一重の目は二重のようにラインで区切られていないため、化粧してるように見えないことがあります


一重の目は二重の目のようにラインで区切りがあるわけではないため、のっぺりとした印象を持たれがちです。

そのためメイクをしても目の周りに区切りがなく、メイクが肌の色のように見えてしまいがちで、メイクしていても化粧してるように見えないことがあります。

とくにピンク系のアイシャドウの場合はまぶたが腫れぼったく見えてしまう傾向にあります。

ぼかしたメイクは一重の場合、肌の色のように見えてしまいがちです

一重の目は、二重のような二重ラインがないために、のっぺりとした印象になりがちです。

二重のメイクと同じメイクを一重の目にほどこすと、かえって目元ののっぺり感が強調されてしまったり、腫れぼったく見えてしまったりする可能性が高いでしょう。

一重の目には一重の目に似合うメイクをすることがポイントです。

二重の目の場合は、アイホール全体にアイシャドウを重ね、二重ラインの部分をグラデーションで濃い目のカラーを乗せるというケースが一般的です。

しかし、目元に区切りとなるラインのない一重の場合は、アイホール全体にぼかすようにアイシャドウを乗せてしまうと肌の色のように見えてしまい、化粧してるように見えないことがあります。

一重の目でもしっかりとメイク感を出したい場合は、二重の場合であればあるであろう、二重ラインの部分のみにアイシャドウを乗せましょう。

グラデーションにしたい場合は、目尻の方を濃い目に乗せます。

目頭付近はホワイトや明るめのベージュを細めのチップで乗せて、目元に明るさをプラスします。

アイライナーは細めでなるべく目のきわに引くとスッキリとした明るい目元が完成するでしょう。

二重ラインのために二重のりをすると、大きなダメージが出ることもあります


一重の目元をパッチリ目元に見せたい場合は、メイクにも特有のテクニックが必要になります。

簡単に二重にできる方法として二重のりで二重ラインを作る方も少なくありません。

二重のりはセルフケアで二重ラインが作れる手軽さがありますが、大きなデメリットがあるのをご存じでしょうか。

二重のりは専用の糊を使ってまぶたの皮膚を引っ張ることで、二重ラインを作ります。

そのため、まぶたの皮が引っ張られて伸びてしまい、ますます腫れぼったいまぶたになる可能性があります。

一度伸びてしまったまぶたの皮膚は、ケアをしても完全に元に戻ることはありません。

まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートなので、アイプチの糊がダメージを与えてしまい、荒れてガサガサになってしまったり、ごわつきや、皮膚が分厚くなってしまったりすることもあります。

これらも伸びた皮膚と同じく、ケアをしても完全に戻ることはなく、よりまぶたが腫れぼったく分厚くなり、パッチリとした目元とはかけ離れたものになってしまうことも考えられるのです。

埋没法でパッチリ二重を手に入れることができるでしょう

パッチリとした二重に憧れる一重の方は多いと言われています。

一重の方が二重ラインを作るときは、まぶたの状態に合わせた施術法を選ぶことが基本ですが、中でも手軽にできるものが埋没法です。

埋没法は、二重整形の施術では施術時間が短く、かつダウンタイムの症状も比較的少なく、ダウンタイムの期間も短いことで手軽に行うことができるでしょう。

メスを使って切開することがなく、医療用の特殊な糸を使って、まぶたの裏側から皮膚を縫い止めて二重ラインを作ります。

二重整形の施術で二重ラインができると、ノーメイクのときでも顔に自信がでるようになったという方も少なくありません。

一重のときよりも化粧にかかる時間も短時間になり、時間を有効活用することができます。

メイクのバリエーションも増えるため、化粧そのものの楽しみがアップすることでしょう。

化粧しても化粧しているように見えないと悩んでいる方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、まぶたの皮膚の状態や皮膚の量などによっては、埋没法が不向きな場合もあります。

二重整形を検討している方は、自分のまぶたにあった施術法はどれか、専門クリニックで相談することをおすすめします。

(まとめ)一重の目が化粧してるように見えないのはなぜ?

1.一重の目は二重のようにラインで区切られていないため、化粧してるように見えないことがあります

一重の目は二重のようなラインのある目とは異なり、まぶたに区切りがなく、メイクをしても化粧が肌の色のように見え、化粧してるように見えないことがよくあります。

メイクの色によってはまぶたが腫れているように見えてしまうこともあります。

2.ぼかしたメイクは一重の場合、肌の色のように見えてしまいがちです

二重のメイクを一重にするとまぶたが、のっぺりしたり、腫れぼったく見えてしまったりしがちです。

一重の場合は、アイホール全体にアイシャドウを乗せると肌の色に見えてしまいがちなので、二重ラインがあるかのように意識してカラーを重ねることがポイントです。

3.二重ラインのために二重のりをすると、大きなダメージが出ることもあります

二重のりを使用すると、まぶたの皮膚が引っ張られて伸びてしまったり、二重のりの糊が与えるダメージでまぶたの皮膚が荒れてごわついたり、分厚くなってしまうことがあります。

ダメージを受けたまぶたはケアをしても完全に元に戻ることはありません。

4.埋没法でパッチリ二重を手に入れることができるでしょう

二重整形施術で二重ラインを手に入れると、化粧にかかる時間が短くなるだけでなく、メイクの幅が広がり化粧そのものが楽しくなるというケースが多くあります。

二重整形の施術法は複数あるため、自分に合ったものがどれか、クリニックで相談してみましょう。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔