すっぴんでも自然に見える二重を整形で作ることは可能と考えられます


整形で作った二重かどうかはすっぴんでもわからないことがあります。

整形だとすぐにわかるのは、腫れや結び目が目立つケースであったり、不自然な二重になってしまったりしているケースが大多数でしょう。

それを防ぐには、腫れを考慮したスケジュール調整やメイクを選ぶことがポイントです。

自分の骨格に合った二重の形を選ぶことで、すっぴんでもわかりにくい自然な二重を目指しましょう。

簡単な工夫で自然な二重を目指すことができます

美しい顔を目指しておこなう整形ですが、整形に関する話題はデリケートです。

出来れば職場の人や友人には内緒にしておきたいという人も少なくありません。

整形をバレないようにする方法はあるのでしょうか。

整形が周囲にわかってしまうパターンの多くは、術後の腫れや傷が目立つかもしくは変化が大きくて見た目の印象が大きく変わってしまったケースです。

基本的には医師などでも、二重整形をしたまぶたであることはすぐにわかりません。

病院などで医師がまぶたを裏返して見たときに、はじめて整形だとわかるケースもあるでしょう。

より二重の整形をバレにくくにするには、見た目に無理がない幅の二重にして、腫れている間は人に合わないようにすることをおすすめします。

あるいは、整形前に二重にするテープなどを使って、メイクで作った希望の二重ラインで生活すると、整形後に起こる顔の変化も少なくなります。

整形後の腫れについては希望した目のデザインにもよります。

カウンセリング時にも、腫れや化粧ができない期間について医師にしっかりと尋ねてみてください。

メイクを変えて、週末に手術をして、週明けはメガネをかける。

といった具合に、簡単な工夫をしてみることで、周囲に気づかれにくくすることができるでしょう。

目を閉じてもバレにくい二重の整形方法があります


二重のりは、自由に二重を作ることが出来る強い味方です。

しかし、二重のりで作った二重は、目を閉じたり瞬きしたりしてまぶたを動かしたときに、不自然なシワや突っ張りが残ってしまうという弱点があります。

では、整形の二重まぶたはどうなのでしょうか?

整形の二重は、手術後数週間ほど二重の線が不自然になると言いますが、次第になじむと言われています。

また、整形した二重の特徴として挙げられているのが、目を閉じたときに出てくるぼこっとした膨らみです。

これは二重にしたときの糸の結び目が浮き出て起こります。

糸は結ばないと取れてしまうため、どこかに結び目を作らなくてはいけません。

表面で結んで埋没させる方法の場合、皮膚が薄いとポコッと膨らみが出てしまうのです。

そうならないための施術として、できる限り結び目の数は少なく、さらにまぶたの裏側で結ぶようなものがあります。

このような結び目を目立ちにくくするための施術には、糸も細いものが使われていることが多いです。

ただし、結び目による膨らみが目立つかどうかは個人差もあり、手術後でなければわかりません。

術後時間が経って膨らみができることもあるので、鏡を見てまぶたに違和感があるときは医師に相談しましょう。

骨格に合った二重にすることが自然に見せるコツです

メイクやファッションに流行があるように、整形にも流行りがあります。

たとえば、幅広でぱっちりとした平行二重などもその一つですが、これは似合う骨格と似合わない骨格があります。

まぶたが厚い人や蒙古ひだがついているような人は、基本的には末広型の二重向きだと言われており、無理やり平行にしてしまうと不自然になってしまうのです。

また二重幅が広いとぼやけたような眠たげな印象の目になって不自然になることがあります。

腫れや食い込みも目立つため、整形したのがすぐに周囲にわかってしまうかもしれません。

しかも、二重幅は広くすればするほどラインが戻りやすくなると言われています。

何度も手術を繰り返すとそのたびに腫れてしまうため、整形が周囲にバレやすくなる可能性もあるでしょう。

二重幅を何ミリにするか悩んでいるという方もいらっしゃると思います。

ですが、人によって似合う二重幅は違います。

二重幅が何ミリかという問題よりも、目を開けたときに見える二重幅の見え方が大切です。

医師としっかりカウンセリングしたうえで、自分が美しく見える二重幅を探しましょう。

(まとめ)すっぴんでも自然な二重は整形で作れる?

1.すっぴんでも自然に見える二重を整形で作ることは可能と考えられます

すっぴんでも整形の二重だとわかりにくくするためには、二重のデザインが大切です。

より周囲に整形をわからないようにしたいという人は、骨格的に自然な二重を選びましょう。

カウンセリングであらかじめ自然な二重幅をイメージすると失敗が少なくなります。

2.簡単な工夫で自然な二重を目指すことができます

二重まぶたに整形したことが周囲に知られてしまうケースの多くは腫れや内出血が目立ってしまったり、術後の変化が大きすぎたりというものです。

バレないようにするには整形のスケジュールを週末などに設定して、ナチュラルな目のデザインを選択しましょう。

3.目を閉じてもバレにくい二重の整形方法があります

テープやのりで作った二重は、目を閉じたときに不自然に突っ張ります。

整形の場合も糸の結び目が目立ってしまうことがあるのですが、結び目の数を減らし、まぶたの裏で結ぶ施術を行うことで対策できます。

どうしても目立つ場合は医師に相談しましょう。

4.骨格に合った二重にすることが自然に見せるコツです

骨格によって似合う二重のデザインが違います。

たとえば、幅広で平行の二重は、目元がぼんやりとしやすく似合う人ばかりではありません。

二重幅は自分に合った幅を選ぶことが自然に見せるコツです。