二重整形前に気をつけておきたい注意点には、二重整形の特徴や施術後のダウンタイム、かかる費用などがあります


二重整形には、自分に向いている二重の形や適している二重整形の施術、施術後のダウンタイムなどチェックしておきたい注意点がいくつかあります。

二重整形の施術法には、埋没法や切開法などの施術があります。

なりたい二重の形になるためにはどの施術が適しているのか、その施術の特徴やダウンタイム、費用まで確認しておくことで、満足できるような施術をきちんと選ぶことができるようになります。

二重整形には特徴の異なる施術があります

二重整形には埋没法と切開法という、異なる二つの施術があります。

埋没法は、まぶたの中に糸を埋め込んで二重のラインを形成するという、比較的簡単な施術です。

また、埋没法には、腫れが少ないという特徴があります。

切開法は、二重のラインになる箇所を数cm切開することで二重を形成する施術です。

施術後、腫れが引くまでの期間は埋没法より長くなってしまいますが、長期間維持することが可能な、安定した二重を形成することが期待できます。

二重には主に目頭から目尻に向かって幅が広くなる末広型の二重や幅の狭い二重、幅の広い二重などがあり、一人ひとりのもともとのまぶたや顔全体の印象に合わせてなりたい二重を選ぶことができます。

日本人の目には目頭に蒙古襞がある場合が多いので、蒙古襞から目尻に向かって幅が広くなる末広型の二重が似合う場合が多いといわれています。

末広型の二重には埋没法での施術が適しています。

ただ、まぶたが厚い場合には、埋没法では施術後に二重のラインが取れやすいという場合もあります。

切開法は施術時にまぶたの余分な脂肪を除去しながら二重のラインを形成する施術なので、まぶたが厚めの方の施術や、平行型の二重を形成する施術に適しています。

二重整形の施術で注意したいことをチェックしましょう


埋没法は施術後の腫れが少なく施術費用もリーズナブルな、手軽に行える二重整形です。

ただ、埋没法はまぶたに糸を埋め込んで留めることで二重を形成しているため、年数が経つと留めている糸が緩んできて二重が元に戻る場合があります。

綺麗に二重の型がついたときには二重が元に戻らない場合もあるのですが、型がつくことなく二重まぶたが元に戻ってしまった場合には、二重整形を受けなおす必要がでてきてしまいます。

ただ、もし施術後の保証期間内であれば、施術を受けた病院で施術をやり直してもらうことができます。

そのため、保証期間が設定されていて、二重がとれたときだけでなく二重が薄くなったときなどでも、糸のかけなおしをしてくれるクリニックであれば、より安心して施術が受けられるといえるでしょう。

また、二重が取れてしまうのではないかと心配な方には切開法を用いた施術もおすすめです。

切開法は、費用が比較的高額でダウンタイムが長い施術ではありますが、一度二重が形成されたら、元に戻ってしまう可能性はかなり低いとされています。

二重整形施術後のダウンタイムで気をつけたい点もあります

二重整形の施術後には、大きな腫れがでるダウンタイムと呼ばれる期間があり、施術方法によってダウンタイムは異なります。

まぶたを切開しない埋没法はダウンタイムが短く、個人差はありますが通常1日から7日ほどで大きな腫れがおさまります。

埋没法には腫れにくい埋没法もあり、忙しい方でも長い休みを取る必要がない、施術をしてすぐに仕事に復帰できるなどのメリットがあるのです。

切開法は埋没法よりダウンタイムが長くなります。

切開する範囲が1cm程度の部分切開法と、3cm程度切開する全切開法のどちらの施術を受けるかによってもダウンタイムは変わりますが、だいたい7日から1ヶ月で大きな腫れがおさまると言われています。

ダウンタイムの腫れを少しでも早くひかせるために、自分でできることもあります。

具体的には、施術後に激しい運動をしない、お風呂に浸からない、飲酒や喫煙を控える、寝るときには枕を高くして寝るなどでしょう。

これらを日常生活で気をつけることによって、術後の腫れを長引かせないようにすることができるとされています。

(まとめ)二重整形をする前に知っておきたい注意点は?

1.二重整形前に気をつけておきたい注意点には、二重整形の特徴や施術後のダウンタイム、かかる費用などがあります

二重整形を行う前に、自分に適した二重の形や二重整形の施術方法などを事前にチェックしておきましょう。

施術法には埋没法や切開法があり、かかる費用やダウンタイムなども行う施術によって変わってきます。

2.二重整形には特徴の異なる施術があります

二重整形には糸を埋め込むだけの埋没法や、切開して二重のラインを形成する切開法の施術があります。

埋没法には末広型の二重の形成が適しており、幅の狭い平行型の二重や幅の広い平行型の二重には切開法が適しているとされています。

3.二重整形の施術で注意したいことをチェックしましょう
二重整形のうち埋没法は費用がリーズナブルで晴れも少ない手軽に受けられる施術ですが、年数が経つとまぶたの糸がゆるんできて二重が元に戻る場合もあります。

万一二重が取れたときのためにも、保証が充実している病院での施術や、切開法の施術がおすすめです。

4.二重整形施術後のダウンタイムで気をつけたい点もあります

二重整形の施術後のダウンタイムは施術により異なります。

埋没法は1日から7日ほどと短く、切開法では7日から1ヶ月ほどと比較的長くなっています。

腫れを抑えたり早く引かせるための対処法もあるので、それらを行ってみるのも効果的でしょう。