二重整形の縫い目は一ヶ月後にはほとんど目立たなくなるといわれています


二重整形の埋没法では、メスを使用する代わりに医療用の糸をまぶたに埋め込む施術を行います。

メスでまぶたを切開するわけではないため、一般的にはそれほど大きな傷や縫い目が残ることはないと考えられているのです。

糸の食い込みやまぶたの凹みによって縫い目のような跡が出ることがありますが、術後一ヶ月くらいで目立たなくなるとされています。

二重整形の埋没法では縫い目が目立つことはあまりないと考えられています

「二重整形の埋没法を受けたいけれど、傷跡ができるか心配」「二重に整形したことが縫い目でバレるのではないか」というような不安を抱えていらっしゃる方もいるでしょう。

しかし、二重整形の埋没法では、大きな傷跡や縫い目はつきにくいと考えられています。

二重整形の埋没法では、メスを使った施術ではなく、医療用の細い糸をまぶたに埋め込む施術を行います。

糸の食い込みやまぶたの凹みによって縫い目のような跡が若干残る可能性はありますが、埋没法でできる縫い目が目立つのは施術直後から1週間程度までと考えられています。

その後、施術に問題がなければ術後一ヶ月を経過するころには、縫い目はほとんど目立たなくなるでしょう。

埋没法で縫い目のような跡が気になる原因は、主にまぶたの腫れや内出血だといわれています。

そのため、施術の跡が一ヶ月以上経過しても気になる状態というのは、施術に何かしらの問題がある、もしくは糸の結び目がきつすぎるといった要因が考えられます。

施術の跡が残るような問題を起こさないためにも、きちんとしたクリニックで施術を受けるようにすることが大切でしょう。

埋没法には挙筋法と瞼板法とがあります


埋没法による二重整形の施術には、糸をどこに留めるかによって「挙筋法」と「瞼板法」と別々の呼ばれ方をしています。

前者の施術では、二重のラインを形成する際、糸を眼瞼挙筋という筋肉に留める方法をとります。

後者の瞼板法では、二重のラインを形成する際、糸を瞼板という軟骨組織に留める方法をとります。

瞼板法は施術が簡単で短時間で終了するというメリットがありますが、施術方法によっては糸の結び目が眼球に接しやすく、眼球に違和感が出やすいなどのデメリットがあります。

また、糸が瞼板に露出することもあるため、眼科を受診した際には整形がバレてしまう可能性が高いともいえるでしょう
ただ、瞼板法は、まぶたを元に戻したい、変えたいとなった際に糸を取ることが比較的容易とされています。

ダウンタイムも短いためメイク感覚で行えるという点も魅力的です。

一方、挙筋法は瞼板の奥に位置する柔らかい筋肉に糸を通す施術のため、眼球への違和感はほとんどないといわれています。

さらに、瞼を裏返した時にも縫い目が目立つような心配はないでしょう。

一般的には、瞼板法よりも二重のラインの持続力も高いとされています。

埋没法の術後の跡を目立たなくする方法はいろいろあります

埋没法の施術方法によっては、縫い目のような跡がなかなか消えないというケースもあるようです。

ここでは、埋没法でできた跡をなるべく目立たなくする方法、早く消す方法などをご紹介していきます。

腫れや内出血の悪化を防ぐ

埋没法の施術後の跡が目立ちやすくなるのは、腫れや内出血が悪化することが大きな原因となります。

術後の腫れや内出血を防ぐためには、施術直後は施術箇所を冷やすことが推奨されています。

ただ、冷やし過ぎると逆効果になってしまうため、温度や時間を調節しましょう。

ダウンタイムをしっかりとる

施術から一週間くらいは跡が目立ちがちです。

できれば、その間はダウンタイムとして外出を控えるのがよいでしょう。

アイメイクなどでまぶたに負担をかけるリスクも減りますし、周囲の人に整形したことがバレるリスクも回避できます。

メガネで目元を隠す

どうしても施術後に外出しなければならない場合、腫れや内出血、施術の跡などが目立つ期間はメガネやサングラスなどで目元を隠すようにしましょう。

施術後目立つ腫れが引いた後であれば、濃いめのアイメイクでごまかすことも可能です。

(まとめ)二重整形の縫い目はどれくらいで目立たなくなる?

1.二重整形の縫い目は一ヶ月後にはほとんど目立たなくなるといわれています

埋没法では医療用の糸をまぶたに埋め込む施術を行いますから、縫い目のような跡が若干残る可能性があります。

しかし、大きな傷が残ることはあまりないと考えられており、術後一ヶ月後には目立たなくなるといわれています。

2.二重整形の埋没法では縫い目が目立つことはあまりないと考えられています

埋没法で傷跡が目立つのが心配という方もいると思いますが、そういった術後の跡は埋没法では付きにくいと考えられています。

縫い目のような跡が目立ったとしても、通常は1週間くらいで気にならなくなり、一ヶ月後にはほとんどわからなくなるでしょう。

3.埋没法には挙筋法と瞼板法とがあります

埋没法の施術は糸を留める場所によって二つ挙げられます。

挙筋法は筋肉に糸を留める施術で、縫い目が目立ちにくいというメリットがあります。

瞼板法は縫い目が目立つ可能性がある一方、ダウンタイムが短く、施術のやり直しがしやすいという点が魅力です。

4.埋没法の術後の跡を目立たなくする方法はいろいろあります

埋没法の施術後、施術の跡を目立たなくするには、まず、腫れや内出血の悪化を防ぐことからはじめましょう。

そのためには、ダウンタイムをしっかり取ることが大切です。

また、外出の際にメガネやアイメイクで隠すという方法もあります。