二重整形の埋没法はまぶたに糸を埋め込む施術で、切開法はまぶたを切開して二重を形成する施術という違いがあります


二重整形の施術のうち、埋没法はまぶたに糸を埋め込んで二重のラインを形成する施術方法です。

一方、切開法は、まぶたを数cm切開することで二重のラインを形成する施術方法です。

埋没法は腫れが少なくリーズナブルな料金で施術が受けられるため、通称プチ整形ともいわれており、切開法は形成された二重のラインが長期間崩れにくいというメリットのある施術です。

埋没法と切開法ではその施術方法が大きく異なります

埋没法は、まぶたを切開することなく糸を埋め込んで留めることで二重まぶたのラインを形成する施術です。

埋没法には腫れにくい施術や二重のラインが長期間維持できる施術など複数の施術があります。

糸の数が少ないほど施術後に腫れにくいとされており、逆に、まぶたにかける糸の本数や糸の結び目が多くなるほど、形成された二重のラインがとれにくくなるとされているのです。

基本的に糸を埋め込むだけの施術なので、施術時の傷跡が残ることはなく目立ちにくく周りにバレにくいというメリットがあります。

切開法はまぶたを切開して二重のラインを形成する施術です。

切開法にはまぶたを3cm程度切開する全切開法と1cm程度切開する部分切開法があります。

特に、全切開法では腫れぼったいまぶたや、たるみのあるまぶたでも希望の二重ラインを形成しやすいというメリットがあり、形成された二重のラインを長期間維持できる可能性が高い施術法です。

切開をした箇所に少し傷は残りますが、二重のラインに重なってそれほど目立たないため、ほとんど気にならない場合も多いといえます。

施術後のダウンタイムなどの違いもあります


埋没法と切開法は施術方法が違うだけではなく施術後のダウンタイムなども異なっています。

埋没法の場合は、糸を埋め込むときに1mm程度の穴を空ける程度の傷しかつきません。

そのため、施術料金がリーズナブルで施術にかかる時間が短いということに加え、傷跡も残らない、目元への負担も少ない施術といえます。

大きく腫れるといわれるダウンタイムも、個人差はありますが1日から7日程の短い期間になります。

埋没法の中には腫れにくい埋没法もあり、その場合はさらに施術後の腫れを抑えることもできます。

切開法の場合は、全切開法と部分切開法の2種類があり、この二つでおダウンタイムのが異なります。

全切開法は切開する範囲が3cmと、部分切開法よりも切開する幅が広くなっているので、回復までにかかる時間や大きな腫れが引くまでのダウンタイムの期間が長めになっています。

また、切開法は切開時にまぶたの余分な脂肪を除去したり、たるみを除去したりすることも可能な施術方法です。

そのため、埋没法と比べるとダウンタイムが7日から30日と比較的長い期間になっていますが、その分、持続可能な二重ラインの形成が期待できるというメリットがあるのです。

埋没法と切開法はそれぞれの施術に向いている二重のタイプがあります

二重整形で形成できる二重の形は数種類あります。

目頭から目尻にかけて二重の幅が広くなる末広型の二重や、二重ラインの幅が狭い平行型の二重、幅が広い平行型の二重などが主な種類になります。

末広型の二重は日本人の顔に似合う二重の形といわれ、ナチュラルな雰囲気の二重になりたい方に向いています。

幅の狭い平行型の二重は大人っぽいクールな雰囲気を演出し、幅の広い平行型の二重では目がぱっちりしたハーフ顔に見えて、華やかな雰囲気に近づくことができます。

そして、つくりたい二重の形に向いている施術方法を受けることで、自然で長持ちすることにつながるとされています。

埋没法は腫れにくく目立ちにくい、施術の料金がリーズナブルというメリットの多い施術方法ですが、手軽にできるというかわりに形成できる二重の形が限られています。

逆に切開法は、しっかりと安定した二重を形成するだけでなく、ほとんどの種類の二重を形成することが可能になる施術方法です。

そのため、埋没法での形成には末広型の二重が向いており、幅が狭い平行型の二重や幅の広い平行型の二重は切開法での形成が向いていると言われているのです。

(まとめ)二重整形の施術の切開法と埋没法の違いとは?

1.二重整形の埋没法はまぶたに糸を埋め込む施術で、切開法はまぶたを切開して二重を形成する施術という違いがあります

二重整形の埋没法は、まぶたに糸を埋め込んで二重のラインを形成する、比較的手軽に受けられる施術です。

一方、切開法は、まぶたを切開することによって、長期間保つことが可能な二重のラインを形成する施術です。

2.埋没法と切開法ではその施術方法が大きく異なります

埋没法はまぶたを切開せずに二重を形成する施術です。

希望に合わせたさまざまな施術もあり、施術の痕が目立ちにくいというメリットがあります。

切開法はまぶたを切開して二重を形成する施術で、二重を長期間維持できるという魅力があります

3.施術後のダウンタイムなどの違いもあります

埋没法は糸をまぶたに埋め込むだけの手軽な施術なので、ダウンタイムが7日以内と比較的短いです。

切開法はまぶたを数cm切開して二重の形をつくるため、ダウンタイムが7日から30日と長くなっていますが、その分安定した二重を手に入れることができます。

4.埋没法と切開法はそれぞれの施術に向いている二重のタイプがあります

二重の形には、主に末広型の二重や幅が狭い平行型の二重、幅が広い平行型などがあります。

埋没法は末広型の二重の形成に向き、切開法は幅の狭い二重や幅の広い二重などに向いているといえます。