まぶたのたるみ解消術のうち、眼瞼下垂症については保険が適用されます


保険が適用されるか否かは、日常生活に支障をきたしている状態であるか否かということが基準になります。

まぶたのたるみを解消するための施術においては、眼瞼下垂症であるか否かによって自由診療か保険適用かが決まることになります。

眼瞼下垂症は重度になると視野が狭まるだけでなく、肩こり、頭痛といった症状も出てしまい、日常生活にも支障をきたすため、保険が適用されます。

公的医療保険制度をご利用の場合には、自己負担額は治療費の3割です。

眼瞼下垂の治療は保険が適用されますが、他の施術では適用されません

まぶたのたるみを解消する施術として考えられるのは、眼瞼下垂と眉下切開法、マイクロリポサクション法です。

これらのうち、眼瞼下垂については保険が適用されるケースもありますが、眉下切開法とマイクロリポサクション法については保険が適用されません。

それではなぜ眼瞼下垂だけは保険適用での治療となるのでしょうか。

まずは眼瞼下垂の症状と原因、そしてどのような施術によって治すことができるのかについて見ていきましょう。

眼瞼下垂の原因

まぶたを動かす眼瞼挙筋という筋肉があり、この筋肉が何らかの原因によって伸びてしまい、まぶたがたるんでしまっている状態を眼瞼下垂といいます。

眼瞼下垂の原因として考えられるのは、老化や外傷です。

老化によって筋力が衰えてしまうと、眼瞼挙筋が伸びた状態になり、それに伴いまぶたがたるみむケースがあります。

また、外部から強い衝撃が与えられることによって眼瞼挙筋が伸びてしまうことがあり、こちらも眼瞼下垂の原因になります。

まぶたにケガを負ってしまっても、眼瞼下垂になることがあります。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の状態が続いていると、まぶたのたるみによって視野が狭まり、ものが見づらくなります。

また重度になると眼精疲労へと繋がり、視力の低下や肩こり、頭痛といった症状が現れることもあります。

次に保険が適用されるかどうかという点について見ていきましょう。

保険が適用されるか否かは、日常生活に支障をきたす症状が現れているかどうかによって決まります。

眼瞼下垂の症状は視野狭窄に伴う視力の低下、肩こり、頭痛といったもので、日常生活に支障をきたすため治療に保険が適用されるわけです。

眉下切開法やマイクロリポサクション法によって解消できるまぶたのたるみには、視力の低下や肩こり、頭痛といった症状は現れにくいです。

そのため、眉下切開法とマイクロリポサクション法については保険が適用されず、眼瞼下垂については保険が適用されるという違いが発生します。

眼瞼下垂はセルフチェックすることも可能です


眼瞼下垂の人は眼瞼挙筋の力のみでまぶたを開けられず、おでこの筋力を使ってまぶたを開けるという特徴があります。

したがって、次のようなセルフチェックが有効です。

  1. 正面を向き、軽く目を閉じる
  2. 眉が動かないように指で強めに押さえる
  3. その状態のまま目を開ける

このセルフチェックによって、眼瞼挙筋の力でまぶたを持ち上げられるかどうかが分かります。

目が開けにくい場合や、眉を押さえた指がどうしても上に動いてしまうという場合には、眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼挙筋が動きにくい人は、その代わりにおでこの筋肉を使ってまぶたを開けようとするため、このようなセルフチェックが有効となります。

眼瞼下垂の人の見た目には、瞳孔にまぶたがかかっていて、常に眠たそうな目をしているという特徴があります。

こういった特徴の人は目まぶた下垂の可能性がありますので、セルフチェックへと移ってみると良いでしょう。

もしもチェックにて目まぶた下垂の疑いが強まった際には、クリニックにて診てもらうと良いです。

たるみ解消の施術は、原因に対し適切な方法が採られます

まぶたのたるみの原因は眼瞼下垂だけではなく、老化によって皮膚が伸びてしまっていることや、まぶたに脂肪が溜まっていることによっても引き起こされます。

眉下切開法は、眉のすぐ下の皮膚を少しだけ切り取ることで、たるんでしまったまぶたをリフトアップさせるという施術で、皮膚の伸びが原因である場合に適した施術法です。

マイクロリポサクション法は、まぶたを少し切り、そこから脂肪を吸引するという施術で、まぶたに脂肪が溜まっていることがたるみの原因である場合に適しています。

これらの施術が適しているのか、それとも眼瞼下垂の治療が適しているのかは、保険が適用されるか否かに関わりますが、基本的にはクリニックの医師が責任を持って適切な方法を提案するという形になります。

施術に保険が適用されるかどうか、お困りの際にはまずクリニックに相談してみると良いです。

(まとめ)まぶたのたるみを解消する施術は保険適用ですか?

1.まぶたのたるみ解消術のうち、眼瞼下垂症については保険が適用されます

まぶたのたるみを解消する施術のうち、眼瞼下垂症の治療については日常生活に支障をきたすため、保険が適用されることになります。

公的医療保険制度を利用した場合の自己負担額は治療費の3割です。

2.眼瞼下垂の治療は保険が適用されますが、他の施術では適用されません

保険適用か否かは、日常生活に支障をきたすか否かによって決まります。

眼瞼下垂は重度になると視野狭窄や肩こり、頭痛といった症状が現れるため、保険が適用されることになります。

3.眼瞼下垂はセルフチェックすることも可能です

目まぶた下垂はセルフチェックによって確かめることもできます。

まぶたの動きに違和感がある人や常に眠たそうな目をしている人は、まずはチェックしてみてください。

眼瞼下垂の疑いが強まった際にはクリニックに相談してみてもよいでしょう。

4.たるみ解消の施術は、原因に対し適切な方法が採られます

まぶたのたるみを解消する施術のうち、どの施術が適切かという問題は、保険が適用されるか否かに関わります。

たるみにお悩みの際には、まずは医師の意見を聞くためにもクリニックに相談してみるとよいでしょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔