二重整形したその後に再度手術することも、ある程度は可能と言われています


二重整形後の再手術はある程度は可能だと言われています。

埋没法の二重の場合は、糸をとった後に再手術、切開法の場合は再手術で二重の幅や形を整えるなどすることで対応が可能でしょう。

ただし、何度も再手術できるわけではないので、手術前に十分考えてから、慎重に決断しましょう。

また、初めての施術の際に、再手術や保証の有無についてあらかじめ質問しておくことも大切です。

二重整形の再手術を選択する人もいます

二重整形で心配なのは、二重にしたもののやっぱり気に入らないという場合や二重が元に戻ってしまう場合などです。

ただ、整形してしまった以上後戻りができないのかと言われれば、そうとは限りません。

埋没法で二重に整形した場合、糸が切れることで二重がもとに戻ってしまうことがあります。

個人差や医師によって考え方が違いますが、埋没法で糸がとれてしまった場合、3回程度はやり直しが可能だとされているのです。

ただ、埋没法を受けた後、糸を残したままにするという場合があります。

その場合、整形を繰り返すことで糸が残り続けるため、手術を重ねることでまぶたの負担になると考えられます。

切開法で二重をした場合も、二重の幅を修正したいと考える人は珍しくありません。

そのような場合、多くは再度切開法をして、希望する二重の幅を目指します。

二重の再手術をすることはできないわけではありません。

しかし、まぶたの形や整形でかかる負担は人それぞれです。

まずは最初の手術で理想のまぶたになれるよう、カウンセリング時に自分の意見をしっかり医師に伝えましょう。

整形する前には、慎重に整形後の顔をイメージしておくといいでしょう。

埋没法の二重まぶたは取れることがあります


埋没法を使った二重整形は糸が取れることで、整形の二重が元に戻ってしまいます。

糸が取れるケースはさまざまです。

たいていの場合は徐々に二重幅が狭くなって、ゆっくりと二重まぶたが元に戻っていきます。

しかし、場合によっては二重が急に取れてしまうこともあります。

それは目に強い衝撃を受けたりしたときです。

例えば、ボールが目にぶつかったり、角などに目元をぶつけたりすることで突然一重に戻る可能性があります。

さらに、強い衝撃を受けなくても生活習慣で糸が取れやすい人もいます。

糸が取れやすいのは、目を良くこする人です。

目をこすることで糸が緩み、二重が取れやすくなります。

アトピーや花粉症で目をこすることが多い人や、コンタクトの人は目元を触る機会が多いため糸が取れやすくなると言われています。

目元のエステや強い洗顔、マッサージなどの刺激も二重が取れる原因になる可能性があるので避けたほうが無難です。

目をこする癖がある人は、極力目を触らないようにして生活するか埋没法を避けて切開法を検討してみましょう。

切開法でも修正再手術はできると言われています

切開法は皮膚や脂肪をとって二重を作る手術なので、理論上はより多くのニーズに対応できます。

その一方で埋没法の場合は二重が気に入らなければ糸をとることができますが、切開法は埋没法よりも再手術の難易度が上がるでしょう。

切開法の修正はまぶたの皮膚に余裕が残っていればラインを整えたり、目の開き具合を調整したりすることは可能だと考えられています。

ただ、あまりに切開しすぎると目の開閉に支障があるため、できる手術は限られていると考えましょう。

修正手術はクリニックによって対応が異なります。

まずはカウンセリングで修正するために、どのような方法があるか質問してみましょう。

修正は回数を重ねるごとに難しくなると言われています。

切開法はより多くのニーズをかなえやすい手術ですが、医師のセンスで仕上がりが大きく変わります。

手術前には、自分のなりたい目元をより具体的に詳しく伝えましょう。

勢いで手術してしまうと、思った仕上がりと違うと感じてしまうこともあります。

再手術で修正できると軽く考えるのではなく、十分に考える時間をとってから整形に踏み切りましょう。

(まとめ)整形したその後にまた二重手術をすることはできるの?

1.二重整形したその後に再度手術することも、ある程度は可能と言われています

切開法であっても埋没法であっても、二重整形はある程度まで再手術が可能です。

しかし、何度も繰り返すと手術の難易度も変わり、受けられる手術も限定されます。

再手術にならないよう、よく考えてから手術を受けましょう。

2.二重整形の再手術を選択する人もいます

埋没法で二重が元に戻ってしまった場合、数回は再度埋没法を受けることが出来ると言われています。

切開法でも二重幅の修正はある程度可能な場合があります。

ただし、施術によってはまぶたの負担になることもあるので、真剣に検討する必要があるでしょう。

3.埋没法の二重まぶたは取れることがあります

埋没法はまぶたを糸で留めて二重にする方法です。

そのため、目をこすったり、強い衝撃を受けることで糸が緩んだり、二重が外れてしまったりすることもあります。

アレルギー体質など目をこする癖がある人は手術後も注意して生活する必要があるでしょう。

4.切開法でも修正再手術はできると言われています

切開法は取れにくく、より多くのニーズに応えやすい二重整形です。

切開法であっても二重の幅を変えたりラインを変えたりといった再手術ができることがあります。

再手術の回数を重ねると難易度が上がるので、手術は十分に考えてから受けるようにしましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔