加齢によってまぶたの二重の幅が狭くなってしまうことがあります


加齢によってまぶたのたるみが出始めると、まぶたが下の方へ下がりやすくなってきます。

そして、まつ毛付近まで下りてくるようになると、それまで二重まぶただった方では、二重の幅が狭くなってしまうことがあります。

まぶたのたるみにお悩みの方には、まぶたの余剰な皮膚を切開する方法で、まぶたのハリと二重を取り戻す方法がおすすめです。

まぶたのたるみにお悩みの方には、まぶたの部分切除法があります

老化に伴って、全身の脂肪が減ってしまうという方がいらっしゃいます。

これがまぶたに起こるとまぶたが痩せて皮膚が下に降りてきて、まぶたが腫れぼったく見えることがあります。

すると、二重の幅が狭くなることや、奥二重や一重になってしまうことがあります。

このような場合には、まぶたの皮膚を切除する方法が勧められます。

まぶたの眉毛に近い部分で皮膚を切開し、たるんだ部分を切除します。

その後、傷の両端を縫い合わせることで皮膚を引き上げ、まぶたのたるみを解消するという方法です。

そのような施術の場合、まぶたに傷が残ってしまうと心配される方はいらっしゃるでしょう。

しかし、美容外科で行う施術では、非常に細い糸で注意深く縫合しますので、傷が目立たず縫い合わせた部分がわからない程に綺麗にできます。

また、この施術と同時に、二重整形の施術を受けることも可能です。

また、加齢とともに気になるもう一つの部分は、下まぶたのたるみです。

この場合は、眼球と眼球を収めている眼窩と呼ばれる骨との間にある眼窩脂肪が原因で起こります。

こちらを除去することで、下まぶたのたるみをすっきりさせることも可能です。

中高年以降で頭痛や肩こりが続くようなら、まぶたのたるみが原因として考えられます


まぶたのたるみは、少しずつ進んでいきます。

自分の顔を毎日見ていると、たるみが進んでいることに気づかず、久しぶりに会った友人などに指摘されて初めて気づくということもあるでしょう。

まぶたのたるみが進むと、まぶたの二重が狭くなる以外にも、症状が出ることがあります。

それは、頭痛や肩こりです。

まぶたのたるみが起こる年頃になると、まぶたを引き上げる筋肉も弱ってきます。

すると、まぶたが重くなって目を開けにくくなります。

すると、無意識のうちに目を開けるときに、眉毛を上に引き上げようとするようになります。

この動きは、頭を前から後ろに縦断する筋肉で行っているのですが、日中目を開けている時間帯は常にこの筋肉が働くようになり、筋肉疲労を起こし、痛みが出ることがあります。

緊張性頭痛と呼ばれるものです。

また、この筋肉が働くときには、首から肩にかけての筋肉も働きます。

この筋肉でも同様に筋肉疲労から、肩こりや肩から首にかけての痛みが出ることがあります。

まぶたのたるみ、更に年を重ねると眼球の上でシワになってしまいます

中高年になってまぶたのたるみが起こり始めたとしても、シワができるほど皮膚がたるんでいるわけではありません。

まぶたの皮膚のターンオーバーは、若い頃よりは遅いながらも続いてはいます。

まぶたの皮膚は非常に薄いためダメージを受けやすいところというのは、多くの女性がご存知でしょう。

クレンジング後や朝の洗顔後に、しっかりとしたスキンケアをされている方も多いと思います。

しかし、年齢を経てちょっと腫れぼったくなったまぶたの場合、やがて大きなシワができてしまうことがあります。

日本人の場合は、眉毛と眼球の高さがほぼ同じ顔立ちをしています。

これは骨格に由来するものですが、このために、高齢になるとまぶたの中間位置にシワができてしまいます。

まぶたがたるんでいくと、まぶたの重みが負荷となって、目を開けにくくなってしまいます。

そうして、頭痛や肩こりもひどくなっていってしまいます。

毎日、まぶたの二重の幅を観察し、可能であれば写真を撮るなどしておきましょう。

二重の幅が狭くなったなと感じたり、頭痛や肩こりが酷くなってきたりしたときには、適切な施術を検討してみてください。

(まとめ)加齢によって二重まぶたはどう変わる?

1.加齢によってまぶたの二重の幅が狭くなってしまうことがあります

まぶたがたるむと、重力で下方向へ垂れ下がり、二重の幅が狭くなる場合や、一重になってしまう場合があります。

そのような場合は、まぶたの皮膚の一部を切除することでハリを取り戻すとともに、二重整形を受けることをおすすめします。

2.まぶたのたるみにお悩みの方には、まぶたの部分切除法があります

加齢によってまぶたがたるみ、奥二重や一重になってしまったら、まぶたの皮膚の一部を切り取ってハリを取り戻す方法があります。

これには、二重整形の施術の同時施行も可能です。

また、下まぶたが気になる方にも、眼窩脂肪の除去が可能です。

3.中高年以降で頭痛や肩こりが続くようなら、まぶたのたるみが原因として考えられます

まぶたがたるみ、目をあけづらくなると、頭痛や肩こりが起こることがあります。

まぶたのたるみによる二重の幅の変化は気づかないうちに少しずつ起こっています。

この症状を感じたら、まぶたの変化をじっくりと観察してみてください。

4.まぶたのたるみ、更に年を重ねると眼球の上でシワになってしまいます

高齢になるにつれて、まぶたにシワができてしまうことがあります。

ご自分のまぶたを毎日観察して、早めにまぶたのたるみに気づくことが大切でしょう。

外見以外にも頭痛や肩こりにつながるケースもあるため、適切な施術をご検討ください。