぶたに埋め込んだ糸の固定が外れてしまったり、患者さんのまぶたが埋没法に適していなかったりということが考えられます。

3.二重整形の埋没法にはメリットがあります

埋没法での二重整形は効果の持続期間は、一般的に長くても数年であると言われています。

その一方で料金が安く施術時間が短いなどのメリットもあり、気軽に受けられる二重整形として患者さんに広く受け入れられています。

4.埋没法を受けたまぶたがゆるんだ場合の対処法があります

埋没法による二重まぶたがゆるむ場合、二通りの対処法が考えられます。

埋没法を再度受ける、もしくは切開法での治療に切り替えるという方法です。

いずれの場合もクリニックとよく相談をし、自分に合った二重整形を受けましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔