たるんだまぶたは二重整形で直すことが可能です


たるんだまぶたが原因で二重のラインが狭くなった、またはラインが消えてしまったという方もいらっしゃると思います。

二重整形を行うことで、まぶたのたるみを解消すると同時に、きれいな二重のラインを手に入れることが可能となります。

まぶたのたるみ具合やまぶたの脂肪の多さによって、適切な施術法が異なりますので、症例数の多いクリニックで相談しましょう。

二重整形では、まぶたのたるみを解消することも可能だと考えられます

たるんだまぶたが原因で二重のラインが狭くなったり、消えてしまったりするケースがあるといいます。

二重整形を行うことでまぶたのたるみを解消し、二重のラインを美しくすることが可能となりますが、二重整形の施術方法にもいろいろあり、症状によって適切な施術方法が異なります。

そのため症例数の多いクリニックで相談することが大切です。

たとえば、たるみ具合が軽度である場合やまぶたの脂肪が少ない場合などでは、二重整形の「埋没法」を受けることでまぶたのたるみを解消し、二重ラインを形成することが可能と考えられます。

しかし、たるみ具合が進んでおり、埋没法では対処しきれないとなった場合、別の施術方法が奨められることがあります。

また、まぶたのたるみは、単純にまぶたの上がたるんでいる場合と、「眼瞼下垂」が原因でまぶたの開きが悪くなっている場合とが考えられます。

まぶたのたるみは、目の開きは正常であるものの、まぶたが目にかぶさってしまっている状態のことを指します。

一方、眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉が弱く、目の開きが悪くなっている状態のことを指します。

まぶたのたるみが原因で二重のラインが狭くなっている場合は「眉下切開法」、眼瞼下垂が原因で目の開きが悪くなっている場合は「眼瞼下垂」を受けることが適切かと思われます。

まぶたのたるみは加齢や紫外線、疲れなどが原因で起こります


まぶたのたるみが原因で二重ラインが変化した、目が小さくなってしまったと感じる方は、「眉下切開法」の施術がすすめられることがあります。

では、「眉下切開法」は具体的にどのような症状の方に適しているのでしょうか。

以下で挙げるものに該当する人はその対象と言えます。

  • 加齢とともにまぶたのたるみが生じてきた
  • もともと上まぶたが厚い、脂肪が多い
  • まぶたのたるみで二重ラインが隠れてしまった

まぶたのたるみは紫外線や老化などにより加齢とともに目立ってくることもあれば、パソコンやスマートフォンの使用による目の疲れで起きることもあります。

年齢を問わず施術を受けられる方が多いのが特徴的です。

「まぶたのたるみをとる」と聞くと、傷跡が残るのではと心配に思われる方もいますが、「眉下切開法」では腫れや傷は目立ちにくいと考えられています。

そのため、整形を受けたこともバレにくいというメリットがあります。

ただ、クリニックの施術方法や医師の技術によっては、もともとの眉毛ラインが細くなってしまうというデメリットもあるため、クリニック選びは慎重に行うべきと言えるでしょう。

また、施術自体は麻酔をかけて行うため、ほとんど痛みを感じることはないといえます。

まぶたの開きが悪い方は、眼瞼下垂の施術が効果的です

まぶたが重い、まぶたが腫れぼったいと感じる方の中には、まぶたのたるみが原因ではなく、「眼瞼下垂」が原因という方もいらっしゃいます。

眼瞼下垂とまぶたのたるみは、見た目が似ているため見分けがつきにくいですが、眼瞼下垂には特有の症状があるといわれています。

目が開けにくい、視界が悪い、肩こりや首コリがある、頭痛がする、おでこにシワが目立つといった症状がみられる場合、まぶたのたるみではなく眼瞼下垂である可能性が高いといえます。

眼瞼下垂というのは、目の開きを助ける「眼瞼挙筋」というまぶたを持ち上げる筋肉が弱いことが原因で起こると考えられています。

皮膚が目にかぶさり、眠たそうな印象を与えてしまうのが特徴的ですが、加齢だけが原因ではなく、先天性のものもあるといいます。

眼瞼下垂は二重ラインに沿って、もしくはまつ毛の上2㎜程度を切開することで眼瞼挙筋の長さを短くし、目の開きを良くする施術になります。

まぶたを上げる力が回復することで、目の開きが良くなり目元をぱっちりした印象にすることが可能です。

(まとめ)たるんだまぶたを二重整形で直すことができる?

1.たるんだまぶたは二重整形で直すことが可能です

二重整形を受けることで、たるんだまぶたが原因で変わってしまった二重のラインをもとに戻す、あるいは綺麗な二重を形成することが可能となるでしょう。

まぶたのたるみ具合や脂肪の多さによって施術内容は異なります。

2.二重整形では、まぶたのたるみを解消することも可能だと考えられます

たるんだまぶたが原因で二重のラインが狭くなった場合は、軽度のたるみは二重整形の埋没法で解消させることが可能だといいます。

中度から重度のたるみは「眉下切開法」を、眼瞼下垂が原因と思われる場合は「眼瞼下垂」を受けることが推奨されています。

3.まぶたのたるみは加齢や紫外線、疲れなどが原因で起こります

まぶたのたるみは加齢や紫外線、疲れなどが原因で起こると考えられており、まぶたのたるみで二重ラインが隠れてしまった場合など眉下切開法の施術が適しているといえます。

眉下切開法は傷跡や腫れが目立ちにくく、施術中の痛みも感じにくいのが特徴的です。

4.まぶたの開きが悪い方は、眼瞼下垂の施術が効果的です

まぶたの開きが悪いことでまぶたが重い、腫れぼったいと感じる場合、眼瞼下垂の施術を受けることで目元の改善が期待できるでしょう。

目が開けにくい、視界が悪い、肩こりや頭痛があるなどの症状をお持ちの方は眼瞼下垂の可能性があります。