二重整形をすると何年もつかは人それぞれです


二重整形の埋没法が何年もつかについては人によって異なり、持続するのがどれくらいの期間であるか断言するのは非常に難しいです。

何故なら人によってまぶたのタイプは異なり、治療を行ったクリニックの技量によっても施術の効果は変わってくるからです。

腕の良い医師の治療を受けることができれば二重整形の効果が長く続く可能性が高くなりますが、それにはまず信頼できるクリニックを見つけることが大切になります。

二重整形の埋没法が取れてしまう原因があります

埋没法は糸でまぶたを固定させることにより、二重まぶたを作る方法です。

この治療に使われる糸は時の経過とともにゆるんでしまうことがあり、残念ながらどんなに優れた医師の手による施術でも、二重整形が取れてしまう可能性があります。

埋没法は切らない二重整形として人気が高いですが、永久的な効果は期待できないかもしれないという点は心得ておきましょう。

埋没法による二重整形が、特に取れやすいとされているのが、次のような人です。

  • 本来のまぶたに厚みがある人
  • 年齢が若く、まぶたの皮膚にハリがある人
  • 過去に幅の広い二重まぶたを作った人
  • 目をこする、つけまつ毛を使用するなど、まぶたへ負担をかけることが多い人
  • スポーツなどにより、まぶたの周囲に衝撃を受ける機会がある人

このいずれかに当てはまる場合、埋没法で埋め込んだ糸が取れやすい傾向があります。

とはいえ上記に該当しても二重整形の効果が長く持続する人もいますので、一概には言えません。

二重整形の埋没法が取れる前兆を見極めましょう


埋没法による二重整形は効果が永久には持続せず、何年か経つと取れてしまう可能性があることをお伝えしましたが、取れそうな前兆を見極めることで早めの対処をすることが可能になります。

埋没法の糸はなんらかの衝撃によりある日突然プツンと切れてしまうこともありますが、だんだんとゆるみを感じるパターンが多いです。

糸が切れることによって痛みを伴うことはありません。

鏡の前に立った時に、以下のポイント参考にしながらまぶたをチェックしてみましょう。

  • 二重の幅が狭くなってきた
  • 日によって二重のラインが消えてしまうことがある
  • まばたきをした時に、まぶたが重たく感じる

このような症状がある場合、まぶたに埋め込んだ糸がゆるみかけている可能性があります。

ゆるんでしまった糸を自分で元に戻すことはできないので、必ずクリニックの診察を受けましょう。

まぶたの異変に気がつき早めの対処をすることで、周囲に二重整形をしたことを知られるリスクを避けることに繋がります。

二重整形を何年も持続させるための工夫をしましょう

埋没法は他の二重整形と比べて費用が安く、皮膚を切らないというメリットがあります。

しかし、効果が永遠に持続しない可能性がある以上、少しでも効果を長持ちさせる工夫をする必要があると言えるでしょう。

まず、まぶたには糸が埋め込まれていますので強い衝撃を与えたり、こすったりするのは絶対にやめましょう。

また、むくみは女性にとって大敵ですが、むくみがひどくなるとまぶたが腫れぼったくなり、目元がすっきりしない印象になってしまいます。

むくみを解消するためにはポリフェノール、カリウム、サポニン、ビタミンB1、ビタミンB6の摂取が効果的であると言われています。

上手に食生活に取り入れ、まぶたがむくまないよう気をつけてみましょう。

そして何より重要なのは、クリニックのカウンセリングをきちんと受けて、自分に合った二重整形を受けることです。

「こういう二重まぶたになりたい」という理想は誰もが持つものですが、まぶたの個性は人によって大きく違うものです。

はじめから不釣り合いなタイプの二重まぶたにしてしまうと、その先何年も憂鬱な気持ちで過ごすことになりかねません。

クリニックからのアドバイスをきちんとふまえ、自分に合った二重まぶたを手に入れましょう。

(まとめ)二重整形をすると何年もつの?

1.二重整形をすると何年もつかは人それぞれです

まぶたのタイプは人によって異なるため、二重整形が何年もつのかについて、はっきりと言い切れないところがあります。

技術の確かなクリニックで治療を受ければ効果も長く続きやすいので、まずは信頼できるクリニックを見つけましょう。

2.二重整形の埋没法が取れてしまう原因があります

埋没法では糸を埋め込むことで二重まぶたを作りますが、この糸に永久性はなく、何年か経つとゆるむ可能性があります。

どんなに実績のあるクリニックでも糸がゆるむ確率をゼロにすることは難しいですが、埋没法は皮膚を切らない施術として人気が高いです。

3.二重整形の埋没法が取れる前兆を見極めましょう

埋没法でまぶたに埋め込まれた糸はいつかゆるんだり取れたりする可能性がありますが、前兆を見極めることで早めの対処をすることができます。

早い段階でクリニックの診察を受けられれば、周囲に二重整形をしたことを知られる心配もなくなります。

4.二重整形を何年も持続させるための工夫をしましょう

埋没法の効果は一生続くものではありませんが、持続させるための工夫をすることは可能です。

目に負担を与える行為を避け、まぶたがむくまない食生活を取り入れることが大切です。

何より重要なのは信頼できるクリニックで自分に合う施術を受けることです。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔