まぶたの薄い人でも二重まぶたにはなりますが、アイテープにはデメリットもあります


アイテープはまぶたに貼ることで、簡単に二重をつくることができるアイテムとして、大人のみならず中高生にも人気のアイテムです。

日本人の場合、まぶたが腫れぼったく見えるので、アイテープを貼っても二重部分で上に被さるまぶたがアイテープを隠してくれます。

また、アイテープにも様々な種類があり、遠目にはそれを貼っていることが殆どわからないものもあります。

しかし、まぶたの薄い人がアイテープを使用するとどうなるでしょうか。

この場合、アイテープを貼った部分よりも上側のまぶたがアイテープに被さってくれないので、目を開けていてもアイテープを貼っていることが周囲にバレてしまうことが多いのです。

まぶたの薄い人が二重にしたい場合は、埋没法などの二重整形を行うことで、自然な二重を獲得することができます。

まぶたが薄い人でも二重がつくれますが、多くの場合アイテープが見えてしまいます

二重まぶたは、上まぶたを引き上げる上眼瞼挙筋の枝が、まつげ付近の皮膚にまで伸びています。

そのため、目を開けるときにまつ毛付近を、一重まぶたの人よりもより上に引き上げるために、二重が出来上がります。

この時、二重部分よりも上のまぶたが、二重部分に適度に被さってくれることが重要となります。

まぶたの薄い人の場合、二重部分よりも上の皮膚が薄いことから、二重であったとしても目立ちにくいことがあります。

それでも、二重まぶたに憧れを抱く人は多く、そのような人たちはアイテープを使用して二重を作り出しています。

アイテープは、まぶたで二重を作りたい部分に貼り付け、そこより上のまぶたの皮膚を引き付けることで、まぶたに二重を作ってくれる、とても良いアイテムです。

また、手術を受けるよりも安価ですし、何より術後の痛みや腫れの心配がないことも、大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、まぶたが薄い人がアイテープを使うとどうなるでしょうか。

アイテープにも、ある程度の幅は必要になります。

二重部分よりも上に被さる皮膚が薄いので、アイテープ部分に十分な皮膚が乗らないため、近くから見るとアイテープが見えてしまいます。

アイテープにはメリットもあればデメリットもあります


最近では、100円ショップでもアイテープが販売されており、使用する材質や色合い、粘着面などで様々な商品が出ています。

また、二重整形を希望する人では、アイテープで様々に二重のラインを作ることができ、自分の顔だちになった二重ラインを試すことができるのも、メリットと言えます。

まぶたが薄い人では、アイテープを使用すると多くの場合、目を開けた状態でもアイテープが見えてしまうというデメリットは、先ほどお話ししました。

しかし、まぶたが厚い人でも、アイテープが見えてしまう場所があると言います。

それは、目尻の部分です。

二重まぶたの人の眼をよく見てみると、目の涙丘付近では皮膚の被さりは大きいものの、目尻付近ではあまりまぶたが二重部分を覆っていないことがわかります。

つまり、アイテープを使うと、目尻部分では隠されることなく、周囲から見えてしまうのです。

また、アイテープは糊剤のようなものでまぶたにはりついている状態です。

夏の暑い日、大量の汗や皮脂が分泌される時期では、アイテープははがれやすいというデメリットがあります。

瞼が薄い人ほど二重整形がおすすめです

二重をつくるのにアイテープを使用すると、アイテープが見えてしまうことがあります。

それを気にせずにまぶたが薄い人が二重まぶたを作るには、どうしたらよいのでしょうか。

それには、やはり二重整形の施術をうけることが効果的だと言えます。

特に埋没法という施術の場合、まぶたの内部に糸を通し、まつ毛付近の皮膚を引き上げるので、目を開けた状態でもアイテープが見える心配をせずにきれいな二重を作ることができます。

術後の腫れを心配する方もいらっしゃいますが、埋没法の場合、施術後の腫れは1週間以内で治まります。

まぶた内部に糸を通して二重を作ると聞くと、目を閉じた時に糸で皮膚が突っ張っているように見えてしまうのではと心配される方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ほとんどの場合、その心配は不要です。

しっかりとした技術をもつ医師が施術を行えば、目を閉じた状態でも二重整形を受けたことが、周囲にバレることはありません。

また、切開法では埋没法と比べて腫れや痛みが長く続きますので、短期間で二重をつくるのは難しいといえます。

毎日のようにアイテープを使用しているのであれば、数年間アイテープに投じている分の金額を二重整形に投じることで、毎日テープを貼る煩わしさやお金の心配をせずにすみます。

(まとめ)まぶたの薄い人がアイテープを使ったら?

1.まぶたの薄い人でも二重まぶたにはなりますが、アイテープにはデメリットもあります

アイテープは、まぶたが薄い人が使用すると、アイテープを貼った部分よりも上側のまぶたがアイテープを隠しにくいので、周囲からばれてしまいます。

まぶたが薄い人では、二重整形を実施すると自然な二重を得ることができます。

2.まぶたが薄い人でも二重がつくれますが、多くの場合アイテープが見えてしまいます

アイテープは二重整形と比べ、金銭面での負担が少なく、術後の痛みや腫れの心配をせずに、楽にまぶたを二重にしてくれます。

しかし、まぶたが薄い人の場合では、二重よりも上の皮膚が薄いために、アイテープが十分に隠せないことがあります。

3.アイテープにはメリットもあればデメリットもあります

自分の顔だちに合う二重ラインを試すのには、アイテープは非常に簡便なアイテムです。

しかし、汗は皮脂ではがれやすい、あるいはどんな人でも目尻付近ではアイテープが見えてしまうというデメリットがあります。

4.瞼が薄い人ほど二重整形がおススメです

アイテープを毎日張り続け、それを数年間続けるならば、その分の金額を投じることで二重整形を受けることができます。

テープの使用が周囲にバレる心配もなく、長い期間二重まぶたを楽しむことができます。