瞼のたるみはマッサージで一時的に改善が期待できる場合があります


瞼のたるみはマッサージで瞼のたるみが一時的に改善できる場合があります。

なぜなら、マッサージなどで溜まっている老廃物を流すことによって代謝が改善されることが、むくみや瞼のたるみの改善につながるためです。

むくみの改善が期待できるマッサージは継続的に行う必要があり、またマッサージのやり方によっては肌にダメージを与えることになるので気をつけましょう。

瞼のたるみの原因には加齢や紫外線などがあります

気がついたら瞼のハリがなくなって瞼にたるみが生じていたというときには、加齢などが原因かもしれません。

厳密には、加齢によって肌の弾力が減少したことによる肌のたるみや、瞼を持ち上げる筋肉の衰え、まぶたのむくみなどが原因に考えられます。

また、瞼の皮膚は薄いため、紫外線や摩擦などによるダメージを受けやすい場所です。

日々の紫外線や、メイク、コンタクトレンズの着脱時などにまぶたがダメージを受けると、徐々に肌の弾力がなくなってしまい、だんだんと瞼がたるむようになります。

その結果、瞼が目に被るようになる場合があるとされているのです
普段から目をこするくせがある方は、瞼のたるみが生じる可能性が高くなるので気をつけたほうがいいでしょう。

さらに、日常生活でスマートフォンなどの画面を長時間見続けていることなどから、目の周りの筋肉が衰えてきた場合にも瞼にたるみが生じます。

現代ではパソコンやスマートフォンを長時間扱うという方も多く、表情筋をあまり使わないような日が続くことで瞼を持ち上げる眼輪筋が衰えてしまうことがあります。

上の瞼を持ち上げる筋肉が衰えると瞼のたるみが生じて、目をしっかりと開けることが難しくなる場合もあります。

自分で行うマッサージには注意が必要です


瞼のたるみが気になるときには、リンパマッサージやツボマッサージなどで改善が期待できる場合もあります。

ただし目の周りの肌は薄いため、このようなマッサージで強い刺激を与えると、よけいにたるみが生じる可能性があるとされており、注意が必要です。

瞼のたるみの原因が、代謝の低下によるむくみだった場合には、血液やリンパの流れを改善するためのリンパマッサージやツボマッサージを定期的に続けると良いとされています。

マッサージによって血行やリンパを改善し代謝を上げることで、瞼のたるみだけでなく顔全体のむくみの改善が期待できるでしょう。

しかし、むくみとは関係なく瞼の肌のハリが衰えていた場合や、瞼を持ち上げる筋肉に問題がある場合には、マッサージでむくみをとるだけでは改善することが難しいとされています。

このようなケースの場合は、専門のクリニックによる外科的な施術が適しているといえます。

瞼のたるみをとる施術には眉の下を切る眉下切開法や、たるみ取りを併用した全切開法による二重整形などがあります。

眉下切開法は目の形を変えずに瞼のたるみだけを除去するための施術なので、周りにバレないように施術を行いたいという方におすすめです。

たるみ取りを併用した全切開法はたるみの原因となる余剰皮膚を除去して、二重まぶたのラインをつけることができる施術です。

瞼のたるみが原因で体調不良が生じる場合もあります

加齢や瞼の筋肉の衰えなどにより瞼のたるみが生じると、目に被っている瞼のために顔が老けて見えたり不機嫌そうに見えたりするなど周りからの印象が気になることがあります。

さらに瞼のたるみが進み黒目に瞼がかかるようになってしまうと、視野がせまくなるなどといった問題も生じてしまうでしょう。

目を開けても黒目にまで大きく瞼がかかっている状態では、視界のせまさから目を開けようと無意識に目の周りやおでこの筋肉に力が入ってしまいます。

そのため筋肉がいつも緊張状態で眼精疲労になりやすくなり、頭痛や肩こり、手足のしびれなどが生じる場合があります。

このように瞼のたるみが原因でさまざまな体調不良が生じている状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。

眼瞼下垂は症状が悪化すると自律神経失調症や睡眠障害などになる場合もあります。

この眼瞼下垂の改善するための施術には保険が適用される場合もありますが、保険が適用される施術では美容面で希望通りの二重まぶたになるように行ってもらうことができません。

そのため、施術後に左右の目のバランスが違うなど不満を感じることもある可能性も考えられるでしょう。

眼瞼下垂が心配なときには、自然な目元になるために安心してまかせられる病院を選ぶことをおすすめします。

(まとめ)瞼のたるみはマッサージで治せる?

1.瞼のたるみはマッサージで一時的に改善が期待できる場合があります

瞼のたるみはマッサージで一時的に改善できる場合があります。

むくみのためにたるみが生じている場合には、目の周りの代謝をよくすることでたるみの改善が期待できるのですが、マッサージは肌にダメージを与えないよう気をつける必要があります。

2.瞼のたるみの原因には加齢や紫外線などがあります

瞼のたるみは加齢によって肌の弾力が減少したときや瞼を持ち上げる筋肉が衰えたときなどに生じます。

瞼の皮膚は薄いので紫外線や摩擦などによるダメージでたるみが生じやすく、またスマホなどの画面を長く見ていることでもたるみが生じやすいといえます。

3.自分で行うマッサージには注意が必要です

瞼のたるみの原因がむくみの場合には、リンパマッサージなどでたるみが改善されることもありますが、目の周りの肌は薄いため強い刺激を与えないよう注意する必要があります。

マッサージでの改善が難しい場合には外科的な施術での改善が期待できます。

4.瞼のたるみが原因で体調不良が生じる場合もあります

瞼のたるみが生じると、目元が老けて見えたり不機嫌そうな印象を与えたりすることもあります。

さらに目を開けても目に瞼が被っている状態は眼瞼下垂といい、頭痛や手足のしびれなどさまざまな体調不良の原因になるといえます。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔