二重まぶたはシワではなくまぶたの筋肉によって形成されたものです

二重まぶたは一般的なシワとは異なり、まぶたを持ち上げている筋肉によって作られているものです。

まぶたは表面に近いところから皮膚、皮下脂肪、眼輪筋(目の上下の筋肉)、マイボーム腺(まぶたの縁にある特殊な皮脂腺のひとつ)、瞼板(まぶたの内部にあるコラーゲン線維の芯)という構造になっています。

眼輪筋の奥にある眼瞼挙筋(まぶたを引き上げる基本となる筋肉)の収縮が、まぶたを開閉する動きとなっています。

まぶたの上部の皮膚が全体的に引っ張られることで、二重まぶたが形成されます。

二重まぶたと一重まぶたには構造の違いがあります

二重まぶたと一重まぶたの違いは、まぶたにシワのようなラインが入っているかどうかという見た目もありますが、構造上に大きな違いがあります。

その違いとはまぶたが開かれる時に、開かれ方がしっかりしているかいないかということです。

まぶたとは、顔の表面側から皮膚、皮下脂肪、眼輪筋と呼ばれる目の上下の筋肉、まぶたの縁にある皮脂腺のマイボーム腺、コラーゲン繊維の芯である瞼板という構造になって作られています。

そして、目を開けたり閉じたりする動きは、眼輪筋の奥の眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉によって行われます。

これらの構造や筋肉の違いによって、まぶたは左右されるのです。

一重まぶたの構造はまぶたの皮膚が厚かったり脂肪が多かったりすることで、目を開けた時にまぶたがすべて持ち上がらないことが原因です。

持ち上げきれなかったまぶたは目の上に被さってしまうので、二重まぶたのようなくっきりとしたラインを作ることができません。

見た目はつるんとしたシワのないまぶたになります。

一重まぶたの方で、目が小さく見えることや、眠そうに見えることを気にされる方が多いのは、まぶたをきちんと持ち上げることが難しいという仕組みによるものです。

目を開けてもまぶたの皮膚が折り込まれず、まつ毛の上に皮膚が乗ってしまうのが一重まぶたの特徴です。

対して二重まぶたの方は、まぶたを持ち上げやすい構造になっていることから、上まぶたの皮膚がきちんと折り込まれることで、くっきりとした二重ラインが作れます。

目が大きく見え華やかな印象になることから多くの方が二重まぶたに憧れを持ち、二重整形の相談にクリニックを訪れる方が後を絶ちません。

二重まぶたになるためにはまず、このようなまぶたの構造を知っておくと良いでしょう。

まぶたの脂肪が多いとシワになることがあります

まぶたを鏡で観察していると、二重まぶたのラインとは明らかに異なるシワに気がつくことがあります。

身体の他の部位と同様にまぶたにも脂肪がついていますが、この脂肪が多いとシワのように見えたり、シワになってしまったりすることがあります。

まぶたのシワを自分で完全に改善することは難しく、クリニックで余分な脂肪を取り除く施術を受けることが最も効果的です。

クリニックによってやり方はそれぞれですが、まぶたを数mm切開するだけで脂肪を除去する施術もあり、この方法であれば傷跡がわかりづらく、人に気づかれるリスクも低いのでおすすめです。

脂肪を除去する施術には施術時間が短く、効果が半永久的に続くというメリットがあります。

ダウンタイムも比較的短い傾向にあり、長くても1週間あれば症状が落ち着いてくることが多いです。

抜糸が必要になるため通院が1~2回ほど発生する可能性がありますが、その分医師との面会が増えることになるので、心配なことや不安があれば通院のタイミングで相談することができます。

シャワー程度の軽い入浴であれば施術当日から可能であり、浴槽に浸かれる目安もだいたい1週間後が目安となっています。

脂肪を除去する施術を受けることによって日常生活に負担がかかる可能性はほとんどありませんが、コンタクトレンズを使用している場合はクリニックに確認をした上で使用を再開しましょう。

まぶたがシワになる原因は加齢による乾燥肌です

まぶたがシワになってしまう原因は、主に加齢によるものだと考えられています。

年齢を重ねると肌の機能が衰えてくるため、ハリや弾力が少しずつ失われていってしまいます。

乾燥肌になりやすく、まぶたのシワが生まれやすい環境を作り出しています。

加齢や環境によって肌の水分が失われてしまうと、まぶたのシワが増えたり目立ったりすることがありますので、保湿を心がけることが大切です。

まぶたは皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい場所ですので、アンチエイジングをうたっている化粧水などをたっぷり使い、まぶたの保湿をしてみましょう。

化粧水は手のひらで人肌に温めてから使用すると肌への浸透が良いと言われています。

理想とする二重まぶたに近づくためにもスキンケアは欠かさず行い、肌の基礎力を上げていきましょう。

(まとめ)二重まぶたはまぶたにできたシワのことなの?

1.二重まぶたはシワではなくまぶたの筋肉によって形成されたものです

二重まぶたはシワのように見えますが普通のシワとは違い、まぶたを持ち上げている筋肉によって形成されているものです。

目を開けた時に上まぶたの皮膚が引っ張られることにより、二重まぶたとなります。

2.二重まぶたと一重まぶたには構造の違いがあります

二重まぶたと一重まぶたには構造に違いがあります。

一重まぶたは目を開けた時にすべてのまぶたを持ち上げることができず、厚ぼったい印象の目元になりますが、二重まぶたはすべてのまぶたを持ち上げることができるので目が大きい印象になります。

3.まぶたの脂肪が多いとシワになることがあります

まぶたの脂肪が多くなるとシワになってしまうことがあります。

まぶたのシワはセルフケアで改善することが難しいため、美容に関する施術を専門とするクリニックで脂肪を取り除く施術を受けることがおすすめです。

4.まぶたがシワになる原因は加齢による乾燥肌です

まぶたのシワを生み出している主な原因は、加齢による乾燥肌であると考えられています。

まぶたは皮脂が少なく乾燥しやすい場所なので、丁寧なスキンケアを心がけましょう。