奥二重は二重まぶたの上の部分が二重部分にかぶさっている状態です


奥二重のまぶたは、一見すると一重まぶたにしか見えない場合が多く、なかには、自分は一重まぶたと思い込んでいる人もいます。

実は、奥二重は、二重になっている部分の幅がとても狭い二重なのです。

そのため、まぶたの上の部分が覆いかぶさり、二重まぶたの部分を隠して見えなくしていることで、一重まぶたと変わらない見た目になってしまうことがあるのです。

また、奥二重は二重まぶたに比べ、目元に重たさを感じさせる場合もあります。

二重まぶたには3種類あり奥二重はその一種です

二重まぶたには、二重の出方によっておおむね3種類あり、人に与える印象も変わってきます。

以下にその3種類を紹介しましょう。

平行型

並行型はくっきりした二重まぶたで、最も二重まぶたらしいまぶたです。

平行した二重の幅が、目頭から目尻まで続いています。

二重の幅は、狭い人と広い人とで個人差が大きくなり、印象も変わります。

幅が狭い場合は、落ち着いた大人の雰囲気があるでしょう。

二重幅が広いとアイメイクの自由度が高く、アイラインやつけまつげも自由に楽しめます。

末広型

末広型の場合、目頭は二重がまぶたの上部に隠れており、目頭部分だけ奥二重の状態とも言えます。

目尻に向かうに従って二重のラインがくっきり出てきますが、どの辺りで出てくるかは個人差があります。

控えめな印象を与える末広型は、日本人の顔立ちにはよく似合うと言われ、人気の女優さんなども末広型の二重まぶたの人が多いです。

奥二重

目頭から目尻まで、二重の部分をまぶたの上の皮膚が覆っています。

二重まぶたの二重部分がまったく見えないので、一見すると一重まぶたに見えます。

アイメイクをしても隠れて見えないことや、アイライナーがにじむなどのトラブルが起こる場合もあります。

クールで大人っぽい印象を与えます。

奥二重かどうかを確認して、アイメイクも工夫してみましょう


一見すると一重まぶたに見えてしまう奥二重のまぶたは、実は本人や家族も一重まぶたと思い込んでいる場合があります。

まずは自分が奥二重かどうか確認して、自分に似合ったアイメイクを探してみましょう。

奥二重の確認法

奥二重かどうかを確認するためには、まつ毛の根元に上まぶたが覆いかぶさっているか、かぶさっていないかがポイントです。

根元が見えないほど上まぶたがかぶさっていたら奥二重です。

また、奥二重の人のまつ毛は、上まぶたがかぶさってくるので下向きに生えがちです。

まつ毛の生え方にも注目してみましょう。

奥二重の人に似合うアイメイク

奥二重の場合、人によってはクールなイメージや、丸みのある温かなイメージを持たれることもあります。

ただ、奥二重はまぶたが重く見えがちなので、赤みの強いアイシャドウは避けたほうが無難でしょう。

また、パールやラメ入りのものも腫れぼったく見えることが多いです。

まぶたの上だけでなく、涙袋にもアイシャドウを入れ、まぶた全体が縦長に見えるよう意識すると良いでしょう。

アイライナーの後にビューラーをするとアイライナーが取れやすいので、先にビューラーでまつげを上げてからアイライナーを引きます。

まつ毛が下がりがちになりますので、ビューラーで根元からしっかり持ち上げ、ホールド力の強いマスカラをまつ毛の根元にしっかりつけます。

奥二重はナチュラルな二重まぶたにできる可能性が高いといえます

すでに二重のラインができている奥二重の方は、整形手術が向いているまぶたです。

もともとの二重ラインを生かした施術は、自然で無理のない見た目が期待できるでしょう。

奥二重の人に向いている主な施術をご紹介します。

埋没法

埋没法はまぶたを切開することなく、髪の毛よりも細い医療用の糸でまぶたの裏側からとめていく施術法です。

切開の必要がないので施術時間も短く、痛みや腫れも少ないといえます。

さらに、腫れの期間が短いので、比較的早く通常のアイメイクをすることも可能です。

切開法

まぶたの脂肪が多い方には切開法がおすすめでしょう。

はっきりとした二重のラインを作ることが期待でき、ほとんど永久に二重まぶたを維持できると言われます。

まぶたの中の脂肪の処理を伴うため、腫れや痛みが強くなりなすが、その腫れている期間も一週間程度で終わると言います。

奥二重のまぶたは、施術後の二重のラインが自然なため、元に戻ってしまう確率も低く、二重まぶたを維持しやすいといえます。

専門医がメールなどで無料カウンセリングを行なってくれる美容外科もあります。

自分のまぶたはどうなのか、まずは相談してみましょう。

(まとめ)奥二重は二重とは違うのでしょうか?

1.奥二重は二重まぶたの上の部分が二重部分にかぶさっている状態です

奥二重は二重になっている部分がとても狭い二重まぶたのことを指します。

上のまぶたが覆いかぶさることで一重まぶたに見えてしまうという特徴があるのです。

自分が奥二重であることを知らず、一重まぶただと思い込んでいる場合もあるといいます。

2.二重まぶたには3種類あり奥二重はその一種です

二重まぶたには3つの種類があり、それぞれ異なる印象や魅力があります。

並行型はくっきりとした印象があり、アイメイクの自由度が高いという特徴があり、末広型は日本人の顔つきに良く似合うとされています。

奥二重はクールで大人っぽい印象を与えます。

3.奥二重かどうかを確認して、アイメイクも工夫してみましょう

自分が奥二重なのかを確認するためには、まつ毛の根元に上まぶたが覆いかぶさっているかどうかをチェックしましょう。

また、奥二重の場合は赤みのあるアイシャドウを避ける、ビューラーで持ち上げた後にアイライナーを引くなどのアイメイクが効果的です

4.奥二重はナチュラルな二重まぶたにできる可能性が高いといえます

ぱっちりとした目元を手に入れたい人は、埋没法、切開法などを利用した二重整形の施術が効果的です。

また、奥二重の方の場合、二重のラインが自然に作れるため、綺麗な二重まぶたの状態を維持しやすいというメリットがあります。