二重整形をしても形跡がレントゲンに写ることはないです


二重整形の切開法はメスでまぶたを切開することで二重を作りますが、埋没法では切開を行わず、代わりに糸を使って二重を作る治療を行います。

埋没法で使われる糸は極細の医療用ナイロン糸であり、レントゲン写真を撮っても写りこむことはありません。

治療でまぶたに糸を埋め込んでもレントゲンに写らず周囲に知られにくいというのが、埋没法のメリットのひとつです。

二重整形の埋没法で使用される糸は安全です

二重整形の埋没法で使用される糸は細いナイロン製の糸になります。

医療用の糸ですのでまぶたに埋め込まれても親和性が高く、安全性が保証されているものです。

埋没法で使われる糸には種類があり、クリニックによって糸の質が異なる場合があります。

二重整形の実績があるクリニックでは心臓血管外科用に開発された独自の医療用糸を使うことがあります。

本来は血管の治療に使われる糸なのでとても細く、体内で分解されてしまうこともありません。

このほかにも二重整形に特化した安全で安心な糸を使用して、施術を行うことがあります。

これらの糸は一般的に使われる医療用の糸と比べて二重が取れにくく、二重の持続性が高いというメリットがあります。

埋没法のもう一つのメリットとして、施術を受けたことが周囲に知られにくいという点が挙げられます。

見た目の印象が自然であるということはもちろんですが、医療機関でレントゲン撮影を行っても写真に写りこむことがなく、二重整形をしたことがばれてしまう心配がありません。

埋没法を受けることを考えているのであれば、そのクリニックがどのような糸を使用しているのかに注目すると、信頼できるクリニックを見つけることができるでしょう。

埋没法でまぶたに埋め込んだ糸はそのまま残り続けます


二重整形の埋没法を受けた方、またはこれから埋没法を受けたいと考えている方が疑問に思うのは、まぶたに埋め込んだ糸が将来どうなるのかということです。

埋没法で使用される糸はナイロン製ですので、皮膚に溶け込んだり自然となくなったりすることはありません。

埋め込んだ糸は意図的に取り除かない限り、ずっとまぶたに残り続けることになります。

埋没法で糸を使う理由は、皮膚から瞼板までを抑えつけ固定することで二重を作るためです。

そのため、この糸を取り去ってしまうと二重まぶたを維持することができなくなってしまいます。

まぶたに埋め込まれた糸が体内に吸収されて消えることはありませんが、ナイロン製のため経年変化によりもろくなってしまったり、ゆるんで外れてしまったりすることがあります。

埋没法はメスを使用しないので皮膚を切開しないという手軽さと、レントゲンでも二重整形をしたことがわかりづらい点が魅力ですが、糸の耐久性が持続しない点については理解しておきましょう。

もし糸が傷んでしまっても新たな治療で修復することが可能です

埋没法で使用する糸はナイロン製ですのでいつか劣化してしまう可能性は否定できません。

とはいえ、そのような場合には新たな治療を施すことで再び二重まぶたを取り戻すことができます。

最も多いのが再度埋没法を行うというものですが、クリニックでは過去に3回以上埋没法を受けた方に対しては新しい治療法を提案することがあります。

理由としては何度も埋没法を繰り返していると、その度にまぶたに糸を埋め込むことになってしまうからです。

埋没法では糸が自然に消えることはないので、まぶたの中の糸が増え続けることになります。

安全性を優先させるため、治療法を切り替える目安とされているのが一般的に3回程度となっています。

埋没法に代わる治療法として挙げられるのは、メスによってまぶたを切る切開法です。

患者さんのまぶたの状態や希望を考慮して、ミニ切開もしくは全切開による治療が行われます。

いずれの方法でも埋め込まれている埋没法の糸をほぼすべて取り除くことができ、糸がまぶたに残りません。

切開法は埋没法のようにまぶたに何かを埋め込むことはないので、レントゲンに写る心配もありません。

(まとめ)二重整形をするとレントゲンに形跡が写るの?

1.二重整形をしても形跡がレントゲンに写ることはないです

二重整形の埋没法では医療用の糸をまぶたに埋め込むことで二重まぶたを作り上げます。

この糸はとても細いナイロン製であり、レントゲンを撮っても写真に写ることはありません。

2.二重整形の埋没法で使用される糸は安全です

埋没法で使われる糸にはいくつもの種類があり、二重整形の技術に優れたクリニックであるほどグレードの高い糸で施術を行っています。

そのようなクリニックでは心臓血管治療に使われる極細の糸や、二重整形専用の糸など信頼性のあるものを使用しています。

3.埋没法でまぶたに埋め込んだ糸はそのまま残り続けます

埋没法でまぶたに埋め込む糸は自発的に取り除かない限り、そのまま残り続けることになります。

皮膚を切開せず、レントゲンでも二重整形をしたことがわからないほど自然な施術である点が魅力ですが、何年か経つと糸がもろくなってしまう可能性があります。

4.もし糸が傷んでしまっても新たな治療で修復することが可能です

埋没法で使用される糸は経年変化により、もろくなることがあります。

そのような場合にはクリニックにて、切開法による治療を提案されることがあります。

切開法はまぶたに何かを埋め込む施術ではないので、レントゲンに写る心配がありません。