トレーニングで二重まぶたになる人は限られています


トレーニングやマッサージによって二重まぶたになる人は、あまり数が多くありません。

トレーニングやマッサージには、むくみをとる効果はあっても、二重になるケースは限られています。

もともと二重なのにむくみで一重になっていたという人はトレーニングで二重になることもあります。

二重になるためではなく、筋肉を鍛えて目元をスッキリさせるためであればトレーニングはおすすめです。

また、年を取ることによってまぶたがやせることにより、二重になるという場合もありますが、どのような二重になるのかはわからず、いつ二重になるのかもわかりません。

若くしてぱっちりとした二重を作るのであれば、整形の施術を利用するのが効果的と言えるでしょう。

まぶたのトレーニングやマッサージで二重になることは希少です

整形する前に多くの人が持つであろう疑問が、自力で二重まぶたを作ることはできないのかというものです。

インターネットの声や周囲からは、整形なしで自力で二重になったというような体験談も聞かれます。

トレーニングやマッサージをすることで、生まれた時から二重であるような自然な二重を作ることはできるのでしょうか?

マッサージやトレーニングで二重になる理屈は、まぶたのトレーニングやマッサージを続けることでリンパの流れを良くして、むくみを改善して二重になるというものです。

実際に目元は疲れやすく、目の周りの筋肉を鍛えてリンパの流れを良くすることによってむくみが解消できると言われています。

しかし、通常トレーニングをしたからまぶたが薄くなって二重になるということは考えにくいでしょう。

トレーニングで二重になったという人は、むしろもともと二重だったのにむくみで一重になっていたと考えるほうが自然です。

例えば、ぱっちりとした二重の人でもお酒を飲んだ翌日や泣いたりした後は一重になることがあります。

本来二重まぶたのはずなのに、常にむくんでいることで一重になっている人はトレーニングで効果が期待できるでしょう。

加齢で二重になることもあります


生まれたときは一重まぶたでも、成長とともに二重になることはあります。

しかし、成人後ではどうでしょうか?
年齢とともに二重になりやすくなるという噂も巷ではよくささやかれています。

実は人間は加齢とともに二重になって二重幅が広がりやすくなる傾向があると知られています。

割合で言えば、子どもの場合は3人に1人が二重ですが、50代では半分以上が二重だと言われています。

その理由は加齢でまぶたの脂肪がやせてくるからです。

若いときはまぶたの脂肪が厚くて折り目は付きにくい状態でも、加齢によってまぶたが薄くなってくると折り目が付きやすくなります。

また年をとればまぶたの皮膚もたるむので二重になりやすくなるでしょう。

当然のことではありますが、加齢による二重は自分の意思でコントロールできません。

アイプチやトレーニングで二重を目指しても、結果には個人差があるでしょう。

すぐに二重の癖がついたという人は、加齢によっていずれ二重になったであろう人だと考えられます。

もともと二重になりにくい人は何年待ったとしても、二重にならないかもしれません。

すぐにキレイな二重を手に入れたいという人は整形を検討してみても良いでしょう。

まぶたのトレーニングでスッキリした目元をめざしましょう

多くの人が二重になりたいと願うのは、ぱっちり大きな目への憧れが強いからでしょう。

しかし、二重であってもまぶたがたるむことで目が小さく見えてしまうことがあります。

まぶたを鍛える眼輪筋トレーニングでぱっちりとした目を目指しましょう。

以下にトレーニングの方法をいくつかを紹介します。

  • トレーニング①
    目にぎゅっと力を入れて5秒間閉じてから、今度は目を大きく見開いて5秒間正面を見ます。
    これを数回繰り返します。
  • トレーニング②
    顔は正面を向いたままで、目だけで上下左右を見てまばたきをします。
  • トレーニング③
    目を見開いて眼球で∞を描くように目を動かします。
  • トレーニング④
    目を見開いて右から上、左というようにワイパーの動きをしましょう。

これらのトレーニングは、顔を動かさずに目線だけで眼球を動かすことがポイントです。

眼輪筋が衰えると眼精疲労やたるみの原因になります。

普段の生活ではスマートフォンやパソコンを使う時間が長く、眼球を動かす機会があまりありません。

その結果、目の疲れがたまって血流も悪くなってしまうのです。

今回紹介したトレーニングは仕事の合間でも、すぐできるものばかりです。

仕事の休憩時間や家事などの合間に眼輪筋トレーニングを取り入れてみましょう。

(まとめ)トレーニングで二重まぶたになるって本当?

1.トレーニングで二重まぶたになる人は限られています

トレーニングで二重になったという人は、もともと二重だったにもかかわらず、むくみが原因で一重になっていたと考えられます。

加齢によってまぶたがやせて二重になることもありますが、キレイな二重を手に入れたい場合は、整形を検討しましょう。

2.まぶたのトレーニングやマッサージで二重になることは希少です

基本的にはトレーニングやマッサージで一重まぶたが二重になることは希少です。

ただし、もともと二重まぶたのひとがむくみによって一重になっている場合は、むくみをとることで二重になることもあるでしょう。

3.加齢で二重になることもあります

年齢を重ねるとまぶたがやせ、皮膚がたるむことで二重になることがあります。

ただし、加齢による二重は自分でコントロールできません。

早くキレイな二重を手に入れたい場合は、二重の整形を考えてみましょう。

4.まぶたのトレーニングでスッキリした目元をめざしましょう

目元の筋肉が衰えると、まぶたがたるみ、目が小さく見えることがあります。

目の周りの筋肉は加齢とともに衰えます。

眼精疲労の原因にもなるのでトレーニングなどを行って、スッキリとした目元を目指しましょう。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔