二重整形の施術を受ければ、幅広な二重まぶたになることが可能です


二重まぶたのタイプにもさまざまありますが、二重整形の施術では、幅広な二重まぶたにすることは十分可能です。

もともと二重の人はもちろん、奥二重の方やまぶたの厚い一重まぶたの方でも幅広な二重まぶたになることはできます。

ただし、極端に幅広にしてしまうと、出来上がりが不自然になったり、整形であることがバレてしまったりする可能性が高まります。

幅広の二重ラインを長く維持するには切開法の方が効果が高いといわれています

二重整形の施術を受けることを検討されている方の中には、できるだけ幅広の二重になり、目元をぱっちり見せたいと考えている方もいるでしょう。

二重整形の施術を受ければ、もともと二重のラインが入っている人はもちろん、奥二重の方や分厚い一重まぶたの方でも幅広の二重まぶたになることが可能です。

もともと二重のラインがあり、まぶたの脂肪が少ない方であれば、メスを使わずに糸で施術を行う埋没法でも幅広の二重にすることが可能です。

しかし、まぶたの脂肪が厚めの方や、もともと一重まぶたの方が幅広の二重を作る場合、部分切開法や全切開法と呼ばれるメスを使用する施術を受けることが推奨されています。

埋没法は施術が簡単で一重に戻すことも容易だと言われている分、年数経過により二重のラインが消失する可能性が高いと考えられているからです。

一方、部分切開法や全切開法であれば、埋没法よりも若干施術に時間がかかり、医師の高い技術を必要としますが、半永久的に二重のラインを維持することができると考えられています。

そのため、幅広の二重になりたい、二重のラインをできるだけ長く維持したいという方は、切開法を選ばれる方が多い傾向にあります。

二重のラインのタイプによって目元の印象が変わります


二重まぶたの整形を受けたいと考えている方は、一度、理想とする二重のタイプと自分に合う二重のタイプを照らし合わせてみることをおすすめします。

悩んでしまって結論が出ない場合は、クリニックでカウンセリングを受けるのも一つの手です。

ここでは、二重ラインのタイプを特徴とともにご紹介いたします。

自然な二重といえる「末広タイプ」

ナチュラルな二重まぶたが理想的、周囲に整形がバレたくないと考えている方であれば、末広タイプの二重まぶたが向いています。

特に、日本人であればこのタイプが似合うといわれており、埋没法でも元に戻りにくいのが特徴です。

ほどよくぱっちり目になれる「幅の狭い平行タイプ」

平行タイプの二重ラインのうち、幅の狭いタイプです。

ほどよくぱっちりした目元になれるため、人気の高いタイプともいえます。

ただ、まぶたの脂肪が多い人の場合などは、目頭切開が必要になる場合があります。

外国人のような雰囲気になれる「幅広平行タイプ」

日本人離れした印象を理想とする方に人気なのが、幅広平行タイプの二重まぶたです。

目元を大きく見せることができ、華やかなイメージになれます。

この場合、多くの方が部分切開法や切開法を選択されているようです。

極端な幅広の二重にすると、さまざまなリスクを生じさせるといいます

二重のラインは、幅が広ければ広いほど目元を大きくぱっちり見せる効果があると考えられています。

しかし、二重整形で幅を広くすればするほどリスクが高まるとも考えられています。

ここでは、二重の幅を極端に広くした場合に考えられるリスクを挙げていきます。

周囲に整形がバレるリスク

整形により幅広平行タイプの二重まぶたになると、人によっては仕上がりが不自然になってしまうケースがあります。

また、目元がぱっちりするどころか、逆に眠たそうな印象を与えてしまう場合もあるのです。

そのため、周囲に整形したことがバレてしまう可能性が高まります。

術後の腫れや内出血が出やすくなるリスク

二重の幅をあまり広くし過ぎると、腫れや内出血が出やすくなると考えられています。

結果的に、周囲の人に整形したことが知られてしまう可能性が高まります。

一重に戻るリスク

もともとまぶたの脂肪が多い人の場合、極端に二重の幅を広くすると、一重に戻りやすくなってしまうといいます。

何度も施術を受けることはまぶたへの負担を考えるとおすすめできませんから、はじめからあまり幅広にしないことが大切です。

(まとめ)整形すれば、幅広な二重まぶたになることができる?

1.二重整形の施術を受ければ、幅広な二重まぶたになることが可能です

二重整形の施術では、もともと二重の方から一重の方まで、どんな方でも幅広の二重まぶたになることができると考えられています。

しかし、あまりにも幅を広くしすぎると、不自然になり整形が周囲にバレてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.幅広の二重ラインを長く維持するには切開法の方が効果が高いといわれています

もともと二重まぶたの人だけでなく、まぶたの厚い一重まぶたの方でも二重の整形をすれば幅広の二重になることが可能です。

ただし、埋没法は施術が簡単な分もとに戻りやすいと考えられていますから、幅広の二重を維持したい方は切開法が向いているといえます。

3.二重のラインのタイプによって目元の印象が変わります

二重ラインのタイプによって顔の印象が変わります。

自然な二重まぶたになりたい方には「末広タイプ」、ほどよくぱっちりした目元になりたい方には「幅の狭い平行タイプ」、華やかなイメージになりたい方には「幅広平行タイプ」がおすすめです。

4.極端な幅広の二重にすると、さまざまなリスクを生じさせるといいます

二重のラインをあまり極端に広くしすぎると、仕上がりが不自然になったり、腫れやすくなったりして周囲に整形がバレる可能性が高まります。

また、一重に戻るリスクも高まるため、極端に幅広にしない方が良いでしょう。