薄い二重まぶたでも整形でくっきりさせることができます


まぶたが二重ではあるのに、まぶたの皮膚の重なりがとても浅く薄いという場合、整形でくっきりとした綺麗な二重にできます。

二重が薄くなってしまうのには、さまざまな理由があります。

二重整形では、埋没法や切開法でまつ毛付近の皮膚をより上に引き上げることで、皮膚の重なり部分を広くすることで、二重をより深いものにしていきます。

ただし、その方がどれ位まぶたを引き上げる力を持っているかによって、二重整形でまぶたを引き上げる幅は異なります。

まぶたの二重が薄くなるのにはいくつかの理由があります

二重ではあるのだけれど、ただシワができているだけのような薄い二重のラインにお悩みの方は多いようです。

そのように見えてしまうのは、二重のラインを境にそれより上側の皮膚が十分に重なっていないために起こります。

二重のラインが薄くなってしまうのには、いくつかの原因があります。

一つ目は、眼瞼挙筋から伸びる枝が付着する位置の問題です。

上眼瞼挙筋とはまぶたを上に引き上げるための筋肉です。

この筋肉が枝分かれしてまぶたの皮膚に付着していると、まぶたのまつ毛側をより上に引き上げて二重になります。

まぶたを二重にするには上眼瞼溝と呼ばれる二重にするためのシワが必要です。

この上眼瞼溝の近くに上眼瞼挙筋の枝が付着していると、目を開けたとしても皮膚をあまり引き上げられず、皮膚の重なりが浅くなり薄い二重になってしまいます。

二つ目は、加齢ややせによってまぶた内部の脂肪組織が減って皮膚のたるみが起こることです。

まぶたの厚みが極端に減るとまぶたの中間付近、眉毛とまつ毛の中間位の高さでまぶたのたるみのようなシワができます。

この部分でまぶたの皮膚にシワができてしまうと、上眼瞼溝部分より上の皮膚が被さってこないために、二重が薄くなってしまうのです。

まぶたを引き上げる力が弱い場合にも二重が薄くなります


まぶたが二重になるためには、上眼瞼溝を境に皮膚の重なりが幅広くなっていることが重要です。

しかし、まぶたをより大きく上に引き上げることができない場合にも、二重は薄くなります。

これにはまぶた自体の構造が問題で上まぶたを大きく上に引き上げられない場合と、眼瞼下垂といってまぶたを引き上げる眼瞼挙筋の力が弱っている場合があります。

どちらの場合でも、二重整形を受けることで、二重をくっきりとしたものにすることが可能です。

後者の眼瞼下垂の場合、その原因がはっきりとしていて治療によって改善が可能であれば、二重の幅が変化する可能性はあります。

しかし、眼瞼下垂の自然治癒が困難な場合や、前者のまぶたの構造上の問題であれば、ただ黙って待っていても二重の状態は変わりません。

このような場合、施術法はその方のまぶたの形や構造によって異なります。

眼瞼下垂の場合では、まぶたのまつ毛付近と眼瞼挙筋、もしくは眼瞼挙筋が付着する瞼板を糸で結ぶ方法が行うことが多いです。

また、眼瞼下垂に対する施術の場合、医療保険が適用され治療費用の自己負担が軽減される場合があります。

まずは、医師に相談してみましょう。

まぶたをどれ位の幅で引き上げるのかは、その方によって異なります

まぶたの二重が薄いことで二重整形を希望される方の中には、受診される前から「〇mm引き上げてほしい」という希望をもって来られる方がいらっしゃいます。

しかし、ご希望の幅でまぶたを引き上げたからと言って、必ずイメージ通りの二重になれるという訳ではありません。

例えば、まぶたを引き上げる幅が広すぎてしまうことによって、奥二重になってしまうこともあります。

あるいは、幅広くまぶたを引き上げたにもかかわらず思ったほど二重の幅が広くはならなかったというケースもあります。

そのため、二重整形を受ける前には、医師と共に綿密なシミュレーションをすることをおすすめしています。

二重のりなどを使って、まぶたをどれくらいの幅で引き上げると、二重の幅がどれくらいになるかをご自分で見ていただくのです。

また、二重の形にも末広タイプと平行タイプとがあり、ご自分の顔にどちらが適しているのかをご判断いただくのも大切だと考えています。

二重整形の場合、一度施術を行うと、やり直しというのはかなり難しくなります。

特に、切開法であれば一度受けた施術をなかったことにするということは無理になります。

ですから、医師としっかりと相談をしてシミュレーションすることで、イメージ通りかつ、元々の雰囲気を損なわない二重を獲得できるのです。

(まとめ)薄い二重まぶたのラインをくっきりさせるには?

1.薄い二重まぶたでも整形でくっきりさせることができます

埋没法や切開法による二重整形では、薄い二重の方でもくっきりとした二重を作ることができます。

どれ位の皮膚を持ち上げるかは、その方の眼瞼挙筋がどの程度まぶたを引き上げられるかによって異なります。

2.まぶたの二重が薄くなるのにはいくつかの理由があります

まぶたの二重が薄くなってしまう理由には、2つあります。

一つは、二重を作るためのシワである上眼瞼溝付近に上眼瞼挙筋の枝が伸びている場合でしょう。

もう一つは、まぶたの皮膚のたるみで眼球の上部分でシワができ上眼瞼溝で皮膚が重ならない場合です。

3.まぶたを引き上げる力が弱い場合にも二重が薄くなります

まぶたの形状や構造上の原因や、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋の力が低下する眼瞼下垂の場合でも、二重が薄くなります。

施術法はその方の状態によって異なりますが、このような方でも二重整形でくっきりとした二重を手に入れることができます。

4.まぶたをどれ位の幅で引き上げるのかは、その方によって異なります

まぶたを二重にするために、施術でどれくらいの幅でまぶたを持ち上げるか、そしてその結果どのような二重になるかは、その方によって異なります。

ですから、二重のりなどを使ってのシミュレーションと、医師との相談はとても大切です。