一重まぶたにうっすらと線がある場合は埋没法でパッチリ二重にすることができると言われています


一重まぶたの人でも、二重ラインのような線がある場合があります。

うっすらと線があるのはパッチリ二重のようにしっかりとしたラインではないため、疲れて顔がむくんでいたり、泣いたあとなどは一重になってしまったりすることも多いでしょう。

一重まぶたでも線があるタイプの方は多くの場合、切開を必要としない埋没法という二重整形の施術を受けることでパッチリとした二重にすることが期待できます。

上眼瞼挙筋の付き方が二重ラインの決め手になります

まぶたを開けるときに大きな影響を与えるとされているのが、上まぶたにある「上眼瞼挙筋」という筋肉です。

この筋肉は一重の人にも二重の人にもありますが、上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚に繋がっているかどうかによって一重になるか、二重になるかが決まります。

上眼瞼挙筋は先端の方で枝分かれをすることがあり、その分かれた先がまぶたの皮膚に繋がっている場合、目を開けるときにその部分が内側へ引っ張られ、皮膚が折り畳まれて二重のラインが形成されます。

一重まぶたにうっすらと線がある場合の人は、二重の人と同じように上眼瞼挙筋が先端で枝分かれをして皮膚の部分にまで到達しているにも関わらず、まぶたを引き上げる力が弱く、皮膚が深く折り畳まれていない可能性があるのです。

ほかにも、まぶたの脂肪が多い場合やまぶたの皮膚に厚みがある場合にも、皮膚が折り畳まれにくくなり、二重ラインがハッキリと出ないということもあります。

上眼瞼挙筋が先端で枝分かれをし、その先がまぶたの皮膚に到達している場合でも、その到達している部分が、まつげの生え際に近い場合は二重ラインの幅が非常に細くなり、いわゆる「奥二重」と呼ばれる状態になるのです。

うっすらと二重の線がある場合、加齢などの理由で線が濃くなることがあります


一重まぶたの人でも、うっすらと二重のラインがある場合もあります。

前述したように上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚に到達してはいるものの、内側へ引き込まれる力が弱い場合、二重ラインがうっすらしか出ないことが多いでしょう。

ほかにもまぶたの皮膚に厚みがある場合や、まぶたに脂肪が多い場合も、皮膚が折り畳まれづらくなり、しっかりとした二重のラインが出にくいことがあります。

一重まぶたの人でもうっすらと線がある場合、加齢により肌の弾力やハリが失われてくると、内側へ皮膚が折り畳まれやすくなるため、年を重ねると二重ラインが濃くなったということもあるでしょう。

ほかにも、スポーツやダイエットなどで痩せてむくみが取れた場合にも、二重ラインが濃く出やすい特徴があるのです。

このように、うっすらと線がある程度の二重ラインであれば、線がわかりにくくなり一重になることもあるでしょう。

その理由として脂肪量の増加や、水分排出がうまくいかずに顔がむくんでしまった場合、まぶたがダメージを受けて皮膚が厚くなったケースなどが挙げられます。

うっすらある線をしっかりした二重ラインにしたいときは埋没法がおすすめです

うっすらと線があるタイプのまぶたの人は、少し手を加えるだけでしっかりとした二重に変えることができます。

すでにうっすらと二重の線がある場合は、その線を活かした埋没法という施術がおすすめです。

埋没法は、切開をせずに、まぶたの裏側から皮膚を縫い止めて二重を作るという施術です。

施術にかかる時間や、ダウンタイムの期間が切開法に比べて短く、ダウンタイムに出る症状も切開法のときよりも強くないことが多いでしょう。

埋没法はメスを使わずに、比較的手軽にチャレンジしやすいとして、二重整形術の中でも人気があります。

とはいえ、まぶたの状態は千差万別です。

まぶたの皮膚の量、脂肪の量、まぶたの皮膚の厚みや目の形などを考慮して医師と最適な方法を選ぶことが大切です。

うっすらと線があるまぶたの人は、本人の体調がまぶたに影響することも多く、日によって線がわかりにくくなることがあります。

二重整形でしっかりとした線になるようにしてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)一重まぶたに線がある人がパッチリ二重にする方法は?

1.一重まぶたにうっすらと線がある場合は埋没法でパッチリ二重にすることができると言われています

一重まぶたの人でも、うっすらと二重ラインのような線がある場合は、切開を必要としない埋没法という二重整形の施術を受けることでパッチリとした二重にすることができるでしょう。

2.上眼瞼挙筋の付き方が二重ラインの決め手になります

まぶたの内側にある上眼瞼挙筋は、先端で枝分かれをしていることがあり、どの部分に到達しているかによって、まぶたの形が変わります。

まぶたの皮膚に到達している場合、目を開けるときに皮膚が内側へ折り畳まれて二重ラインができるのです。

3.うっすらと二重の線がある場合、加齢などの理由で線が濃くなることがあります

うっすらと線があるタイプのまぶたの人は、加齢で肌の弾力が失われたり、スポーツなどでまぶたの脂肪が落ちたりすると、二重ラインがしっかりと出やすくなります。

反対に水分で顔がむくんだり、太って脂肪が付いてしまったりすると線がわかりにくくなることがあります。

4.うっすらある線をしっかりした二重ラインにしたいときは埋没法がおすすめです

うっすらと線があるまぶたの人は、その線を活かしてしっかりとした二重ラインを作る埋没法がおすすめです。

メスを使用しないため、施術時間やダウンタイムも短めなのが特徴です。

気になる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。