二重まぶたを決めるのは筋肉が枝分かれしている数です


まぶたには、目を開くとき、つまりまぶたを上げるときに使われる筋肉があるといいます。

この筋肉は「上眼瞼挙筋」と呼ばれており、この筋肉が枝分かれしている数によって二重まぶたかどうかが決まると考えられています。

二重まぶたの場合、上眼瞼挙筋がまぶたの下部にある瞼板だけでなく、まぶたの皮膚側に分岐しているといわれています。

二重まぶたか二重まぶたかを決めるのは上眼瞼挙筋だといいます

「二重まぶたと一重まぶたの違いって何?」「そもそも、二重まぶたの構造ってどうなってるの?」といった疑問を抱いたことがある人も多いのではないでしょうか。

その疑問の答えとなるのが、まぶたにある「筋肉」だといわれています。

二重まぶたと一重まぶたの大きな違いは、その構造にあるといいます。

二重まぶたの人に比べ、一重まぶたの人の方がまぶたに厚みがあるというだけではありません。

まぶたには、目を開くとき=まぶたを上げるときに使われる筋肉があるといわれています。

その筋肉は「上眼瞼挙筋」と呼ばれており、上眼瞼挙筋がまぶたにある瞼板(軟骨の板)を引っ張ってまぶたが上がる仕組みになっています。

一重まぶたの場合、上眼瞼挙筋と瞼板が一か所で接合しているだけであり、まぶたの皮膚の方に枝分かれしていないと考えられています。

一方、二重まぶたの人は、上眼瞼挙筋が瞼板が接合しているだけでなく、まぶたの皮膚の方にも枝分かれしていると考えられています。

この枝分かれした筋肉により、皮膚が折りたたまれる形となって二重まぶたができるといわれています。

つまり、二重まぶたか一重まぶたかというのは、枝分かれしている筋肉の数で決まるといっても過言ではありません。

成長過程やダイエットで一重が二重になることもあります


一重まぶたの人のなかには、「子どもの頃は一重まぶただったけど、成長につれて二重まぶたになった」という人や「痩せたら急に二重まぶたになった」という人がいるといいます。

二重まぶたと一重まぶたは構造が違うというのに、なぜ、途中から二重まぶたになることがあるのでしょうか?

ある日突然に上眼瞼挙筋が枝分かれするという現象はまず起きないといえます。

そのため、このようなケースでは一重まぶただと思っていたものの、実は二重まぶたになる要素があったと考えられます。

上眼瞼挙筋が二本に枝分かれしている人でも、まぶたの脂肪が多かったり皮膚が厚かったりする場合、二重のラインが隠れてしまうことがあります。

成長過程やダイエットによってまぶたの脂肪が落ちたことで、隠れていた二重のラインが現れたと考えることができます。

言い換えれば、生まれつき一重まぶたの構造を持っている人は、成長過程やダイエットなどで二重まぶたになることは難しいといってもよいでしょう。

生まれつきの一重まぶたでも美容整形で二重まぶたになることができます

生まれつき二重まぶたの構造をもっていないと、自力で二重まぶたにできる可能性は非常に低いといえます。

二重になるためのマッサージやまばたき体操、まぶたの筋肉トレーニングなどがインターネット上に上がっています。

しかし、これらはもともと二重まぶたの構造を持っている人が行うことで効果が得られるものだと考えられます。

では、もともと一重まぶたの構造の人が二重まぶたになるにはどうしたらよいのでしょうか?

やはり、美容整形による二重まぶたの施術を受けるのが確実性が高いでしょう。

例えば、二重まぶたの施術の一つ「埋没法」では、医療用の細い糸を使用することで二本目の筋肉を人工的に作ることが可能です。

筋肉を人工的に作るということは、二重の幅もある程度は自由に決定することができるということです。

ただ、あまり幅の広すぎる二重まぶたにしてしまうと、糸が緩みやすく元に戻りやすいというデメリットがあります。

そのため、まぶたの厚い人や脂肪の多い人が埋没法の施術を行う際は、幅の狭い二重や奥二重にするのが推奨されています。

幅の広い二重まぶたにしたい場合、施術の途中で脂肪の切除を行うことのできる「切開法」が推奨されています。

(まとめ)二重まぶたになるかどうかは筋肉の数で決まる?

1.二重まぶたを決めるのは筋肉が枝分かれしている数です

まぶたを上げるときに使う筋肉である「上眼瞼挙筋」が枝分かれしている数によって二重まぶたか一重まぶたかが決まると考えられています。

二重まぶたの人は、上眼瞼挙筋が二本に枝分かれしているのが特徴です。

2.二重まぶたか二重まぶたかを決めるのは上眼瞼挙筋だといいます

二重まぶたと一重まぶたの違いは構造にあると考えられています。

二重まぶたの人は目を開くときに使われる上眼瞼挙筋が瞼板と皮膚の二か所に枝分かれしているといい、一重まぶたの人は瞼板のみに接合しているのが一般的です。

3.成長過程やダイエットで一重が二重になることもあります

一重まぶたの人でも、実は上眼瞼挙筋が二本に枝分かれしている場合があります。

その場合、成長過程やダイエットなどによってまぶたの脂肪が落ちると、一重まぶたから二重まぶたになることがあるといいます。

4.生まれつきの一重まぶたでも美容整形で二重まぶたになることができます

生まれつき一重まぶたの構造だからといって、二重まぶたになれないわけではありません。

美容整形による二重まぶたの施術を受ければ、二重まぶたになることが期待できます。

二重まぶたの施術には「埋没法」と「切開法」があります。