二重まぶたが遺伝するのは本当です


両親が二人とも二重まぶたである場合、生まれてくる赤ちゃんにも二重まぶたが遺伝する可能性は非常に高いといわれています。

メンデル博士による「優性の法則」に従うと、二重まぶたが優性、一重まぶたが劣性と考えられており、二重まぶたの方が遺伝しやすいといいます。

そのため、両親のどちらかが一重まぶたであっても、子どもは二重まぶたになる可能性は高いと考えられています。

一重まぶたよりも二重まぶたの方が遺伝しやすいといわれています

「二重まぶたは子どもに遺伝するの?」という疑問を抱く方は多いと思います。

二重まぶたが遺伝するかどうかは、オーストラリアのメンデル博士が発表した「優性の法則」の理論で明らかにされているといいます。

優性の法則というのは、両親それぞれが持つ遺伝子を優性遺伝子Aと劣性遺伝子aに置き換えることから始まります。

劣性遺伝子aよりも優性遺伝子Aの方が遺伝しやすい性質をもっていると考えられており、この法則に従えば、二重まぶたが優性遺伝子A、一重まぶたが劣性遺伝子aになるといいます。

そのため、一重まぶたよりも二重まぶたの方が遺伝しやすいと考えられます。

両親が二人とも二重まぶたであり、さらにその親も二重まぶたである場合の遺伝子は「AA×AA」となります。

この場合、生まれてくる赤ちゃんは100%の確率で二重まぶたになるといわれています。

両親が二人とも二重まぶたでありながら、その親に一重まぶたがいる場合の遺伝子は「Aa×Aa」もしくは「AA×Aa」となります。

「Aa×Aa」の場合、二重まぶたが遺伝する確率は75%、「AA×Aa」の場合もほぼ100%に近い確率で二重まぶたが遺伝すると考えられています。

aa×aaの遺伝子では、赤ちゃんは100%一重まぶたになります


では、生まれてくる赤ちゃんが一重になる可能性について考えてみましょう。

「Aa×Aa」といった両親が二重まぶたである例でも、子どもが一重まぶたになる可能性はあります。

この場合、生まれてくる赤ちゃんが一重である確率は6%だと考えられています。

つまり、かなりの高確率で二重が遺伝するということです。

では、両親が一重まぶたで、さらにその親が全員一重まぶたである場合はどうでしょうか?

この場合、遺伝子のかけ合わせは「aa×aa」となり、二重まぶたの遺伝子が全く含まれていないことから、生まれてくる赤ちゃんは100%一重まぶたであると考えられています。

また、たとえ将来的に二重まぶたになる可能性があったとしても、生まれたばかりの赤ちゃんは一重まぶたになりやすいといわれています。

赤ちゃんは顔がふっくらしており、むくみや脂肪が多いことが原因とされています。

そのため、成長とともに一重まぶたから二重まぶたに変化するケースも少なくありません。

さらに、二重まぶたになるかどうかは寒さや暑さなど生活圏が影響しているという説もあります。

寒い地域の人は一重まぶたに、暑い地域の人は二重まぶたになる傾向にあるといいます。

埋没法であればメイク感覚で二重まぶたになることができます

子どもの頃は一重まぶたでも、成長過程で、もしくはダイエットにより二重まぶたになることがあります。

しかし、一重まぶたはコンプレックスになりやすく、性格にも影響を与えることがあるといいます。

一重まぶたのコンプレックスを解消するための方法の一つに、美容整形で二重まぶたの施術を受けるという選択肢が挙げられます。

最近では、10代の方でも二重整形を受ける方が増えており、特に、「プチ整形」と呼ばれる埋没法であればメイク感覚で二重まぶたにすることが可能です。

埋没法はメスを使わない施術方法となり、医療用の細い糸をまぶたに埋め込むことで二重まぶたを形成します。

メスを使用した施術に恐怖心を抱かれる方でも気軽に施術を受けることができ、なおかつバレにくいというメリットがあります。

二重まぶたになることで自分に自信を持ち、性格まで前向きになったという例は少なくありません。

(まとめ)二重まぶたは遺伝するって本当?

1.二重まぶたが遺伝するのは本当です

メンデルの「優性の法則」では、二重まぶたが優性、一重まぶたが劣性となるため、赤ちゃんに遺伝しやすいのは二重まぶたの方だといわれています。

両親が二人とも二重まぶたである、または片親が二重まぶたである場合、子どもが二重になる可能性は高いです。

2.一重まぶたよりも二重まぶたの方が遺伝しやすいといわれています

メンデル博士が発表した「優性の法則」では、二重まぶた(優性遺伝子A)のほうが、一重まぶた(劣性遺伝子a)よりも子どもに遺伝しやすいと考えられています。

そのため、両親が二人とも二重まぶたの場合、100%の確率で子どもに遺伝するといいます。

3.aa×aaの遺伝子では、赤ちゃんは100%一重まぶたになります

両親、そしてその親が全員一重まぶたである場合、「aa×aa」の遺伝子となります。

この場合、二重まぶたの遺伝子が存在しないため、赤ちゃんは100%一重まぶたになると考えられています。

また、寒さや暑さなどの生活圏が影響する場合もあるといいます。

4.埋没法であればメイク感覚で二重まぶたになることができます

一重まぶたのコンプレックスは、「プチ整形」で知られている埋没法の施術を受けることで解消することが可能です。

埋没法は10代の方でも施術を受けることができ、メスを使わないためメイク感覚で二重まぶたになることができると考えられています。