日本人の二重まぶたの割合はおよそ3割です


日本人は白人や黒人に比べて、一重まぶたの割合の方が多く、男女ともに7割程度だといわれています。

つまり日本人の二重まぶたの割合は3割程度だということになります。

日本人は、白人や黒人と比べるとまぶたの皮膚が厚い傾向にあるといいます。

その原因としては、日本人はまぶたの皮下脂肪や眼窩内脂肪、ROOFなどが白人や黒人よりも発達していることが考えられています。

日本人に一重まぶたが多い理由は祖先が関係しているといいます

白人や黒人、東南アジア系の人はほとんどの人が二重まぶたで、一重まぶたの人が珍しいといっても過言ではありません。

一方、日本人や韓国人、中国人、北朝鮮人などの黄色人種は一重まぶたが多く、二重まぶたの人が少ないという印象です。

実際のところ、日本人の生まれつき二重まぶたの割合というのは、全体の3割程度にしか満たないといいます。

つまり、7割程度の方は、生まれつき一重まぶたということになるでしょう。

男女ともにこの数字だと考えられています。

なぜ、日本人は白人や黒人などと比べて一重まぶたの人が多いのでしょうか?
その理由は、まぶたの厚さにあるといいます。

日本人はまぶたの皮下脂肪や眼窩内脂肪、ROOFなどが白人や黒人よりも発達していると考えられているからです。

日本人のまぶたが厚い理由として、日本人の祖先がシベリアに移り住んだことが一つの説として挙げられています。

日本人はもともと彫りの深い顔立ちで、二重まぶたの人が多かったといいます。

しかし、現在から2万年前に遡る氷河期の時代、シベリアに住んでいた人たちは寒さから目を守る必要がありました。

そして、まぶたが厚くなり、一重まぶたに進化したと考えられているのです。

二重まぶたは皮膚が折れ曲がることによってできるといいます


日本人に一重まぶたが多い理由についてご説明いたしました。

では、二重まぶたというものはそもそもどのようにしてできるのでしょうか?
二重まぶたは、まぶたを開く筋肉である「上眼検挙筋」が皮膚に付着しており、目を開いたときにまつ毛の間の皮膚が引き込まれていくことでできるといいます。

つまり、皮膚が折れ曲がることで二重のラインが形成されるのです。

しかし、まぶたが厚いと、まぶたの皮膚が折れ曲がらずに一重まぶたになります。

このことからも、一重まぶたか二重まぶたかが決まるのは、まぶたの厚さによると考えられています。

また、日本人には一重に見えるけれど実は二重まぶたという、「奥二重」の方が多いのも特徴的です。

注意したいのが、三重まぶたです。

三重まぶたになる仕組みは、二重まぶたと混同されがちですが、実は違うといわれています。

三重まぶたは皮膚が折れ曲がってできるのではなく、単なる皮膚のシワだと考えられています。

そのため、二重用化粧品を使用したり、皮膚のたるみが起きたりしている場合になりやすいといいます。

二重まぶたの整形には三つの施術方法があります

まぶたが厚く、二重用化粧品でもなかなか二重のクセが付かないという方は、二重の整形を受けることによって二重まぶたになることができるでしょう。

ここでは、二重まぶたになるための施術方法と特徴をご紹介していきます。

埋没法

埋没法は、「プチ整形」とも呼ばれており、近年はメイク感覚で行う方も増えている施術方法になります。

比較的低料金で受けることができ、メスの代わりに医療用の糸を使うため、施術後に腫れにくく、ダウンタイムも3日程度で済むと考えられています。

ただ、あまりまぶたの脂肪が多いと、くっきりとした自然な二重にならないことがあります。

部分切開法

部分切開法は、まぶたの脂肪が少し多めで、埋没法ではくっきりとした二重にならない方に適している施術方法になります。

まぶたに1~2㎝程度のメスを入れることで二重にします。

施術後に抜糸を行うことが多いですが、腫れも少ないといわれています。

全切開法

全切開法は、まぶたが厚めで脂肪も多い方に適している施術方法となります。

こちらは、二重のラインに沿ってメスを入れ、瞼の脂肪や上眼検挙筋を処理することで二重まぶたをつくります。

半永久的な二重まぶたを維持できるというメリットがあります。

(まとめ)日本人の二重まぶたの割合はどれくらい?

1.日本人の二重まぶたの割合はおよそ3割です

日本人の二重まぶたの割合は、白人や黒人などに比べると少なく、3割程度だといわれています。

日本人が圧倒的に一重まぶたの方が多い理由として、まぶたの皮下脂肪や眼窩内脂肪、ROOFが発達しており、まぶたが厚いことが考えられています。

2.日本人に一重まぶたが多い理由は祖先が関係しているといいます

日本人を含めた黄色人種は、白人や黒人などと比べると、二重まぶたの割合が少ないといえます。

日本人の二重まぶたの割合は3割程度しかおらず、その理由は祖先が寒いシベリアに移り住んだことだという説が有力だとされています。

3.二重まぶたは皮膚が折れ曲がることによってできるといいます

一重まぶたか二重まぶたかを決定するのは、まぶたの厚さだと考えられています。

二重まぶたは「上眼検挙筋」によってまぶたが開かれたときに皮膚が引き込まれていくことでできるといいます。

そのため、まぶたが厚すぎると二重まぶたにならないといえるのです。

4.二重まぶたの整形には三つの施術方法があります

二重の整形を受けることで一重まぶたの方でも二重まぶたになることができます。

二重まぶたの整形には大きく分けて三つの施術方法があり、それぞれ埋没法、部分切開法、全切開法と呼ばれています。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔