眼精疲労の原因によっては、二重整形で改善することができる可能性があります


眼精疲労は、眼の痛みや充血など眼自体の症状以外に、肩こりや頭痛のような症状を感じるものです。

その原因には、眼自体の問題はもちろんありますが、眼瞼下垂が関与していることもあります。

眼瞼下垂があるとまぶたが眼球にかかるために、周囲のものが見えづらくなります。

これに対処しようとする動きが、眼精疲労による肩こりなどを生み出しているとされています。

二重整形にすることでまぶたを持ち上げ、まぶたが眼球にかからないようにすることで、眼精疲労による体の症状を緩和できる場合があるのです。

二重整形による眼瞼下垂の改善が、眼精疲労の症状を緩和させる場合があります

眼精疲労は目の症状以外にも、頭痛や肩こりなどといった身体の症状をも引き起こします。

これらの症状は目を休めたり眠ったりすることでは容易に改善することは難しいため、当事者にとってはとても辛いものでしょう。

原因について詳しくは後にお話ししますが、その原因の中の一つには眼瞼下垂があります。

眼瞼下垂はまぶたが下がっている状態のことを指し、酷い時には眼球の中の瞳孔にかかってしまうこともあります。

当然、周囲のものが見えづらくなりますので、まぶたを上に引き上げようとします。

その際、まぶたの筋肉だけではなく、額にある筋肉も使って、眉毛を上に上げようとします。

これが、肩こりや頭痛の引き金となるのです。

二重整形では、まぶたの皮膚のうち、まつ毛に近い部分の皮膚を、まぶた内部に埋め込んだ糸を使って上の方へ引き上げることで、二重を作り出しています。

眼瞼下垂でお悩みの方に対して、二重にするための整形、あるいは二重整形の際に用いられている技術を応用して施術をすることがあります。

こうすることで、まぶたが上方へ持ち上げられて眼球全体が露出されやすくなり、視野が広がる可能性があります。

また、まつ毛を持ち上げる筋肉の負担も減るので、肩こりや頭痛などの症状も改善させてくれることがあるのです。

眼瞼下垂に適応するための反応による肩こりなどを、二重整形で改善できる可能性があります


眼瞼下垂とは、なんらかの原因によってまぶたを上に引き上げることが困難になることです。

その多くは、まぶたを引き上げる筋肉が弱ることによって、まぶた自体の重さを持ち上げられなくなることが原因となっています。

これに対して身体は無意識に、まぶたの負荷を軽くするために、眉毛を持ち上げようとします。

眉毛を持ち上げる筋肉は額から後頭部まで幅広く付着しています。

これを常時緊張させていると、頭のつけ根付近の筋肉も緊張し、これが頭痛や肩こりを引き起こしてしまいます。

二重整形は、まぶたにおいて、まつ毛側にある皮膚を内部に埋め込んだ糸などで持ち上げることで、二重を形成する方法です。

この施術を行うことで、普通に目を開けた際でもまぶたが上方へ引き上げられ、目を開けやすくなるのです。

眼瞼下垂の方が二重整形の手術を受けることで、まぶたを無理に持ち上げずとも目をしっかりと開き、周囲のものを見ることができるようになります。

それと同時に、額から後頭部にかけての筋肉への負荷も減るため、首周辺の筋肉の負担も軽減されて肩こりや頭痛などが改善していくことがあるのです。

眼瞼下垂では、酷い場合には、まぶたが眼球内の瞳孔にかかる場合もあります。

瞳孔は、眼球内に入る光の量を調節するための大切な部分です。

眼瞼下垂によってこれの一部が覆われてしまうと、光が入る量が制限され、物の見え方が変化する場合もあります。

二重整形は単にまぶたを二重にするだけではなく、眼精疲労による症状を改善できる場合があるのです。

眼精疲労の原因はさまざまなものがあるので、その原因を特定しましょう

眼精疲労は、現代病の一つと言えるほど、多くの人が抱えている病気のようです。

パソコンやスマートフォンの普及により、作業時の姿勢の悪化や目にかかる負担が、その原因の一端となっています。

眼精疲労は、眼を使う作業を長く続けることによって、眼の痛みやかすみ、充血などの眼の症状が出現します。

それだけではなく、頭痛や吐き気、肩こりと言った、眼とはおよそ関係がないだろうと思われる部位にも症状が出現します。

このような眼精疲労の原因の一つに、眼瞼下垂があることは、先ほどお話ししました。

ですが、元は眼の問題ですから、視力や眼球などの病気が関係していることは否めません。

また、メガネを使用している方であれば、メガネによる視力の矯正が、その作業において適切ではない場合にも、眼精疲労は出現します。

特に、老眼がある方では見える範囲、距離が限定されてきますので、手元での作業をする際に遠くが見やすいメガネを使用していると、眼精疲労を起こす場合があります。

二重整形によって眼瞼下垂による眼精疲労は改善できるとされていますが、それでもまだ症状が継続する場合には、眼科を受診することも検討してみましょう。

(まとめ)二重整形で眼精疲労は改善する?

1.眼精疲労の原因によっては、二重整形で改善することができる可能性があります

眼精疲労における肩こりや頭痛といった症状の原因の一つに、眼瞼下垂があります。

二重整形によって眼瞼下垂を改善することで、眼精疲労による症状を緩和できる場合があります。

2.二重整形による眼瞼下垂の改善が、眼精疲労の症状を緩和させる場合があります

眼精疲労の原因の一つに眼瞼下垂があり、眉毛を持ち上げる筋肉にも負担を強いることで、眼精疲労の身体症状を引き起こします。

二重整形によって眼瞼下垂が改善できる場合があり、これによって眼精疲労が改善する場合があるのです。

3.眼瞼下垂に適応するための反応による肩こりなどを、二重整形で改善できる可能性があります

眼瞼下垂では、まぶたを引き上げる筋肉がまぶたの重みに負けている状態にあります。

二重整形の技術にてまぶたを上方に持ち上げることにより、まぶたが眼球にかかるのを改善し、かつまぶたを余計に引き上げようとする筋肉の負荷も減らすことができるのです。

4.眼精疲労の原因はさまざまなものがあるので、その原因を特定しましょう

眼精疲労は、眼自体の問題のみならず、頭痛や肩こりと言った目からは離れた場所にも症状が出現します。

二重整形で症状を改善できる可能性もありますが、それでも症状が緩和しないのであれば、眼科を受診することもお勧めします。