まぶたのくぼみが極端な場合は二重になりづらいです


まぶたの上に深いくぼみがあると、二重まぶたになりづらいことがあります。

二重まぶたの構造を簡単に説明すると、目を開けた時に皮膚が二重のラインで折り込まれ、そのライン上にまぶたの皮膚が被さることによって作られます。

まぶたの上のくぼみが極度である場合、目を開けても上まぶたの皮膚が折り込まれないため、二重まぶたにならず疲れた印象の目元になってしまいます。

まぶたのくぼみにはヒアルロン酸や脂肪注入などが有効です

二重まぶたとは、上まぶたの皮膚が折り込まれることによってつくられます。

しかし、まぶたに大きなくぼみがある場合、うまく皮膚を折り込んで二重をつくることができません。

そのため、二重まぶたを作る施術を行いたいという場合は、まずまぶたのくぼみを解消することから始める必要があるでしょう。

まぶたのくぼみに対する施術として人気が高いのが、ヒアルロン酸や脂肪を注入してくぼみを解消する方法です。

まぶたのくぼみには二通りあり、上まぶたがくぼんでしまう場合と下まぶたがくぼんでしまう場合があります。

それぞれのケースについて、下記で説明します。

上まぶたにくぼみがある場合

まぶたの上のくぼみがあまりに深いと、目を開けても上まぶたの皮膚が折れ曲がる箇所がどこにもないため、二重まぶたになりません。

このような患者さんに二重整形の埋没法や切開法を行っても二重のラインが思ったように出ないことがあるため、ヒアルロン酸注入よる施術を行います。

ヒアルロン酸注入を行うことでまぶたに自然なふくらみを保ち、二重のラインがハッキリとした印象になります。

下まぶたにくぼみがある場合

下まぶたのくぼみも上まぶたのくぼみ同様、ヒアルロン酸注入による施術を行います。

また、採取した自分自身の脂肪やコラーゲンを濃縮して注入することで肌にハリとふくらみを持たせるという方法もあります。

自分の細胞を使用するため異物反応を起こすリスクもなく、傷跡も目立ちにくいので安心して受けられる施術として注目を集めています。

いずれの方法も目元が若々しく蘇り、まぶたが華やかな印象になります。

まぶたにくぼみが生じてしまうことには原因があります


そもそもまぶたにくぼみができてしまうのには、いくつかの原因があります。

遺伝的な要素で生まれつきくぼみが目立つケースもありますが、加齢や体重が著しく落ちたことによりまぶたの脂肪が萎縮してしまうことが多いです。

また、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使し続けると目の周囲の血流が滞り、筋肉が凝り固まってきます。

その状態が長く続くと次第に筋肉は衰えていき、まぶたの脂肪や皮膚を支えきれなくなることでくぼみが表れてしまいます。

誰しも年を重ねるにつれ肌のハリは失われていく傾向にあるため、人によってはまぶたが落ちくぼみ、二重のラインもあやふやになって終始疲れた印象になることがあります。

過剰なダイエットもまぶたを痩せさせる原因になるので、避けた方が良いでしょう。

まぶたは人目につきやすいのでくぼみをメイクだけでカバーするのは難しく、クリニックによる確かな治療が必要だと言えます。

まぶたのくぼみをケアするための方法があります

まぶたのくぼみを解消するにはクリニックによる施術が確実な方法ですが、セルフケアを併用することでまぶたの筋肉の衰えを防ぎましょう。

二重を作るにはまぶたのくぼみを取り除くことが必要です。

以下の手順でマッサージやストレッチを就寝前に行い、目のコリを解消して皮膚にハリを取り戻しましょう。

1.アイクリームを塗る

たるみが気になる部分を指で引き上げながら、目元を引き上げるようなイメージでアイクリームを塗りましょう。

2.眉をマッサージする

眉を指で引き上げた後、その状態をキープしたまま中指と人差し指で下から持ち上げるように支えます。

3.目尻の筋肉をストレッチする

目を完全に閉じないように気をつけながら、上まぶたと下まぶたを閉じる直前まで近づけます。

まぶたを閉じそうで閉じない感覚を意識しながら、まぶたに力を入れましょう。

この動作を繰り返すことで目尻のストレッチになります。

4.目の下の骨を指圧する

目の下にある骨に沿って、力を入れすぎないように指圧します。

目頭からこめかみに向かい、少しずつ指をずらして押していきます。

また、時間がない時などは目の周りをホットタオルなどで温めるだけでも効果的です。