眼瞼下垂による瞼のくぼみは整形手術で改善が期待できます


眼瞼下垂を改善したいなら、整形手術を検討してみましょう。

眼瞼下垂とは、何らかの理由により上瞼を持ち上げる力が弱く、目をきちんと開けられない状態のことです。

眼瞼下垂になると眠そうに見えてしまったり目つきが悪く見えてしまったりすることがあります。

さらに、見た目に影響を与えるだけでなく、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

放っておくと悪化してしまうこともあるので、早めにクリニックに足を運び、カウンセリングを受けてみましょう。

整形手術では眼瞼下垂の原因を調べ原因にアプローチします

眼瞼下垂は生まれつきの場合と、加齢に伴うものなど後天性のものがあります。

整形手術をするなら、眼瞼下垂の原因を突き止め、原因にアプローチする必要があります。

生まれつき眼瞼下垂の場合、両目ではなく、片目に生じることがほとんどです。

この場合、眼瞼挙筋(瞼の筋肉)の形成不全、あるいは眼瞼挙筋を動かすための神経が未発達である場合がほとんどです。

そのため、眼瞼挙筋の機能がどれくらい残っているかに従って、施術方法を検討する必要があります。

一方で、後天性の場合、加齢による瞼のたるみや瞼の筋力低下が原因のことがほとんどです。

この場合、整形手術により眼瞼挙筋を短くしたり、皮膚のたるみを取り除いたりすることで改善できます。

挙筋腱膜が外れてしまっている場合には、挙筋腱膜を元の位置に戻すことで改善できます。

このように、眼瞼下垂の原因は人によってさまざまなので、専門家に診てもらい、適切な治療を選ぶことがカギになります。

眼瞼下垂は放っておくと肩こりや頭痛の原因になります


瞼をきちんと持ち上げることができない状態が続くと、視野が狭くなるため、頭を上に傾けて物を見るようになります。

すると、肩や首に余計な負担がかかってしまい、肩こりや頭痛の原因になってしまいます。

また、眼瞼挙筋だけでは瞼が持ち上がらないので、目を開けるためにおでこの筋肉も使うようになります。

その結果、顔や頭の筋肉もこりやすく、血流が滞りやすくなってしまいます。

血流が悪くなれば肌の調子にも影響が及びます。

このように、眼瞼下垂は身体のいろいろな不調を招いてしまうのです。

眼瞼下垂で瞼にくぼみができると、それだけで眠そうに見えたり疲れて見えたりしてしまうことがありますが、さらに不調を招いてしまうのであれば、早めに対処法を検討した方が良いでしょう。

注意したいこととして、眼瞼下垂はまれに、神経の病気が原因になっていることもあります。

ある日突然瞼を持ち上げられなくなったのなら、病院で診察を受ける必要があるでしょう。

メスを使わない眼瞼下垂手術の方法もあります

眼瞼下垂の手術を検討するにあたり、心配になる要素として、大きな手術になってしまうのではないかということが挙げられるのではないでしょうか?
また、メスを使って切開することに抵抗を感じる人もいます。

眼瞼下垂の手術方法はその原因によって異なりますが、メスを使わない手術を行っているクリニックもあります。

また、メスを使うとしても、瞼の裏に小さな穴をあけ、そこから施術することがほとんどですから、術後傷跡が外から見えることはありません。

ですから、眼瞼下垂の整形手術は、そこまで大掛かりになることを心配する必要はないでしょう。

ダウンタイムも、ほとんどの場合は約1週間といわれています。

また、眼瞼下垂の手術を考えるに当たって知っておきたいこととして、ついでに、二重整形手術ができることも多いです。

その利点を活用し、眼瞼下垂の手術のついでに、二重をデザインしてみるのはいかがでしょうか?
眼瞼下垂の手術をするだけでも目が大きくなり、表情が明るくなりますが、さらに二重にすれば、よりぱっちりとした、大きな目にすることができるでしょう。

二重にするご希望があるなら、さっそくカウンセリング時に相談してみるとよいでしょう。

(まとめ)眼瞼下垂が原因の瞼のくぼみはどうやって治すの?

1.眼瞼下垂による瞼のくぼみは整形手術で改善が期待できます

瞼がくぼむ原因のひとつに、眼瞼下垂があります。

眼瞼下垂は年齢とともに悪化する傾向があるので、眼瞼下垂であるなら早めに対処法を考えましょう。

眼瞼下垂は、整形手術で改善を図れます。

2.整形手術では眼瞼下垂の原因を調べ原因にアプローチします

眼瞼下垂といっても、その原因はさまざまです。

眼瞼挙筋が弱くなっていたり伸びてしまったりしている場合、眼瞼挙筋を短くすることによって改善できます。

加齢による瞼のたるみが原因なら、たるみを除去することによって眼瞼下垂の改善を図ります。

3.眼瞼下垂は放っておくと肩こりや頭痛の原因になります

眼瞼下垂は見た目に影響を与えるだけでなく、肩こりや頭痛を引き起こしてしまったり、血流が悪化することによる肌の不調を招いてしまったりすることがあります。

早めに対処法を検討し、眼瞼下垂の改善を図りましょう。

4.メスを使わない眼瞼下垂手術の方法もあります

眼瞼下垂の手術は大掛かりなものを連想する方もいるかもしれませんが、実際は瞼の裏に小さな穴をあけ、そこから施術を行ったり、場合によってはメスを使わずに済んだりすることが多いです。

同時に二重整形が可能なこともあります。