埋没法によるまぶたの二重整形は、傷ができないのが最大のメリットです


二重整形の方法には、埋没法の他に切開法があります。

切開法はその名の通り、まぶたの皮膚をメスで一部、もしくは広く切開する施術法です。

対して埋没法では、メスはほぼ使いません。

その代わりに、まぶたの内部に糸を通して固定することで二重を形成します。

そのため、大がかりな施術を必要とせずに綺麗な二重を作ることができます。

埋没法による二重整形にはさまざまなメリットがあります

二重整形を行うにあたって、埋没法を選ぶ方は非常に多いと言われています。

その理由の一つとして、埋没法にはさまざまなメリットがあるという点が挙げられるでしょう。

二重整形の埋没法は、まぶたのまつ毛付近の皮膚と、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋(ミュラー筋)、もしくは瞼板とを糸で結ぶ方法です。

こうすることで、目を開けるときにまつ毛付近の皮膚をより強く上に引き上げ、二重にすることができるのです。

埋没法の最大の特徴は、まぶたの表面に傷を作らないことです。

このため、二重整形を受けたことが周囲にバレにくいという利点があります。

まぶたにメスを入れる必要がないため、施術による傷が気になると言う方でも、埋没法ならば心配無用です。

また、埋没法では切開をしないため、術後の腫れが早期に落ち着きます。

メスを入れる施術を行う切開法では術後の腫れが最大4週程度続くと言われますが、埋没法では1週間程度で治まります。

また、痛みも短期間で治まるため、週末に施術を受けて翌週はじめにはほとんど腫れも痛みも治まり普段通りの生活ができます。

埋没法では、施術のやり直しも可能です


二重整形を実施する前に、医師は受ける方との対話やシミュレーションをとても大切にします。

それは、せっかく受けていただく二重整形で、出来上がった二重まぶたに満足していただきたいためです。

しかし、何らかの理由で施術前に想像していた二重とその出来上がりに差が生じて、ご満足いただけない場合があります。

このようなことは滅多にないのですが、もし生じてしまった場合であっても、埋没法であればやり直しが可能です。

切開法の場合には、まぶたにメスを入れ、脂肪組織の除去や必要があれば皮膚の切除などを行います。

そのため、基本的には施術のやり直しが不可能なのです。

しかし埋没法では、一度まぶた内部で結んだ糸を外してやり直すことができます。

ただし、埋没法の場合でも、施術後に時間がたっているとまぶた内部で結んだ糸が周囲の組織と癒着している場合があります。

このような場合には、やり直しが難しいことがあるため、注意が必要でしょう。

また、結んだ糸がほどけて外れることは無いのだろうか、とご心配の方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

美容整形独自の結び目がほどけにくい、しっかりとした強固な結び方を行っています。

目にボールがぶつかるなど、余程大きな力が加わらない限りは、結び目がほどける心配は要りません。

埋没法は自然な二重に近い方法です

二重整形を受けなくても、自然な二重になっている方はたくさんいらっしゃいます。

一方で、どうしても一重になってしまうとお悩みの方も多いのですが、この差はどこにあるのでしょうか。

実は、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋の構造に秘密があります。

目を開けるときにはまぶたを引き上げますが、この時働くのが眼瞼挙筋(ミュラー筋)です。

眼瞼挙筋(ミュラー筋)はまぶたのまつ毛近くにある、瞼板と呼ばれる軟骨組織に付着しており、これを引き上げることでまぶたを上に引き上げています。

まぶたが二重になる方の場合、この眼瞼挙筋から細い枝が伸びてまぶたの皮膚の一部に付着しています。

そして目を開ける際、その枝が付着した部分も強く引き上げるため、そこを境にまぶたの皮膚の重なりができて、二重まぶたができるのです。

一重まぶたの方では、この眼瞼挙筋から伸びる枝がないためにまぶたの皮膚が引き上げられずに一重になってしまいます。

埋没法はこの二重により近い形でまぶたの皮膚の一部を引き上げるため、自然な二重まぶたを作り出すことができます。

(まとめ)まぶたの二重整形で埋没法を行うメリットは?

1.埋没法によるまぶたの二重整形は、傷ができないのが最大のメリットです

二重整形の切開法では、まぶた表面にメスを入れることになるため、傷が気になる方にとっては少々気兼ねする方法かもしれません。

一方、埋没法は傷をつくることがないので、手軽に綺麗な二重まぶたをつくることができます。

2.埋没法による二重整形にはさまざまなメリットがあります

埋没法ではまぶたの皮膚に傷をつけることがありませんから、二重整形を受けたことが周囲にバレにくい利点があります。

また、施術後の腫れや痛みが治まるまでの期間、ダウンタイムも非常に短いので、週末に施術を受け翌週から普通に出勤ということも可能です。

3.埋没法では、施術のやり直しも可能です

できた二重にご満足いただけない場合、埋没法による施術であればやり直しが可能です。

また、結んだ糸がほどける心配をされる方もいらっしゃいますが、ボールがぶつかる等大きな力が加わらない限り、糸がほどける心配はほとんど必要ありません。

4.埋没法は自然な二重に近い方法です

二重まぶたになる方は、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋(ミュラー筋)から伸びる枝が瞼の皮膚の一部を引き上げるため、二重になります。

埋没法はこれに近い方式でまぶたを引き上げるため、より自然な二重を作ることができるのです。