まぶたのたるみの解消法はクリニックでの施術がおすすめです


まぶたのたるみの解消法はネット上などで数多くものが紹介されていますが、中でも効果的なものはクリニックによる施術です。

施術もさまざまな種類があり、まぶたを切開してたるみを解消する方法や、まぶたの余分な脂肪を取り除くことでまぶたをすっきりさせる方法などがあります。

クリニックのカウンセリングを受けると自分に合った施術について相談をすることができます。

まぶたのたるみの解消法として眉下を切開する施術が人気です

まぶたのたるみの解消法として人気が高いのが、眉下切開法と呼ばれる施術です。

眉下切開法とは眉下のラインぎりぎりのところを切り取って、まぶたのたるみの原因となっている余分な皮膚を取り除くという方法です。

眉下切開法はまぶたのたるみを取るだけというシンプルな施術であるため、本来の目元を自然に生かせるという理由から施術を希望する人が増えています。

生まれつきまぶたの厚みがあり悩んでいる方や、加齢などによりまぶたのたるみが気になる方に特に支持されています。

また眉下切開法には下記のようなメリットがあります。

腫れが少ない

人によって腫れの出方に違いはありますが、長くても1週間ほどで腫れは引いていきますし、中にはまったく腫れない方もいます。

内出血が見られる場合も同様に、1週間ほどで消えることが多いです。

傷跡が目立たない

眉下のラインに沿ってメスを入れるため、傷跡が目立ちにくいのが眉下切開法の特徴です。

初めは多少の赤みが出ることもありますが、人目につくような傷跡にはならないので、周囲に施術を受けたことを知られる心配もありません。

まぶたのたるみが生じる原因があります


まぶたは皮膚がとても薄くデリケートな部分であるため、特にたるみが目立ちやすい傾向があります。

まぶたのたるみの原因として最も多いとされているのが、加齢によるものとされており、上まぶたにある皮膚が垂れて下がってしまうことがたるみにつながるのです。

年齢を重ねるとまぶたのハリは徐々に失われていきます。

まぶたの周囲の筋肉を眼輪筋と言いますが、この眼輪筋が加齢によってゆるむことで、まぶたのたるみの原因となってしまいます。

パソコンやスマートフォンの使い過ぎも、まぶたのたるみを生み出す原因として考えられています。

眼輪筋などの目の周りの筋肉は使われなくなることで徐々に衰えてきます。

モニター画面を長時間見続ける習慣がある場合、眼輪筋などの筋肉は動きが少ないので凝り固まっていき、まぶたのたるみの原因となることがあります。

他にも毎日のメイクがまぶたへの刺激となり、たるみに繋がることがありますので注意が必要です。

自分でできるまぶたのたるみの解消法も取り入れましょう

まぶたのたるみの解消法としてベストなのはクリニックの施術を受けることですが、自宅でもできるセルフケアも取り入れることで、まぶたのたるみを少しでも解消する工夫をしてみましょう。

最も簡単な方法はツボ押しマッサージです。

まぶたのたるみに効果があるとされるおすすめのツボがありますので、参考にしてみてください。

指で押した時に気持ち良いかどうかを目安に強さを加減してみましょう。

魚腰(ぎょよう)

眉の中央の下側にあるのが魚腰(ぎょよう)というツボです。

このツボに親指の腹を押し当て、ちょうど良いと感じる強さで軽く押し続けます。

最後に眉を下から押し上げるように意識しながら、20回ほど揉みます。

瞳子髎(どうしりょう)

瞳子髎(どうしりょう)は目尻の1cmほど外側のくぼみにあるツボで、人差し指の腹で押してマッサージをします。

まぶただけでなく、目の周りにあるたるみにも効果があるとされており、ほかにも目尻のシワや、乾燥肌、肌荒れにも有効と言われるまさに美容のためのツボです。

ツボをマッサージする時の注意点としては、まぶたの周囲は刺激に弱いので強い力で押しすぎないということです。

体調が思わしくない時や飲酒した後など、マッサージをしない方が良い場合もあります。

(まとめ)まぶたのたるみの解消法とは?

1.まぶたのたるみの解消法はクリニックでの施術がおすすめです

まぶたのたるみの解消法についてさまざまなものがありますが、確実な効果を実感したいのであればクリニックによる施術を受けることがおすすめです。

カウンセリングを受けることによって、自分に合った施術を見つけることができます。

2.まぶたのたるみの解消法として眉下を切開する施術が人気です

まぶたのたるみの解消法として人気の眉下切開法は、眉下のラインに沿って皮膚を切開し、たるみのないまぶたを作ります。

ダウンタイムが短く、傷跡も目立ちにくいというメリットがあります。

3.まぶたのたるみが生じる原因があります

まぶたのたるみは上まぶたの皮膚が垂れ下がってしまうのが原因です。

まぶたが垂れ下がるのは加齢によるものが多いですが、他にもパソコンやスマートフォンの使用やメイクなどが影響することがあります。

4.自分でできるまぶたのたるみの解消法も取り入れましょう

自宅でもできるまぶたのたるみの解消法は、顔のツボ押しマッサージです。

魚腰や瞳子髎といったツボを押すことで、まぶたのたるみを解消する効果が期待できます。

マッサージをする時は強い力で押しすぎないようにし、まぶたに負担をかけないようにしましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔