一重でも二重でもドライアイで見た目が変わりやすいです


一重まぶたか二重まぶたかに限らず、ドライアイになるとまぶたが腫れることがあります。

まぶたにたるみが生じると目元が重たく見えるため、一重の人はよりまぶたが腫れぼったく見え、二重の人も一重まぶたのようになるのが問題です。

ドライアイによってまぶたが腫れるのが気になる場合は、医療機関で治療を受けるようにしましょう。

ドライアイでまぶたが腫れることもあります

普段人の目は、涙の分泌量を調整することによって目が乾燥しないように保護されています。

ところが、現代の生活習慣や電子機器の普及などによる影響で、ドライアイの症状を感じる人が増加傾向にあると言われているのです。

ドライアイには、単純に目が乾燥するだけでなく、目を保護しているうるおいが不足することで角膜に傷がつきやすくなるデメリットがあります。

悪化すると、角膜がはがれてしまうような事態にもなりかねません。

ドライアイによって、まぶたが腫れてしまうケースもあります。

眼球の乾きによって、連動してまぶたまで腫れやすくなってしまうことがあるのです。

慢性的にドライアイの状態が続けば、目に不快感を覚えて疲れてくるでしょう。

一時的に視力が低下したり、目がゴロゴロしたりする症状が出てくれば、日常生活にも支障が出かねません。

ドライアイの対策をするには、目を乾燥させないようにすることが一番です。

室内を適度な湿度に保つようにしたり、適度に休憩を入れたりしつつ目を休ませることも大切です。

パソコンやスマートフォンを長時間連続して使いすぎないなどの心がけも効果的で、意識して対策を行うことで改善できるでしょう。

ドライアイの原因を知りましょう


ドライアイには、いくつかの原因が考えられます。

コンタクトレンズの使用や室内の乾燥、パソコンやスマートフォンの長時間使用などが原因になることもあります。

いずれにしても、ドライアイによってまぶたのたるみが起こるリスクに注意しておきたいところです。

まぶたの裏にある結膜部分が乾いてくると、まばたきが多くなり、そのための摩擦刺激や筋肉負担が増加します。

まぶたを持ち上げる筋肉に負担がかかり続けると、眼瞼挙筋という筋肉の力が低下して眼瞼下垂というまぶたが垂れ下がった状態になりかねません。

眼瞼下垂の不自由さを補うために周囲の筋力が余計に必要になり、肩こりや視野が狭くなるなどの弊害が起こることもあります。

コンタクトレンズを長期間使用していると、眼瞼下垂のリスクが上がるとも言われているのです。

これにより一重まぶたがより重く見えたり、二重まぶたのバランスが悪くなってきたりするといった問題も起こり得ます。

一重や二重の形の悪さなどに悩んでいる場合は、ドライアイの原因を突き止めて改善することも対策の一つとなるでしょう。

適切な対応を行うことで効率よくドライアイを解消することができ、快適で見た目のよい目元を実現することもできるのです。

まぶたの腫れを解消する施術法があります

ドライアイによって起こることもあるまぶたのたるみは、見た目の問題だけでなく、視覚障害や肩こり、頭痛などを引き起こすリスクもあります。

眼瞼下垂と呼ばれるまぶたのたるみが重度の場合には、保険適用の施術を受けられる可能性も出てくるため、安心して検討しやすいでしょう。

眼瞼下垂の施術は、一重の方でも二重の方でも可能です。

まぶたの裏にある挙筋という部分を縫うことで、まぶたを引き上げる力を高めます。

まぶたのたるみから生じる問題は、一重まぶたでも二重まぶたでも共通にあります。

まぶたが正常な位置に戻ることで、見た目もスッキリして視野が広がる効果も出てくるでしょう。

眼瞼下垂が生じる原因には、まぶたの裏の筋肉が弱まっている場合もあれば、別の病気が関係していることもあります。

早期発見、早期治療をするためにも、まぶたのたるみが気になってきた場合は早めに専門の医療機関で相談したほうがよいでしょう。

また、眼瞼下垂を含めた二重の施術を受けた後には、まぶたを酷使しないように気を付けたり、摩擦による刺激やパソコン・スマートフォンの長時間使用を控えたりすることが大切です。

再びまぶたが垂れ下がってきてしまわないように、コンタクトレンズの使用法や種類も見なおすことをおすすめします。

(まとめ)一重とドライアイは関係ある?

1.一重でも二重でもドライアイで見た目が変わりやすいです

一重でも二重でも、ドライアイによってまぶたが腫れて目元がひどい一重のような状態になることがあります。

ドライアイによるまぶたの腫れは、医療機関での治療が可能です。

2.ドライアイでまぶたが腫れることもあります

ドライアイによって目の乾燥状態が続くと、合わせてまぶたが腫れてくることがあります。

このまぶたの腫れを解消するには、ドライアイの対策をするのが効果的です。

湿度やパソコンやスマホの長時間使用にも気を付けましょう。

3.ドライアイの原因を知りましょう

ドライアイの原因を突き止めて対策することで、効率よく快適で理想の目元にすることができます。

ドライアイによってまぶたのたるみが生じることもあるため、これを解消するのが美しい目元への近道です。

4.まぶたの腫れを解消する施術法があります

まぶたのたるみや腫れを解消するための施術では、一重でも二重でも見た目や視覚障害・肩こり・頭痛などの問題解消に効果的と言われています。

これに合わせて二重の施術を受けることで、スッキリした見た目で不自由のない目元になれるでしょう。

運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔