30代でも眼瞼下垂になる方は少なくありません


眼瞼下垂は、30代以降で増えてくると言われています。

特に、目を強く擦るなど、まぶたに強い力を加えてしまう人には多くみられるようです。

眼瞼下垂は、目を開ける際に視界が狭くなってしまうため、眉毛を強く上に引き上げようとする動きが出てきます。

そのため、額や前頭部が疲れたり、肩こりが強くなったりします。

眼瞼下垂も医療的な施術などで、改善が可能です。

いくつかの方法がありますが、状態によってどういった施術を選択するかは医師が提案してくれるでしょう。

眼瞼下垂は、美容外科での施術で改善できます

眼瞼下垂による目元やまぶたの変化は、知らぬ間に起きています。

まぶたがたるんだような気がする、腫れぼったくなったようだと受診される方は少なくありません。

眼瞼下垂は、眼科でも対応が可能です。

まぶたは顔の中でも特に目立つ部分なので、メスを入れた後に傷が目立ってしまうことを心配されることでしょう。

美容外科では傷が目立たないよう、使用する糸や縫合の方法にも気を遣っているので、施術後に傷が目立つ心配がありません。

眼瞼下垂の主な原因は、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋の筋力の低下や、眼瞼挙筋が付着している瞼板から剥がれてしまう場合などがあります。

このうち、後者の場合には手術による治療が可能です。

美容外科での施術によって、それまで下がっていたまぶたが上がりやすくなり、視界が広くなってものが見えやすくなった、頭痛や肩こりが楽になった、額のシワがなくなった等、多くの効果を実感できます。

眼瞼下垂は、決して高齢者に多い病気ではありません。

30代から起こる可能性があるものです。

以前と比べ、物の見え方や眉毛の位置が高くなったなど、心配事があったら、医療機関を受診して相談してみましょう。

眼瞼下垂の施術では、注意点もあります


眼瞼下垂を治療するための施術では、いくつかの術式があります。

多くの医師が、挙筋腱膜を剥離して瞼板に縫合するという術式を採用しているようです。

眼瞼下垂は、多くは一方のまぶたで起こりやすいようです。

両まぶたで同時に起こる場合は、加齢による老化の可能性もあります。

片方のまぶただけで眼瞼下垂が起こり、これを治療する場合には注意が必要とも言われています。

それは、施術後にもう一方の目とのバランスがどのようになるかという点です。

眼瞼下垂による症状が強い場合、多くの人は眉毛を引き上げることで、まぶたの重みを軽くさせようとしています。

眼瞼下垂の施術後、まぶたが上げやすくなると、眉毛の位置は少しずつ元の位置へ下がってきます。

すると、まぶたの皮膚が下へ降りてきて、二重の幅が変化したり、腫れぼったく見えたりしてしまうなど、左右でまぶたの状態が異なってしまう場合があるという点です。

しかし、30代と若い方であれば、まぶたの皮膚にたるみが起こることは考えにくく、留意すべきは眼瞼挙筋でどの程度まぶたを上に持ち上げられるかという点になってくるでしょう。

施術前に医師と十分に話し合い、相談されることをおすすめします。

眼瞼下垂、生活習慣と目の様子を観察してみましょう

眼瞼下垂のうち、筋肉に由来するものであれば、比較的若い人でも起こることがあります。

この場合、長年ハードコンタクトレンズを使用していたり、目を強く擦る癖があったりする人では、特に注意が必要です。

花粉症に悩む人は少なくありませんが、アレルギー症状で目を擦ることが多いという人もその対象になるでしょう。

眼瞼下垂になると、いくつかの特徴的な症状があります。

まずは、額のシワが増えた、眉毛の形が変わった、眉毛の位置が高くなったなどです。

目を開けづらくなるので、眉毛を上に持ち上げて何とかまぶたを上に引き上げようとしているのです。

これに付随して、肩こりや頭痛が増えたというのも、症状として挙げられます。

また、まぶたを上げにくくなって、目を大きく開けることができなくなり、どうしても下方向ばかり見てしまうようになります。

書類や雑誌などを見るときに、正面よりも足元に置いて見てしまう、上にあるものをみることが難しくなるなどの症状も現れます。

ご自分が眼瞼下垂かどうか、チェックする方法もあります。

まず目を閉じた状態で、眉毛の下を指でかるく押さえます。

その状態のままで、目を開けてみてください。

眉毛を押さえない状態と同じように目を開け、周りが見えるようであれば、眼瞼下垂の心配は低いです。

しかし、目を開けづらい、見える範囲が狭く、特に上のものが見えにくいと感じたら、医師に相談してみることをおすすめします。

(まとめ)30代の眼瞼下垂には対処法はある?

1.30代でも眼瞼下垂になる方は少なくありません

眼瞼下垂の原因には、長くコンタクトレンズを使用していることや、目を擦ることが多いなどがあります。

眼瞼下垂に気づかなくても、眉毛とまつ毛の間が随分と離れている、頭痛や肩こりが多いという場合は、医師に相談してみましょう。

2.眼瞼下垂は、美容外科での施術で改善できます

眼瞼下垂は、30代からでも起こり得ます。

眼瞼挙筋が、瞼板から外れてしまった場合などに起こり、この場合は手術による治療が可能です。

眉毛の高さの変化や、物が見えづらくなったなど、気になることは、医療機関に相談してみましょう。

3.眼瞼下垂の施術では、注意点もあります

眼瞼下垂を治療する施術を行った後に留意することは、左右の目の形が同じようになるかという点です。

まぶただけではなく、眼瞼下垂は眉毛の位置にまで影響を及ぼしているので、施術後にまぶたや目元の印象がどのようになるか、医師と十分に話し合いましょう。

4.眼瞼下垂、生活習慣と目の様子を観察してみましょう

まぶたを強く擦る癖や、ハードコンタクトレンズを長年装着している方では、眼瞼下垂が起こる可能性が高いようです。

目を閉じた状態で眉毛の下を押えた後に目を開けた時、視野の狭さや、まぶたの上げにくさを感じるようであれば、医師に相談してみましょう。