乾燥が原因となって腫れぼったいまぶたになってしまうことがあります


まぶたは体の皮膚の中でも特に薄い部分とされています。

そのため、乾燥などによるダメージを受けやすく、炎症などによってまぶたが腫れぼったくなってしまうこともあるのです。

また、二重のりを使ったメイクなどを日々繰り返すことで乾燥を引き起こし、腫れぼったさやたるみなどの原因になることもあります。

そのような場合は 二重整形などを利用してメイクを簡略化させることを考えてみても良いでしょう。

乾燥が原因となってまぶたが腫れぼったくなることがあります

体の皮膚の中で、顔の皮膚は特にデリケートであるといえます。

特にまぶたの皮膚は、顔のほかの皮膚に比べて3分の1程度の厚さしかないといわれており、とても刺激に弱い部位です。

それにもかかわらず、毎日の生活の中で、メイクやクレンジングによる刺激を受けやすい部位でもあります。

風に吹かれたり紫外線にさらされたり、花粉などのアレルゲンに触れたりといった刺激も加わります。

このような刺激により、まぶたの皮膚のバリア機能が衰えると、角質の水分量が逃げやすくなり、乾燥を引き起こしやすくなります。

皮膚が乾燥すると、シワやたるみの原因になることがあります。

また、かゆみや炎症を引き起こしやすくなり、まぶたが腫れぼったくなってしまうこともあります。

そのため、まぶたをきれいな状態に保つためには、刺激から守ることが大切です。

しかし、まぶたが腫れぼったい状態になれば、思わずメイクでカバーしたくなりますが、過剰なメイクや間違ったケアなどが更なる乾燥を引き起こし、それが原因でさらに腫れやかゆみを引き起こしているなら、より悪循環となってしまうこともあるのです。

間違ったケアや二重のりなどによって乾燥が引き起こされる場合もあります


乾燥によるまぶたの腫れを改善するための手段として、マッサージを行ったりアイメイクをしたりすることがあるでしょう。

しかし、間違った対処を行う事は、より過剰な乾燥を引き起こしてしまいます。

たとえば、腫れぼったいまぶたを改善する効果があると聞いてマッサージを行っているという人もいるでしょう。

しかし、通常マッサージが効果のあるまぶたの腫れは、リンパの停滞などによるものだと言われています。

優しくまぶたをマッサージすることで血行やリンパの流れを促し、まぶたの腫れを鎮めるというのがそもそもの目的ですから、乾燥によるまぶたの腫れを改善することは難しいでしょう。

さらに、マッサージを強く行いすぎると余計な負担がまぶたにかかってしまうため、悪影響にもなりかねないのです。

乾燥によるまぶたの腫れの場合であれば、保湿液などを優しく塗りこむことなどが効果的でしょう。

また、二重のりを使って腫れぼったいまぶたを目立ちにくくしているという方もいると思います。

しかし、二重のりを継続して使い続けることはまぶたへのダメージとなり、蓄積されてしまいます。

その結果、乾燥は勿論、将来的なまぶたのたるみや筋肉の衰えなどにもつながってしまうことがあるのです。

プチ整形によりメイクによる負担を軽減できる可能性があります

腫れぼったいまぶたをカバーしようと、毎朝二重メイクをしている方の場合であれば、プチ整形による二重整形で、まぶたへの負担を軽減できる可能性があります。

二重まぶたにするためのプチ整形とは、「埋没法」と呼ばれる施術を指します。

埋没法は、髪の毛よりも細い医療用の糸で、まぶたを1か所~複数箇所とめ、二重ラインを作るというものです。

埋没法の利点は、メスを使わずに施術が完了できる点でしょう。

まぶたへの負担が少なく、腫れも3日程度でだいたい治まることが多いとされています。

そのため、連休などを活用すれば整形の施術が完了しますし、周囲に気づかれずに施術を行いやすいというメリットもあります。

さらに、埋没法であれば万が一気に入らなかった場合に取り外しややり直しができるものもあるため、整形に対して抵抗のある方も一種のメイク感覚で気軽に受けることができるでしょう。

まぶたの厚い脂肪が気になる方の場合は、切開法を用いた二重整形を利用する事で改善が期待できます。

メスを使ってまぶたに直接アプローチすることで、余分な脂肪を取り去り、薄いまぶたを作ることができるのです。

人によってまぶたの形と適した施術は異なりますから、気になる場合はカウンセリングなどに足を運んで、専門医に直接相談してみましょう。

(まとめ)まぶたが乾燥すると腫れぼったい状態になる?

1.乾燥が原因となって腫れぼったいまぶたになってしまうことがあります

乾燥が原因でまぶたの腫れが引き起こされる場合があります。

また,二重のりを使ったメイクによるダメージによって乾燥が引き起こされることもあるため、二重整形を利用して改善を試みるのもおすすめです。

2.乾燥が原因となってまぶたが腫れぼったくなることがあります

まぶたの皮膚はとてもデリケートなので、空気の乾燥や紫外線、メイクやクレンジングなどの刺激によって角質が乱れ、水分を閉じ込めにくくなってしまうことがあります。

そのため、非常に乾燥しやすく、腫れぼったくなることも多い箇所と言えるでしょう。

3.間違ったケアや二重のりなどによって乾燥が引き起こされる場合もあります

まぶたを改善しようと、マッサージを行ったり二重のりを使ったりすることがあるかもしれません。

しかし、それぞれのケアが適切でないと、まぶたへのダメージや乾燥につながってしまうため、より悪影響を与えることもあるのです。

4.プチ整形によりメイクによる負担を軽減できる可能性があります

毎朝のメイクを懸念しているという場合は、埋没法による二重整形がおすすめです
埋没法であれば施術に時間もかからないため、メイク感覚で施術を受けることができるでしょう。

また、切開法による二重整形であれば厚いまぶたを改善することもできます。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔