眼瞼下垂の手術は10年後に元に戻ってしまう可能性があるものもあるため、より効果が消えない方法を選ぶとよいでしょう


眼瞼下垂を改善するための手術には3種類の方法があります。

この内、ミュラー筋という筋肉を縫い合わせる方法の場合、10年後に元に戻ってしまう可能性があるのです。

この方法は症状が軽い場合にしか使えませんが、メスを入れず、軽微な施術で治療が完了できるというメリットもあります。

そのほかの2種類とは、挙筋腱膜前転法および結膜切開による方法で、このどちらもメスを使用します。

どちらも、施術は大がかりになりますが、半永久的な効果を期待することができるでしょう。

ミュラー筋を縫い合わせる施術の場合は状態が変化する可能性もあります

眼瞼下垂を改善するための施術にはいくつか種類がありますが、中でも時間がたつと元に戻ってしまう恐れがあるとされているのは、メスを入れずに眼瞼下垂を改善する手術を選んだ場合でしょう。

これは医療用の特殊な糸を用いて、ミュラー筋と呼ばれる筋肉を縫い合わせ、まぶた引っ張り上げて眼瞼下垂を改善するという施術です。

メスを使わずに施術ができるため、施術に必要な時間が非常に短く、入院の必要もありません。

そのため、普段の生活で忙しいという方であっても利用できる施術とされているのです。

この方法は、症状が軽い場合にしか使えません。

しかしこの方法を用いた場合、縫い合わせた状態が長い時間をかけて体に馴染んでいくことで、元々引っ張り上げられていたまぶたが、元々の状態に戻ってしまう場合があるとされているのです。

これには個人差があり、10年後になっても効果が持続する場合もありえます。

挙筋腱膜前転法や結膜切開を用いた方法は、効果が半永久的に持続します


メスを用いて眼瞼下垂を改善する方法であれば、半永久的な効果を期待できると言えるでしょう。

たとえば、「挙筋腱膜前転法」と呼ばれる施術法はその代表例です。

この方法は、眼瞼下垂の症状が軽い場合にも重い場合にも使えます。

そのほか、結膜切開による方法も存在します。

この方法は、軽度から中度の症状の場合に用いられるもので、まぶたのたるみを取り除く必要がない場合なら、この方法が非常に効果的だとされています。

もちろん、挙筋腱膜前転法にも結膜切開による方法にも弱点はあります。

それは大がかりな施術を行ったことによる、ダウンタイムでしょう。

まぶたを切開する手術を実施した場合、その後しばらくの間、ダウンタイムと呼ばれる期間を過ごさなくてはいけません。

ダウンタイムとは、手術を受けた箇所の腫れや内出血が収まるまでの期間を意味する言葉です。

ダウンタイムの長さについては個人差がとても大きいです。

ただ、場合によっては、1~2週間でダウンタイムが終わる場合もあるため、より安静にし、患部を労わるよう努めることが大切と言えるでしょう。

このダウンタイムが完了することで、半永久的な改善されたまぶたを手に入れることができます。

眼瞼下垂の手術では、まぶたを二重にする手術を併用可能です

眼瞼下垂の手術はいずれの場合にも、まぶたを二重に変える手術を同時に実施できるというメリットがあります。

挙筋腱膜前転法の場合は「切開法」と呼ばれる方法が用いられます。

糸でミュラー筋を留める方法や結膜切開による方法の場合は、「埋没法」と呼ばれる方法が選ばれます。

切開法では、まぶたから余分な皮膚を切り取ります。

このため二重のまぶたを半永久的に持続できるという大きな強みがあります。

一方、埋没法では医療用の特殊な針と糸でまぶたの内側を固定して、二重のラインを生み出します。

施術を行う時間やダウンタイムが短く、やり直しできるチャンスがあるため、メイク感覚で利用できるという大きな長所を持っています。

傷口を気にする必要もありません。

このように、どちらの方法にもそれぞれメリットがあります。

また、抱えている眼瞼下垂の症状によってどちらが適しているかは変わりますから、専門医とよく相談して、適切な施術を行う事が大切と言えるでしょう。

(まとめ)眼瞼下垂の手術は、10年後も効果が変わらない?

1.眼瞼下垂の手術は10年後に元に戻ってしまう可能性があるものもあるため、より効果が消えない方法を選ぶとよいでしょう

眼瞼下垂の手術を受けるときミュラー筋を縫い合わせる方法を選ぶと、10年後に元に戻ってしまう可能性があります。

そのほかの方法を、施術が大がかりになる代わりに、半永久的な改善の効果を期待することが出来るとされているのです。

2.ミュラー筋を縫い合わせる施術の場合は状態が変化する可能性もあります

ミュラー筋と呼ばれる筋肉を縫い合わせ、まぶたを引っ張り、眼瞼下垂を改善するという施術の場合、時間をかけて徐々に状態が変化してしまう場合があると言います。

この施術は必要な時間が短く、手軽に利用できるというメリットがあるのです。

3.挙筋腱膜前転法や結膜切開を用いた方法は、効果が半永久的に持続します

メスを用いて眼瞼下垂を治療する場合、挙筋腱膜前転法と結膜切開による方法を選べます。

どちらも、施術が大がかりなものになるため、半永久的な効果を期待することができるでしょう。

しかし、まぶたを切開するため1~2週間ほどダウンタイムが発生します。

4.眼瞼下垂の手術では、まぶたを二重にする手術を併用可能です

眼瞼下垂の手術は3種類ありますが、どれを選んでもまぶたを二重にする手術を併用できます。

挙筋腱膜前転法を選ぶときは切開法が併用でき、糸でミュラー筋を留める方法と結膜切開をする方法を選ぶときは、埋没法が併用できるでしょう。