埋没法はさまざまな一重の状態を解決しやすいです


一重まぶたの状態は、人によってさまざまです。

また、希望の二重のデザインも人によって異なります。

その点、埋没法は、二重の幅やラインを比較的希望通り自由にデザインしやすいのがメリットです。

どんな一重の人でもマッチする二重にしやすいこともあり、多くの人に選ばれていると言われています。

まずは、クリニックで医師と相談し、希望の二重のデザインに近づけることのできる施術法を決めましょう。

埋没法は希望をかなえやすい施術法と言われています

プチ整形とも呼ばれることがある埋没法は、上まぶたを医療用の糸でとめることで二重まぶたを作る手術法です。

元に戻したい場合や二重の形を変えたい場合は、糸を取り除くことで対応できます。

埋没法は、10~15分ほどの短時間で施術できることもメリットの一つです。

二重の施術を行うには、皮膚のたるみやまぶたについた脂肪、筋肉の状態を見極めてもっとも似合うデザインや適したな施術法を選ぶ必要があります。

施術前に行うまぶたの状態や目の形などカウンセリング次第で、二重の仕上がりも違ってくるでしょう。

中でも重要なのは、施術を受ける人がどのような二重の形や幅を希望しているかです。

美しい二重にするには解剖学の知識も関係し、自然にマッチしたラインや幅を決めていくことが大切です。

埋没法の施術準備として、まぶたや目の形をチェックしてから希望のラインに沿ってこれから縫い合わせる点に印をつけていきます。

この段階で、どのような二重の形になるかの目安がつき、左右対称になるかどうかもわかります。

目の形は人によって異なり、片方が一重で片方が二重の場合などさまざまな状況に応じて施術できるのが埋没法のメリットです。

片目だけを埋没法で施術することも可能ですから、片方だけ二重になっていて、それに合わせたいという方にもおすすめできます。

埋没法は一重の状態に合わせて施術内容が異なる場合があります


埋没法では、瞼板と挙筋のどちらに留めるのか、また留める糸の数が人によって異なります。

これは、患者様ごとに違ってくるまぶたの厚みや脂肪量によって決まるのです。

クリニックによっても方針や技術の違いがあったり、向き不向きもあったりしますので、どういった施術方針にするのか医師とよく相談するとよいでしょう。

瞼板をとめる数を少なくすると、手術の時間が比較的短く済むことがメリットです。

瞼板というまぶたの裏側にある部分とまぶたの皮膚を糸でとめて、二重にします。

まつげに近い、まぶたの中でも瞼板が薄い部分に結び目を作ることによって、皮膚の表面から目立たないようにできるのが特徴です。

これに対して留める場所が挙筋の場合、まぶたの裏側の挙筋という部分に糸の結び目を作ります。

糸が角膜に接触しないため、眼球を傷つける心配は少なくなるでしょう。

また、術後のツッパリ感や腫れも軽く済むと言われています。

糸を留める場所が瞼板にしても挙筋にしても、個人の希望や医師とのカウンセリングによって違ってくるでしょう。

埋没法以外にも二重の施術法はあり、埋没法と他の施術法を組み合わせることも可能です。

何が最適な選択になるかは、医師との相談から始まります。

埋没法には多数のメリットがあります

埋没法には、数々のメリットがあります。

たとえば、施術時間が10~15分ほどと短時間で済むのは、施術への不安を感じている人にとって安心感につながるでしょう。

術後、普段の生活に戻れるまでのダウンタイムが少ない点でも、ストレスを軽減できる施術法です。

自然で、ムリのない二重の目元を作りやすいというメリットもあります。

基本的に抜糸の必要はなく、元に戻したい場合や二重の形を変えたいときにはいつでも抜糸しやすい点もメリットです。

抜糸しやすい点は、二重まぶたの幅や形の変更が比較的簡単に済むことにも繋がります。

希望に添った二重のデザインに変更しやすく、二重にしたのに不満を感じるようになることもなくなるでしょう。

ただし、二重の施術法には埋没法以外にも切開法などの技術があります。

どの二重施術法を選ぶかは、個人の希望をはじめ、まぶたの状態や皮膚の厚さなども関係してくるでしょう。

皮膚の厚みが強かったり、脂肪量が多かったりする場合は切開法のほうが向いていると提案されるかもしれません。

理想の二重に仕上げるために何が最適な選択になるか、医師とよく相談してみるようにしましょう。

(まとめ)埋没法で一重の悩みを改善できる?

1.埋没法はさまざまな一重の状態を解決しやすいです

埋没法は、どんな一重の人でも比較的自由に二重のデザインをしやすいのがメリットです。

クリニックでは、希望のデザインなどを考慮しながら埋没法が最適な施術法かどうかを相談していきます。

2.埋没法は希望をかなえやすい施術法と言われています

埋没法による二重の施術は、短時間で行えるだけでなく、希望の二重の形にしやすいのがメリットです。

両目を二重にしたい場合だけでなく、片目だけの施術を受けることもできます。

3.埋没法は一重の状態に合わせて施術内容が異なる場合があります

埋没法には糸を留める場所と留める糸の数が患者様によって異なります。

それは、まぶたの皮膚の厚さや脂肪量によって違ってくるでしょう。

クリニックの方針や技術の違いもありますから、医師とよく相談することが大切です。

4.埋没法には多数のメリットがあります

埋没法には、施術時間が短い、術後の腫れが少ないなど、多数のメリットがあります。

抜糸が可能で、将来的に二重の形を変えたり、元に戻したりしやすいのもメリットです。

自然で、ムリのない二重を作りやすい施術法です。