寝起きで一重になる二重は体のむくみが原因です


普段二重にもかかわらず、寝起きに一重になるというタイプの人は、体の内側に水分を溜めやすい体質なのかもしれません。

血流が悪く、体の外へうまく水分が排出されていない場合、溜まった水分によって顔全体がむくんでしまいます。

目元は水分が溜まりやすく、まぶたが腫れぼったくなり二重ラインがうまく折り畳まれないことで一重になります。

体の内側に水分が溜まると、二重の人でも一重になることがあります

普段二重の人が朝起きたときに、自分が一重になっていてビックリしたということは珍しい話ではありません。

寝ている間は、長時間同じ姿勢を取るため、体の血流が悪くなりがちです。

普段、肩こりがひどいという方や強いストレスを感じているという方はとくに血液の流れが悪いことが多いでしょう。

体の中の余分な水分は、血液の流れに乗って体の外へと排出されますが、血流が悪くなると余分な水分の排出がうまくいかず、体の中に水分が溜まりがちになります。

そのような場合は、寝起きに顔が水分でむくんでいることも少なくありませんが、とりわけ目の周り、とくにまぶたは非常に皮膚が薄いため、むくみが強く出る傾向にあるのです。

水分でむくんだまぶたは、普段二重ラインで折り畳まれるはずの場所もむくみでうまく内側へ折り畳まれず、一重になってしまうことがあります。

寝起きに一重になっているだけでなく、泣いたあとにまぶたが腫れぼったくなり一重のようになるのも同じ原理だと言えるのです。

寝起きの一重は体質的な部分が大きな原因ですが、二重整形術ではある程度その症状を軽減することができるでしょう。

二重整形術で寝起きに一重になりがちな二重もある程度改善を期待できます


前述したように、二重まぶたでも寝起きに一重になってしまうようなタイプの方は、血流が悪く、余分な水分がうまく排出されていないケースが多くあります。

寝起きに一重になるタイプの方は、血流が滞っているという体質的な問題が考えられますが、二重整形の施術を受けることにより、ある程度症状の出方を改善することができるでしょう。

一口に二重整形と言っても、さまざまなタイプの施術法があり、専門クリニックでは1人1人のまぶたの状態にあった施術法を選び対応しています。

施術法の中でも、切開法という施術法でしっかりとした二重ラインを作ることがおすすめです。

顔やまぶたのむくみは体質的な問題のため、まったくむくまなくなるというわけではありませんが、切開法ではむくんでも二重のラインがしっかり折り畳まれるような二重を作ることが可能だと言えるでしょう。

しっかりとした二重ラインを作ることで、起きがけにむくみが取れるまでメイクができない、むくみが取れるまで外出できないというようなことがなくなることが期待できます。

朝の目元のむくみには、セルフケアでのマッサージも効果的です

寝起きで腫れぼったくなってしまう目元を改善したいと感じる方もいるでしょう。

目元の血液の流れを良くすることで症状が改善されやすくなります。

目元をスッキリさせたいときは、セルフケアでマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

始めに目頭を手の親指と人差し指で軽く押すようにつまんで、そのまま5秒間キープします。

次に、両手の指をまゆ毛のラインに押し当てるようにして、5~10秒程度刺激します。

また、前髪の髪の生え際を両手の指を使って指圧することもおすすめです。

まぶたのセルフマッサージというと、まぶたを撫でるようなマッサージもありますが、まぶたの皮膚は非常にデリケートなため、摩擦でダメージを受けてしまうこともあります。

まぶたの皮膚がダメージを受けると、皮膚が伸びてしまったり、厚みが増してますます腫れぼったくなってしまったりする可能性もあるため注意が必要です。

まぶたのむくみの解消には、指先を使った指圧法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

このとき、優しく丁寧に行うことがポイントです。

少しでもはやくまぶたのむくみが取れるように、寝起きに目の周りを優しく指圧してみましょう。

(まとめ)二重でも寝起きで一重になるのは何が原因?

1.寝起きで一重になる二重は体のむくみが原因です

体の外へ排出されなかった水分が体に溜まると、顔全体がむくみ、まぶたも腫れぼったくなります。

普段二重の人でもまぶたがむくんで二重ラインがうまく折り畳まれずに、一重になってしまうことがあるのです。

2.体の内側に水分が溜まると、二重の人でも一重になることがあります

寝ているときは長時間同じ姿勢を取ることが多いため、血流が滞り水分の排出がうまく行かないことがあります。

体の内側に余分な水分が溜まるとまぶたが腫れぼったくなり、二重ラインがうまく折り畳めないことにつながるのです。

3.二重整形術で寝起きに一重になりがちな二重もある程度改善を期待できます

二重整形術の中でも、切開法を使ってしっかりとした二重ラインを作ることで、むくんでも折り畳まれる二重ラインを作ることが期待できます。

起きがけにむくみが取れるまでメイクができないと悩んでいる方は、切開法を検討してみてはいかがでしょうか。

4.朝の目元のむくみには、セルフケアでのマッサージも効果的です

朝の元のむくみには、まぶたの血流が良くなるように、手の指で目元を指圧してみましょう。

セルフケアでマッサージする場合は、強くこするとまぶたがダメージを受けてより腫れぼったくなることもあるため注意しましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔