老化によるまぶたのたるみは二重整形で改善を期待できます


老化現象の一つに、まぶたのたるみがあります。

まぶたのたるみは、二重整形で改善を図ることができます。

目元がたるんでくると、一気に老け顔になってしまうことがあります。

そのため、目元のたるみを何とかしたい、と考えておられる方は多いのではないでしょうか。

二重整形でまぶたのたるみの改善を図れば、若々しく見えるようになるだけでなく、理想の二重までも手に入る見込みがあります。

まぶたのたるみに特化した二重整形手術があります

まぶたのたるみを改善するための二重整形手術は、まぶたの皮膚を切り取って縫い合わせることにより、まぶたにハリを戻すことを目的とした手術です。

縫い合わせたところに二重ラインを作ることができるので、二重まぶたにあこがれていた方は、まぶたのたるみ改善と同時に二重まぶたを手に入れることができるでしょう。

もともと二重の方も、こちらの整形手術を受けることで、ぱっちりとした二重まぶたに改善できる可能性が高いです。

生まれつき二重まぶたであっても、老化でまぶたにたるみが出てしまうと、二重ラインが狭くなってしまったり皮膚が被さって一重のように見えてしまったりすることがあります。

たるみに特化した二重整形手術を受ければ、こうした悩みの改善が期待できるでしょう。

メスを入れる整形手術というと、傷口が目立たないかなど仕上がりが気になる方は多いのではないでしょうか。

この点、まぶたの皮膚は薄い分、傷口がきれいに治りやすいといわれています。

そのため、満足度の高い若返り術といわれています。

一重のままという選択肢もあります


中には、まぶたのたるみは改善したいが、もともとの一重はいじりたくない、という方もおられるでしょう。

そのような場合、一重まぶたのままで、まぶたのたるみを切り取る施術方法があります。

これは、まつ毛ぎりぎりの部分の皮膚を切り取り、二重ラインを作らずにそのまま縫い合わせるというものです。

こちらの施術方法は、整形をしたことを周囲にばれたくない方、もともとの目の形を変えたくない方におすすめです。

もう一つ、目の形を変えることなくたるみを除去する施術方法があります。

それは、眉下ぎりぎりの部分を切開し、少し皮膚を切り取って縫い合わせるというものです。

これら二種類の施術方法は、どちらも、もともとの目の形を変えることなく、まぶたのたるみのみを除去することを目的としたものです。

違いは切り取る部分にあります。

どちらの施術が適しているかについては、まぶたのたるみみ具合や状態によるところが大きいです。

信頼できるクリニックに行き、まずはカウンセリングを受けてみるのがよいでしょう。

まぶたのたるみは肩こりの原因になることもあります

老化によりまぶたがたるんでくると、見た目年齢が上がってしまうだけでなく体にも支障をきたすことがあります。

まぶたのたるみにより視界が狭くなると、目を大きく見開こうとして知らず知らずのうちにまぶた周辺の筋肉に力が入り、こわばってしまうのです。

特に、額や頭部の筋肉がこわばりやすく、筋肉がこわばると血流が悪くなるため、肩こりや頭痛を引き起こす原因になり得ます。

また、無理をしてまぶたを引き上げようとするため、額にしわが寄りやすくなることもあるでしょう。

さらに、まぶたを持ち上げるのに使われるミュラー筋は交感神経と深い関わりがあり、まぶたを無理に引き上げていると、ミュラー筋をさらに収縮させようとして交感神経がたかぶるようになります。

その結果、体を支えている起立筋が緊張しやすくなり、これもまた肩こりや頭痛といった体調不良の原因となり得ます。

このように、まぶたのたるみは体調にも影響を与えかねないため、老化現象だから、とあきらめず、改善を行う価値があるといえそうです。

まぶたのたるみを解消するにあたり、二重まぶたに直してもいいですし、まぶたをいじりたくないという方はそのままで、たるみだけ改善することもできるでしょう。

(まとめ)老化によるまぶたのたるみの解決方法とは?

1.老化によるまぶたのたるみは二重整形で改善を期待できます

老化現象でまぶたがたるんでしまうことがあります。

二重整形でまぶたのたるみ改善を図れば、目元が若々しくなるだけでなく、あこがれの二重ラインがつくれる可能性が高いです。

2.まぶたのたるみに特化した二重整形手術があります

二重整形によるたるみ改善は、二重まぶたにしたい方におすすめです。

また、もともと二重でも、老化によってまぶたがたるむと、まぶたの幅が狭くなりがちです。

二重整形でたるみを取り除けば、ぱっちりとした二重に戻せる可能性が高いです。

3.一重のままという選択肢もあります

もともとの目の形を変えずに、まぶたのたるみだけを改善したいなら、まぶたのたるみ取りに特化した施術方法があります。

ひとつはまつ毛に近い部分を切除して縫い合わせるもの、もうひとつはまゆ毛の下の生え際ぎりぎりを切除して縫い合わせるものです。

4.まぶたのたるみは肩こりの原因になることもあります

まぶたのたるみは体調不良の原因になり得ます。

たるみのせいで目を開けるのに額や頭部の筋肉を使うようになると、首や肩がこりやすくなり、頭痛の原因になることがあります。

自律神経に影響を与えてしまう可能性もあり得ます。