埋没法の1点留めは手軽でリーズナブルな二重整形手術です


二重整形手術の埋没法1点留めとは、医療用糸でまぶたの1点のみを留め、二重のラインをつくる施術方法です。

複数個所を留める2点留めやトリプル留めと比較して強度は劣りますが、針を通す部位が少ない分、腫れや炎症が起こりにくく、価格もリーズナブルで手軽にチャレンジしやすいという特徴があります。

二重メイクをしている方は、気軽にできる1点留めをすることで毎日の手間が省けますし、二重メイクによるまぶたのかぶれも予防できるでしょう。

まぶたが薄めの人やうっすらラインがある方におすすめです

埋没法1点留めは、以下の場合に向いています。

向いていないのに施術してしまうと、持続期間が大幅に短くなってしまうことがあるため注意しましょう。

また、向いていないと判断される場合には、カウンセリング時に他の施術方法をすすめられることもあるでしょう。

まぶたが薄めの方に向いています

1点留めは2点3点を留める方法よりも留める力が弱いため、まぶたが分厚い人には向きません。

まぶたが分厚い場合には、複数個所を留めるか、まずまぶたの脂肪を除去してからの施術がすすめられる場合もあります。

とはいえ、自分のまぶたの分厚さが平均的なのかどうかは、自分で判断しにくいところがあります。

まずはカウンセリングに足を運んでみましょう。

もともと二重ラインがある方に向いています

1点留めは、もともとうっすらと二重のラインがある方にも向いています。

うっすらと二重のラインがあるということは、医療用糸で少しだけ助けてあげるだけで二重になると考えられます。

1点留めるだけでも高い効果が期待できるでしょう。

もともと二重のラインがうっすらとしかない場合、ちょっとしたむくみや体調が原因で日によってラインが無くなってしまったり、ラインの位置が変わったりしやすいです。

そのような場合は、1点留めをしておけば、毎日まぶたの様子を気にすることなく過ごせるでしょう。

一重に戻したりやり直したりしやすいという安心感があります


まぶたを1点しか留めないことに不安を感じる方もいるかもしれません。

取れやすいのではないか、長持ちしないのではないか、と思うのです。

実際に1点留めだと糸にかかる負担が大きくなってしまうため、複数個所を留める方法よりも持続期間は短くなりやすいと考えられます。

しかし、この取れやすい、という特徴はメリットにもなります。

術後、思ったほど二重が似合わないと思った場合や、二重幅を変えたいと思った場合、1点留めなら取り外しややり直しがしやすいのです。

このような特性から、アイテープ感覚で気軽に施術を受けられる方も多いのではないでしょうか?

また、1点しか留めないため、施術時まぶたへのダメージが少なくて済む、というのもメリットです。

一般的には、埋没法の1点留めなら1~2日で大きな腫れは引き、内出血した場合でも1週間程度で消失します。

このように、1点留めは回復が早いため、週末の休みや3連休を活用して施術の計画を立てることも可能です。

取れにくい1点留めの技術を持っているクリニックもあります

1点留めは取れやすいという心配がありますが、クリニックによっては使用する医療糸の種類や留め方を工夫し、持続性を高めているところもあります。

また、保証が付いており、術後1年間に万が一取れてしまったら、無料でやり直してもらえるところもあります。

こうした万が一のことを考えて、不安があればカウンセリング時に聞いておきましょう。

持続期間を長くするための技術も注目したいところですが、同時に自分で気を付けられることを実践し、二重を長持ちさせたいものです。

埋没法を長持ちさせるためには、目をこすらないこと、まぶたに刺激や負担を与えないことが大切です。

洗顔時やタオルで水滴をふきとる時など、まぶたをこすらないようにし、できるだけ摩擦を加えないように注意しましょう。

(まとめ)二重整形の1点留めの特徴とは?

1.埋没法の1点留めは手軽でリーズナブルな二重整形手術です

埋没法1点留めとは、その名の通りまぶたを1点だけ留めて二重にする施術方法です。

二重整形のなかでもまぶたへのダメージが少ないため、腫れにくいというメリットがあります。

また、手軽にでき、価格もリーズナブルというメリットもあります。

2.まぶたが薄めの人やうっすらラインがある方におすすめです

1点留めは、2点や3点を留める施術よりも留まり方が若干弱めであるため、まぶたが薄めの方やもともと少しだけ二重のラインがある方に向いているといえます。

二重メイクをしている方は、1点留めをすることで毎朝のメイク時間がかなり短縮できるでしょう。

3.一重に戻したりやり直したりしやすいという安心感があります

1点留めは複数個所を留める方法よりも、1点に負担が集中するため、持続期間が短めだといわれています。

しかしこれは、見方によってはメリットともいえます。

取れやすいため、一重に戻したりやり直したりしやすいのです。

4.取れにくい1点留めの技術を持っているクリニックもあります

1点留めの持続期間を延ばすために、クリニック独自の技術を開発している場合があるため、クリニック選びの参考にしましょう。

また、保障の有無もチェックポイントです。

術後はできるだけまぶたに負担を加えないようにして、持続期間を延ばしましょう。