アイラインが見えない一重は二重整形で解決することが期待できます


一重まぶたの目元を強調して美しく見せるために、アイラインを引こうとする方は多いでしょう。

ところが、一重ではいかにもアイラインを塗ったという目元になってしまったり、まぶたに隠れてしまったりすることも多いのがネックです。

徹底的にメイク法を研究するのも一つの方法ですが、二重の整形施術を受けるのもアイメイクを引き立てる解決法の一つです。

二重整形で一重まぶたの構造を変えられます

二重整形の施術を行うと、アイラインが映えやすい目元にすることができます。

二重整形には埋没法や切開法などの種類がありますが、自分に合った施術法やデザインで二重にすることで、より理想的な目元になれるでしょう。

一重まぶたにアイラインが映えるようにメイク法を工夫するより、効果的です。

そもそも、一重まぶたと二重まぶたとでは構造に違いがあります。

皮膚の厚みや筋肉の働きも異なるため、一重まぶたの状態で二重まぶたのようなアイラインの見栄えにするのは困難です。

一重まぶたにアイラインを塗って美しく見せるには、一重ならではのアイラインの引き方に特化した方がよいでしょう。

二重整形の施術を行って二重まぶたにすることで、一重のときとはまったく異なったアイライン効果を得られやすくします。

また、アイラインの引き方も違ってくるため、メイクが楽になり、より顔立ちが違って見えるなどメイクの幅が広がるでしょう。

加えて一重のときには限定されていたアイラインの効果が、二重になることで幅が広がる可能性もあります。

まぶたの構造自体が変わるため、メイクでいろいろな挑戦ができ、楽しみも増えていくでしょう。

奥二重でも一重まぶたとは構造が違います


奥二重のまぶたは、一重と似たように見られることがあります。

しかし、奥二重でも二重まぶたに違いはなく、一重まぶたとは構造が異なります。

まぶたを開閉するには、まぶたの下の縁に位置する瞼板という部分が重要です。

まぶたの上から伸びた上眼瞼挙筋が収縮することによって、瞼板を引っ張ることでまぶたが開閉するのです。

上眼瞼挙筋が一ヶ所で瞼板と接しているだけの場合は、まぶたを開けても折りたたまれず二重になりません。

これが、一重まぶたになる仕組みです。

一方、二重まぶたは上眼瞼挙筋が瞼板に接しながらも、いくつかの筋肉や腱膜を貫いてまぶたの縁より上と接しているため、まぶたを開けた際に皮膚が引っ張られて折りたたまれます。

奥二重の場合は、二重のラインや幅が見えにくいのが特徴です。

原因は、二重のラインが狭く、まぶたを開けた際に皮膚が折りたたまれても二重の部分の皮膚がまつげの生え際まで覆いかぶさることにあります。

奥二重のまぶたでは、見た目が一重と似ているためにアイラインが映えにくいことがあります。

二重のラインが狭くなくても、まぶたの開き具合によって二重のラインが見えにくくなることがあり、この場合もアイラインの見栄えが悪くなるでしょう。

また、加齢によって奥二重になることもあり、きれいにアイラインの効果を出すには美容整形で整える方法があります。

アイラインが引き立つのは二重まぶたです

二重まぶたの形には、平行型・末広型・奥二重などの種類があります。

二重の形によって人に与える印象も変わるため、二重の施術を受けるときには自分の希望や見た目の印象を考慮するとよいでしょう。

平行型の二重は西洋人のような二重まぶたで、蒙古ひだがなく目頭のすぐ上から二重のラインが始まっているのが特徴です。

二重の形の中ではもっともくっきりした二重で、アイラインもムリなくきれいに映えます。

末広型の二重は日本人に多い二重まぶたで、蒙古ひだを残しながらも目頭よりやや目尻寄りの部分から二重のラインが始まっているのが特徴です。

日本人の顔立ちによく合っている二重とも言われています。

奥二重は一見一重まぶたのようにも見えますが、二重のラインがまぶたの上の皮膚に覆いかぶさっている状態です。

アイラインが隠れやすく、にじんでしまうようなこともあり、一重まぶたとアイラインの関係のような悩みをもつ人も多いでしょう。

個人差のある二重の形ですが、個人によっても微妙な形や幅の差があります。

アイラインがより映えやすいのは、くっきりした二重まぶたと言われているのです。

アイラインが格別に映える二重まぶたになるには、二重の施術で理想的なバランスに整えるのが効果的でしょう。

(まとめ)一重でアイラインがきれいに見えない解決法はある?

1.アイラインが見えない一重は二重整形で解決することが期待できます

一重まぶたにアイラインを引いても、効果を活かしきれないことが多いものです。

おかしな目元になったり、無意味なアイメイクになったりしがちです。

解決法としては、整形施術でアイラインが映える二重になる方法があります。

2.二重整形で一重まぶたの構造を変えられます

一重と二重ではまぶたの構造が異なるため、アイラインを同じように入れても効果が違ってきます。

二重のラインがハッキリすれば、アイラインが引きやすく、魅力の幅も広がるでしょう。

3.奥二重でも一重まぶたとは構造が違います

一重まぶたのように見られることがある奥二重も、構造は二重まぶたと同じです。

しかし、二重のラインの幅が狭いことから、二重が目立ちにくくなってしまいやすいのです。

これを解消するには、二重の施術で整える方法があります。

4.アイラインが引き立つのは二重まぶたです

二重まぶたの形には平行型・末広型・奥二重の3種類がありますが、よりアイラインが引き立つ形は平行型や末広型の二重と言えるでしょう。

アイラインが映える二重にしたい場合は、二重の施術を受ける方法が効果的です。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔