まぶたが伸びたのは二重用化粧品を使いすぎたことによるものです


二重用化粧品は自宅で手軽に二重まぶたを作れることから、愛用している人が多いアイテムですが、長期間使い続けることによって、まぶたが伸びた状態になってしまうことがあります。

二重用化粧品にはテープやのりタイプがありますが、特にのりタイプを長期連用することにより皮膚が引っ張られ、まぶたが伸びてしまいやすくなります。

一度伸びてしまったまぶたは二重整形を受けない限り、元に戻すのが難しいのが現状です。

二重用化粧品で二重まぶたをキープするには限界があります

二重用化粧品を毎日のように使用している女性は少なくありませんが、二重用化粧品を使い続けることによって二重のラインが定着するのはほんの一部の人にしか過ぎません。

ほとんどの場合、クレンジングや洗顔で顔を洗い流してしまえば、二重用化粧品で作った二重まぶたもメイクと一緒に落ちてしまいます。

ただ、二重用化粧品を使わなければ二重まぶたをキープできないためか、外出時には必ず二重用化粧品を使用するという人も多いです。

このような二重メイクはかつて一重まぶたの人が二重まぶたになるためにするものでした。

その後、二重用化粧品は幅広く使われるようになり、もともと二重まぶたの人もくっきりとした二重のラインを作るために使用するようになりました。

そんな二重まぶたにこだわりを持つ女性にとって欠かせない存在となった二重用化粧品ですが、洗い流すと持続性が失われるため、二重まぶたをキープし続けるには限界があると言えます。

直接肌に触れるためまぶたへの負担も懸念されており、実際にまぶたの皮膚が伸びるなどの症状をクリニックに相談する人が増えています。

二重用化粧品を使い続けることで皮膚トラブルが起こることがあります


二重用化粧品はまぶたの皮膚を強引に固定することで二重のラインを作るため、長期間の連用はまぶたに大きな負担となることがあります。

まぶたはとてもデリケートな部分になるので、本来刺激にはあまり強くありません。

二重用化粧品の使用による皮膚トラブルはまぶたが伸びたというもの以外にも、次のような症状があります。

皮膚炎

二重用化粧品を長期間使い続けていくうちに、皮膚炎を発症することがあります。

アレルギー症状は突然起こることが多いので、かぶれ、かゆみ、腫れ、乾燥などを少しでも感じたら直ちに使用を中止しましょう。

皮膚が硬くなる

まぶたの皮膚はとても薄いため、炎症などのトラブルを繰り返していると、皮膚が硬くなってしまうことがあります。

色素沈着

二重用化粧品を使用した部分に色素沈着が起こり、目の周りに黒ずみが生じることがあります。

眼瞼下垂

繊維が入っている二重用化粧品は、まぶたを強く押すことで二重を作ります。

力の加減や使用頻度によっては、眼瞼下垂を招く可能性があります。

目が開きにくくなった、腫れぼったくなったと感じたらすぐにクリニックを受診する必要があります。

まぶたが伸びたと感じたらクリニックを受診しましょう

一度伸びてしまったまぶたを自力で元に戻すことは非常に困難です。

伸びたまぶたを戻そうと二重用化粧品を再び使い続けることは症状の悪化を招く恐れがあるので、少しでも異変を感じたのであれば迷わずクリニックを受診しましょう。

皮膚トラブルを起こしたために、二重用化粧品を使い続けることが難しくなったケースも増えています。

二重用化粧品の使用を辞めればある程度まぶたが回復することもありますが、一度ダメージを受けたまぶたが完全に元通りになることは少ないです。

ダメージが回復しきれていない状態で二重用化粧品を使い続けると、皮膚は腫れぼったくなり、きれいな二重のラインを作ることができません。

そのような場合は二重用化粧品に頼らず、クリニックで二重整形を受けることで理想の二重まぶたを目指しましょう。

クリニックではまぶたの状態に合わせ、切開法や埋没法で治療をし、場合によっては眼瞼下垂の治療を行うこともあります。

一度クリニックのカウンセリングを受け、自分に合った治療法について相談してみましょう。

(まとめ)二重用化粧品を使い続けたら、まぶたが伸びた?

1.まぶたが伸びたのは二重用化粧品を使いすぎたことによるものです

二重用化粧品にはテープやのりタイプがあり、中でものりタイプを使用し続けることで、まぶたの皮膚が伸びた状態になることがあります。

一度伸びたまぶたは二重整形をしない限り、元に戻すことが難しいです。

2.二重用化粧品で二重まぶたをキープするには限界があります

二重用化粧品を使い続ける女性は少なくありませんが、たとえ使い続けてもそれによって二重のラインが定着する可能性は低いです。

クレンジングや洗顔で二重メイクも落ちてしまうので、二重用化粧品の使用だけで二重まぶたをキープするには限界があります。

3.二重用化粧品を使い続けることで皮膚トラブルが起こることがあります

二重用化粧品はまぶたを固定して二重のラインを作るので、長期間使用を続けることでまぶたに大きな負担がかかることがあります。

さまざまな皮膚トラブルを起こす可能性があり、かゆみなどの皮膚炎の他、まぶたの硬化、色素沈着、眼瞼下垂が報告されています。

4.まぶたが伸びたと感じたらクリニックを受診しましょう

一度伸びたまぶたは、自力で元の状態に戻すことは非常に難しいです。

二重用化粧品の効果に頼り過ぎず、信頼性の高いクリニックでカウンセリングを受け、自分に合った治療法を見つけましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔