皮膚が薄い一重の方は二重のりでトラブルが生じる可能性が高くなります


皮膚の厚みは人それぞれに異なりますが、一重で皮膚が薄い場合、二重のりを使用するとダメージが出やすくなります。

まぶたの皮膚は体の中でももっとも薄い部分で非常にデリケートです。

皮膚が薄い方はとくに、二重のりの着脱でかぶれやただれを起こしやすく、二重のりで引っ張られることによって皮膚が伸びやすい傾向にあり、使用の際には注意が必要です。

まぶたの皮膚が薄い方は二重のりでのトラブルが出やすいため注意しましょう

二重のりを使用することで起こるさまざまな目元のトラブルをご存じでしょうか。

二重のりは糊で皮膚を貼り止めて二重のようなラインを作るため、糊の成分でアレルギー反応を起こしてしまう方がいます。

アレルギーまではいかずとも、糊の着脱で皮膚がただれたりかぶれたりするというケースも珍しくありません。

傷ついた皮膚から雑菌が入り赤く炎症を起こしてしまうこともあるでしょう。

まぶたの皮膚の厚みは人それぞれですが、中でも皮膚が薄い一重の方が二重のりを使用する際には、トラブルを起こしやすいため、注意が必要です。

まぶたの皮膚は体の中でも、もっとも厚みが薄い部分です。

長時間二重のりを使用することにより、皮膚が引っ張られ伸びてしまうこともあります。

伸びたまぶたの皮膚はたるんで目元が腫れぼったくなり、より一重の状態が強くなるのです。

ひどい場合には、眼瞼下垂という病気につながる可能性もあります。

皮膚が薄い一重の方は、二重のりの使用は極力短い時間で二重幅の確認程度にとどめておきましょう。

皮膚が薄い一重の方は埋没法がおすすめです


皮膚が薄い方はダメージが出やすいため、二重のりの使用はあまりおすすめができません。

皮膚が薄い一重の方がパッチリとした二重になりたい場合は、二重整形の施術を検討してみてはいかがでしょうか。

二重整形と言ってもさまざまな施術法があり、中でも皮膚が薄い方の場合は、比較的手軽に行いやすい「埋没法」という方法がおすすめです。

メスを使ってまぶたを切開することがなく、まぶたの裏側から医療用の特殊な糸で皮膚を縫い止めて二重ラインを作るというもので、施術時間もわずか5~10分程度で済みます。

ダウンタイムに出る症状やダウンタイムにかかる時間も、他の施術法よりも軽く短いのが特徴です。

埋没法は手軽にチャレンジしやすい二重整形として比較的人気がありますが、皮膚の厚みが厚い方や、まぶたの脂肪が多い方には不向きと言われています
皮膚が薄く、二重に憧れがある方であれば、検討してみてはいかがでしょうか。

二重整形の施術では、二重ラインを作る以外にも目頭を切開したり目元のたるみを除去したりするなどさまざまな悩みを解消することが期待できます。

目元に悩みがある場合は、無料相談でカウンセリングを受けてみてもよいでしょう。

まぶたに厚みがある場合でも理想的な二重にする施術法があります

まぶたに厚みがある方が二重のりを使用してもキレイな二重になりにくいということがあると言います。

まぶたに厚みがある場合は、まぶたの皮膚が折り畳まれにくいため、二重のラインが皮膚の薄い方に比べると作りづらい傾向にあります。

まぶたに厚みがある一重の方でも、パッチリ二重にしたいという場合、二重整形の切開法という施術がおすすめです。

まぶたの厚みの理由や度合いによって切開する量や場所が異なりますが、いずれの場合も、二重ラインを作ることと同時に、まぶたの厚みの原因を除去することが可能と言われています。

また、目の形やまぶたの状態は、人によってさまざまに異なります。

施術を受ける方の希望する二重の形も異なり、どのような施術法が一番適しているのかを見極めることが非常に重要です。

二重整形の施術を検討している方は、高い技術力や実績、施術を受ける方の希望をくみ取るカウンセリング、理想的な目元をつくるデザイン力など総合的な能力に長けたクリニックを探しましょう。

二重整形の専門クリニックでは無料相談を行っているところも多くあり、クリニックの雰囲気を知るにはよい機会となります。

無料相談を積極的に活用して、信頼できるクリニックを探すことをおすすめします。”

(まとめ)皮膚が薄い一重でも二重のりを使って大丈夫?

1.皮膚が薄い一重の方は二重のりでトラブルが生じる可能性が高くなります

まぶたの皮膚は薄くてデリケートなものですが、中でも皮膚が薄い一重の方が二重のりを使う場合には、ただれやかぶれ、皮膚の伸びなどを起こしやすいため、使用の際には注意が必要です。

2.まぶたの皮膚が薄い方は二重のりでのトラブルが出やすいため注意しましょう

アイプチの使用は、アレルギーの原因やまぶたの皮膚のかぶれやただれを起こす原因になることがあります。

とくに皮膚の薄い一重の方は症状が出る可能性が高いため、使用は極力短時間で二重幅の確認程度にしておくことをおすすめします。

3.皮膚が薄い一重の方は埋没法がおすすめです

二重整形にはさまざまな施術法がありますが、まぶたの皮膚が薄い一重の場合は、切開不要で二重ラインが手に入る埋没法がおすすめです。

埋没法は施術時間やダウンタイムも短く、二重整形の施術の中でも比較的人気が高い施術法となっています。

4.まぶたに厚みがある場合でも理想的な二重にする施術法があります

まぶたに厚みがある一重の場合は、切開法という施術で厚みの原因を除去しながら、二重のラインを作る方法がおすすめです。

目の形やまぶたの状態は人それぞれに異なるため、理想的な目元を手に入れるには、自分の目に合う施術法を受けることが大切です。